*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年07月15日

お盆シーズン


寝ている間に見る夢は、いつも鮮明で

フルカラー、そして触ったり食べたりする五感も

現実の世界とほぼ変わらない精度です


明け方近くに見ていた夢です


DSCF7144.JPG

(Hawaii)

その夢の中では、自宅の床を張替えする為

業者さんが床を大掛かりに直していました


帰宅する頃には、作業は終わっている予定でしたが

扉の鍵が開いていて、中を覗くとまだ工事の作業の真っ最中


何だか現実世界の家とはレイアウトも違うし

通りに並んでいる家の様子も少しずつ違っていたのですが


中に入ると、作業をしながら男性の業者さんが7名ほど

通る所々で、「すみませーん、まだ終わってなくて」

「足元、気を付けて下さいね」と声を掛けて行きます


大きな部屋に入ると

作業する手を止めた責任者の方が、申し訳なさそうに

話しかけて来ました


「すみません、表の車なんですけど・・・

止めてるのが邪魔だって、苦情来ちゃってあせあせ(飛び散る汗)

業者さんのお話をお伺いすると、隣家の住人のおじいさまが

こんな所に車を止めたら、狭くてしょうがないと


このまま動かさないようなら、通報してやると

強い口調で脅されてしまって、困っているんです

と言うご相談でした


“分かりました、それならお近くで駐車場のスペースを

提供して下さる先がありますので、交渉してみます

(実際にそうなのですが)

その前に、外の様子を一度確認してきますね”

とお伝えして、家の外に出ました


家の前には、工事の機材などを入れた黒っぽいワゴン車が一台


見渡すと、通りは現実世界のレイアウトではなく

並んでいる家々の様子も、みんな少しずつ違います


それぞれ一階の駐車スペースに、大きな車が入っていたり

他にも通路に止めている車があったり


出入りも思ったより自由に出来ていて

道の幅すらも、現実世界よりは大きいのです


これなら、特に通行の邪魔だと言う雰囲気でもないですし

十分に通れるスペースはあるはずなんだけどな・・・


あ、ちょっと待って


業者さんの元に報告に戻りながら


その苦情を言いに来たと仰る、おじいさま

もう数年前に亡くなっていますよ?


そこには別の家が建っていますし、他のご家族が暮らしています


故人ですからここに居るはずがないんですが、そう伝えると

「じゃあ、あれは誰だったんだ?」

「確かに隣家のじーさんだったぞ?」と震撼されていて


お盆の頃ですから、何か化けて出たんですかね

と言うところで、目が覚めました(笑)



生前のおじいさまは、随分とトラブルが多かったようで


特に長く土地に暮らしていらっしゃる住人の方々は

業者さんの出入り一つでも、沢山苦情を言われて

良い思い出を持っていらっしゃらないのも

致し方ない事実でしたが


心理で言えば、人から相手にされなくなってくると

嫌がらせをしてでも、構ってもらおうとする行動に走ります

負のストロークなんですけどね


突然、夢に出て来たので

お盆の時期ですし(笑)

何か主張したいことがあったのかもしれませんね

Satomi
タグ:one day
posted by satomi at 01:00| Comment(0) | 日記