*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年08月28日

出来る人は他に沢山いる


コンサートのトークの中で、青島広志先生は

お仕事の取り方、心構えについても

お話が進んで行きました


ご自身の体験談をたっぷり踏まえながら

激しく力説されていました


プロのお仕事の形態として、普通によくある話ですけれど

青島先生のもとに、夜中にお仕事のご依頼の連絡が来て


締め切りは、明日だと(笑)


そういうタイトな案件でも、求められるクオリティで

やらないといけないのがお仕事の世界です

何も驚くことではありませんが


そこで躊躇していると、電話口の向こうから

依頼主の、苛立ちをはらんだ言葉がこう続くそうです


「出来ないんだったら、他の人に頼みますからいいです!!

あなた以外にも、宛てはいくつもありますから!」

そう吐き捨てられて、おしまいふらふら


仮に1ヶ月ぐらいかけて準備すれば、ゆとりを持てる案件でも

一晩で形にするだけの能力が無ければ

音楽でお仕事を取って行くのは出来ません


青島先生も、そんな場面を繰り返し体験なさりながら

今がおありなのだと思いますが


もう少しダイレクトに言うと

「お前の代わりなんか、いくらでもいるんだよ!」

と言うのを、いつも叩きつけられて


「戦力にならないような奴は、今すぐ消えてくれ」

と、蹴り飛ばされる中で

果敢にやり遂げて、結果を出していく人が

やがて残っていくものです


その場面に遭遇した時に、どう対処するか

時間の制約があって、どうにも追い付かない時には

どういう方法を取るかなどを、ご説明されていました


苦い思いや経験をしながら対策して

いつでも可能!という自分の体制を整える為の

具体的な内容など、ガーッとすごい勢いでお話されていました


そういった出来事を、何百、何千とやって来て

音楽のお仕事を取るのですから


そんなの出来ないとか、全然準備していないとか

気後れしている間に、何もならないまま能力も甚だしく落ちて

多くの場合で、アマチュア確定になって行きます


答えは、今すぐ出来なきゃいけない

その為には、どんな努力でもしなければいけない

を、仰りたいのではないでしょうか



全体のお話を要約すると

「あんた達ねぇ!そのぐらい必死になって仕事しなきゃ

プロの音楽家なんてね、一生なれないんだから!

甘ったれてんじゃないわよ!」


とのメッセージかもしれません


「それで音大出たんですか?」というのも、ご出演の方に

けっこう露骨に出されている時もありましたので・・・

(ドキドキ、ヒヤヒヤする瞬間もありました)


もっと本気で頑張れるだけの枠があるのに

時間もエネルギーも、工夫だって出来るのに

あなたは何故、やらないんですか!?


そんな、どこか根本的なモヤモヤだったり苛立ちや

蓄積している感情などが出ているようにも感じました


時間の制約もあるので、トークで紹介できる体験談は

ごく一部だったと思います


文字通り、鬼のように恐ろしい関係者のひしめく中で

ガツガツお仕事をなさって来たのは想像できます


実際はもっと、トークの内容より罵詈雑言は当たり前で

相当、精神的にも肉体的にも追い詰められてキツイ事を

多く乗り越えていらしたと思います


情熱というよりももっと

貪欲さみたいな、強いモチベーションが凄いです


あのトークも、生き抜く為の武器のひとつですから

ここで結果をださなくては次が無い、という瀬戸際で

フルに能力を稼働させてスキルアップしてきたのが

お話で分かります


楽に手に入る成功なんてものは無く

水面下の過酷な事を乗り越えて、その上に

花が咲くということですね

Satomi
タグ:Concert
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告

2019年08月27日

褒めのタイプ


気分が落ち着いた時に、止まり木で

まあるくなっている、可愛いことり氏


「文鳥あるある」の様子だそうですが

静かに優しい声でお話をすると

気持ちよさそうに目をつぶります


お話の内容も、ポジティブな事が良いようです

ニュアンスで内容が分かると思いますから

何を表現しているかは、周波数から理解できるのかもしれません


なるべくソットヴォーチェで

褒めてあげると、心地良いみたいですね


音の配列など、心地良い響きがあるのかもしれませんが

可愛いねとか、お利口さんと言われるのが好きなようです


よく、幼児の英才教育などに携わっていた際に

「褒められてのびるタイプ」というのがありましたが


ことり氏は

「褒められると寝るタイプ」のようです


新しいジャンルを生み出したね・・・

Satomi
タグ:bird
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 癒しの楽園

2019年08月26日

チェリートマト


青島広志先生のコンサートで、綿引浩太郎さんの作品が演奏されるので

お伺いしてきましたわーい(嬉しい顔)


前半から、お二人のピアノ連弾でブラームスやビゼーなど

クラシックの作品が入り

頭の回転の速い青島先生の、まるで休符を含まない8連符を

永遠に打ち付けるかのような


いったいいつ、ブレスを取っていらっしゃるのか

それとも循環呼吸で話されているのか

もはや心配になるほどの大量の言葉シャワーのトークを

楽しくお聞きしながらの進行でした


あの才能は、常人には真似ができませんね


綿引さんもトークでお話して下さっていましたが

何せ、青島先生はご質問のエッジの効き方も

冴えわたっていらっしゃるので


このマシンガンか散弾銃のような質問に、即座に回答をするのは

脳内トレーニング以外の何者でもないです

毎日続けたら、偏差値が15位は上がると思います


青島先生は、初めてお会いした頃の思い出と共に

黒柳徹子さんとのお仕事のお話をしていらっしゃいました


同じスピードでお互いにエンドレスで喋り続けた時に

果たして会話のコミュニケーションが取れていらっしゃるのか

それとも、言葉をかぶせた状態で主張を続けるのか


その前に、一般の人間が聞き取れるのか

真似ができない次元のスピード感ですね


トークのF1と呼びます


DSCF7231.JPG


綿引さんのお得意のカッコいい和音をふんだんに散らした

ピアノ連弾の新作は


同じパターンの伴奏にメロディーラインを乗せていく楽章など

カリッとパンチの効いた、反射神経抜群の感じで弾くと

疾走感とクールさが増して素敵な作品ですね


「ミニトマト作戦」と題名が付いていたので

可愛らしい曲風なのかと思いきや

断然クールな作品に仕上がっていました



またピアノDuo曲の「FOX」も

霧の漂う雰囲気の中に

広い和音で低音を鳴らして行きながら

情景が変わって行く様が、渓谷から雲間を見るようで素敵でした


楽譜も販売していらっしゃったので

早速、購入してきまして

誰かピアニストを道連れに(笑)弾いてみようかと思います


締め切りに間に合わせながら、作品を書くだけでも大変なのに

自作自演でピアノ演奏もする場合は

(かなり練習しないといけないですから)

どうにも負担が倍になって来ます


ゆっくり休んで頂いて、英気を養って

今後も素敵な作品を生み出して行って下さいわーい(嬉しい顔)

Satomi
タグ:Concert
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告