*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年09月12日

親の行動から学ぶ


今では教える事はしておりませんので

個人的なお話で、様子を見ただけの案件ですが


自分が20代の頃は、幼児英才教育だの音楽学園だの講師をして

個人のピアノの生徒も含めて、70名様入れ代わり立ち代わりで

教えていた時期がありましたので

お陰様で、お子様の扱いは慣れています



全然宿題をやらない、ヤル気がない、面倒くさいと言って

親御さんがどんなに強く怒っても注意をきかない

という案件でした


一緒にやってみようか、とか

タイムアタックにして、何分かかるか競争してみようとか


これって、どんなことやるの?とお子さん本人に聞いて

やり方を教えて!と、説明を求めて

そのまま本題も終わらせてしまうなど出来ます


また、クイズみたいで面白そうだから私が一回やってみるね

何分で出来たか計ってみてね、と計測してもらい

それで興味を持って自分もやってみたくなるとか


色々と、モチベーション喚起の手段はあります


気が付くと、何時間かかっても普段やれないと話していた

嫌な宿題が、ものの10分でサラッと終わってしまいました


「それって、面白そうだね」の姿勢で向かうと

ただ指定の通りに、いやいや行うのではなく


上手な部分は膨らませてみたり、面白くできるように

中身の取り組み方を工夫できます


興味が湧いた事柄を集中して出来ると

それが数年経って10歳程度(小4ぐらい)には

相当なレベルで、その好きな専門分野の

「小さなスペシャリスト」になります


あの子はこれが得意!と看板になるような事柄は

本人の大きな自信にもなりますし、周りの子供からも

一目置かれるようになります


こんな風に頑張ったら、こんなに成れたよ!の成功体験を

より作って積み上げてあげられるのが

幼少期に、周りでサポートできるテーマの一つかもしれません



DSCF7352.JPG


生活習慣も含めて、お家での過ごし方や接し方

それが生まれて5年ほどの蓄積で、すでに雲泥の差になります


ピアノやヴァイオリンなどの楽器の修得で言えば

小学校に上がる頃には、コンチェルトが弾ける位までの

物理的な演奏技術を身に付けることが出来るのです

(凄いことだと思いますよ)


その為には、ただ口で怒るとか注意するのでは効果がなく

お子さんは「親の行動を真似ます」

親御様の行動を、そのままトレースする感じですね


優秀なお子さんは、ほとんど親御様の生活習慣が

根本的にかなり勉強熱心であったり


目的に向かって成果を短期間で上げるにはどうすれば良いかを

日々、考えて実践なさっていたり

とにかく親御様が頭脳明晰で、行動力があり聡明です


文武両道だと、体を動かすことも含めて

積極的に色々な事に労力を割いていて

しかも、成功体験を沢山積んでいらっしゃいます


何かを習得するには、地道に根気が要る場面がありますから

それを、出来ると楽しいと感じて

次々と難しいことにチャレンジしながら

お子さんが成功体験を沢山積んでいくには


日常生活で一緒に過ごして、目の前で繰り広げられる

直近のモデルである親御様のやり方

感じ方や考え方、そこを通じて習慣として

形成されていくのを、理解していると早いかもしれません


小学生に上がると、痛い事を言うようにもなりますので(笑)

親御様に対して

「いつも宿題やれとか、うるさく言ってくるけど

ママは何にも勉強してないじゃないか!

自分だけダラダラして、ずるい!」

等、言って来る場面があったりするのです(笑)


そうかー、人の事うるさく言う前に

自分の事何とかしろって言われちゃったのね〜と

当時は笑い話でしたが


全ては良くも悪くもお手本です

接し方、行動、そちらの方に軍配が上がりますね


親が口で言う(指示する)ようにではなく

親の行動を、真似します


当時を思い返しても、山のように寄せられる

お子さんに対する問題の案件


発達障害の場合は別ですけれど

通常のお子さんの場合は

たどっていくと、親御様の問題であることも多いですね


その辺りも、離婚であるとか人間関係のトラブル

親御様自体が、生活がメチャクチャになっているケースも

ありますので


親御様の方が、まず順調で幸せで

喜びを持って物事に当たれて円満な環境を

自分の為にも作っていけるように整えた方が

解決が早いこともありますね

Satomi
タグ:kids
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記