*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年11月26日

土地価格


だいたい30代になって来た辺りから

音楽関係の皆さんも、お家を購入されたり建てたりします

各お家の防音室の事や、不動産のお話にもなります


とある歌い手さんのお家が、150坪もあるそうで

他の歌い手さんからも「豪邸だよ」

「広さがあると、庭も大きいし凄いよ」と話題になりました


“150坪って言ったら

うちの方だと、戸建て住宅が7軒は建ちますよ?”と言うと

「こっちは土地が安いから」と謙遜されていました


IMG_20161218_121327 (2).jpg
(Poland)


自宅を建てる際、まずハウスメーカーさんを探していた時に

荒川区の辺りに、建築現場を多く持っていらっしゃる業者さんが

各所を案内して下さりながら

どんな施工例があったかの話をしていらっしゃいました


荒川区もひたすら密集地に住宅がひしめき合っていて

とにかく土地が狭い中を、無理やり建てなくてはならず


どこをどう工夫して、スペースを確保しながら

暮らす際の生活の動線を作るかで、頭を悩ませるそうです


10坪以内で建てることもままあり

最高に狭小住宅の記録は、6坪で建てたと


それは駐車スペース?(笑)


それで3階建てのお家を作るとしたら

私の頭の中では、上に向かってひょろーんと縦に細長い

“ムーミンのお家“が浮かびましたかわいい


(実際のムーミン屋敷は、敷地面積がもっと広いと思いますよ)

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年11月25日

宝くじ夢想


年末と言えば、宝くじ


私は差し当たり買いませんが

出ると必ず買っている皆様は、心に夢を膨らませて

「当たったらこれをしよう!」という壮大な計画を

忍ばせていることでしょう


ヴァチカン.jpg


午後の演奏時間まで、少しゆっくりできたので

歌い手さん方と、お昼を一緒に取りました


そこで出て来た話題は「宝くじが当たったら」談義

テノールのHさんが、アツく夢を語り尽くしていらっしゃいました


御徒町に自社ビルを建てる

(20坪で、御徒町周辺の土地代が

1臆8000万ぐらいしてますけど・・・?あせあせ(飛び散る汗)


一階は、ガールズ焼き鳥、いや焼きトン

豚肉の方でしょうね


可愛い女の子に、水着で焼いてもらってのサービスだそうで

タウンターの下の部分は、女の子のセクシーな足元が

良く見えるようにガラス張り

そして、特に可愛い子は指名料を頂くとのこと


(キャバクラみたいなもの?笑

すでにその段階で、横では女性のヴァイオリニストが

「水着で焼きトンとか、したくないでしょうよ」と一言)


2階は、カラオケで歌って楽しく発散してもらう施設

(歌い手さんらしい歌唱企画)


3階は忘れてしまいましたが

4階には、街の法律屋さん行政書士の

立派なオフィスを設立

(日頃からお世話になっている行政書士さんへの

プレゼントでもあり、また法律的な安全策だそうです)


そんな感じで、上の階は自宅にすると仰いながらも

ビルの各階の用途は盛りすぎて

いつの間にか、11階まで到達していました


軽く8億ぐらい、かかりませんか?それ・・・(笑)


宝くじの1等を、何度も繰り返し当てて頂くのが

この夢を叶える最初の資金繰りの一歩です


・・・頑張って〜

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年11月24日

他人の畑と流儀


どこかの組織に、完全に所属をしてお仕事を頂く形態は

毎月のお仕事(お給料)が

契約内容の額で、確約されます


いつも不確定な収入の心配をしながら

暮らさなくても良い分

精神的にかなり楽をさせて頂けますが

その組織の規定や、やり方に添わせる部分は要ります


とても柔軟に、傍目に厳しい案件でも

飄々(ひょうひょう)と、こなされる性質の方は

実績を上げながら、上手く環境に順応されて

長くそこに留まっていらっしゃるようです


拝見していても、固定化された人の集まりの中で

どうしたら円滑にやっていけるかの対処や

組織の中でのポジショニングが

絶妙に上手いなと感じますね


また、フリーの方が性質として合っている

独立系のタイプの方は

自分の力で切り開いていくことに長けています


高い能力と、センスと

意外に思う場面があるかもしれませんが

フリーの方が友好的、感じ良く、雰囲気良く

社交性があったりします


なぜかと言うと、感じが悪いとか

悪い意味で一癖あるような人は、仕事が来ないので


フリーでバンバンお仕事を取っている方のほうが

いわゆる、同じ業種の雇われの方よりも


礼儀、マナーが非常に洗練されていたり

次もこの人の所にお願いしたいと思って頂けるような

「良さ」の要素を持っていらっしゃいますね



IMG_20161225_222011 (2).jpg

(Poland)


さて組織になった時に、そこのカラーだったり

レベルがそれぞれに違ってきます


組織の求める最低限よりもレベルが低い場合

真っ先に、はねられる形になりますし


また、レベルが低い組織にひとり

ずば抜けて高い人が入ってしまった時も

居心地の悪さを感じて、やはり抜ける形になって来ます


高くても、低くても

“同じようなレベルの人の集まり”が

進めやすい環境になるようです


所属しようとするのを辞めて

自分で独立する方法も取れます


10倍以上頑張らないと

軌道に乗りませんから、相当にきついですが

資質として向いているようなら独立も方法です


他人の畑でお仕事を取ろうと思ったら

その場所の流儀に添ったやり方をしなくてはなりません


自分のやり方で進められて、ストレスフリーにしたい場合は

自力で畑を開墾する所から

始めなくてはなりません


その代わり、自分のペースとやり方で

進めることが出来ます

理不尽な誰かに媚びへつらったり

合わせる事はなくなりますね


どちらも、プラスとマイナスがそれぞれにあります


そして選択の自由も、自分自身にありますから

相応の実績と、やって行ける自信があるとしたら

変えてみるのも、自由に出来るかと思います

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | Messenger