*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年05月24日

良く聞くセリフ


演奏のお仕事のご依頼が激減したり

はたまた、降ろされたり

(したのではないか?と、危惧するような場面になると)

皆さん、決まって言うセリフがあります


「俺(私)、干されたかな・・・!?」


ほとんど何かのオチなのではないかと思うほど(笑)

皆さん、判で押したように

同じセリフが放たれるので

最近、益々加速化している“あるある”です


DSCF7114.JPG


そして、これも恐ろしいあるあるですが

本当に干されている人間こそ

それがまるで分かっていない、という

気持ち悪い現象が起こるのも拝見します


その魔のスパイラルにどっぷり浸かっている人は

常に理由付けで何かのせいにしているのも

極めて特徴的なのですが


完全に干されている事実が分からないのは

それこそ意味が分からないので(笑)


認識力の大幅な欠落と言うか

自惚れ(うぬぼれ)のプロになったとしても

願うような活躍の場は、存在しないものです


また、自己客観性がなければ

演奏もコミュニケーションも上手くいかないです


どちらにしても、仕事自体が向かない状態ですけれど

能力なし、人望なし、そんな自分を決して認めたくない場合に

往々にして表層では、俺ってサイコー!アピールを

する傾向があるように感じます


それは、どうでも良い話でしたが

「もしかしたら、自分は干されているかもしれない!?」

と言う、自分を省みる視点がある時は

まだそれほどではなくて


どう修正したら良いかとか

どう頑張っていったら良いかなどを

拾っていける場所にいますので

バランスを戻していくことは出来るかと思います


マネジメント側にいらっしゃる方達と

重たい話をしている折に感じる事ですが

ダメになるものは、「ダメになるだけの深刻な理由」があります


シビアというよりは、自然淘汰として

考えた方が良いのかもしれませんし

要らないものは消える、とコメントされる通り


お仕事としてニーズがあることが前提で

取引が初めて存在するので

必要性を導き出せるだけの中身が無ければ

要らなくなるのは、時間の問題です


ある程度、どの業界でも同じかもしれません

Satomi
タグ:Musician
posted by satomi at 01:00| Comment(0) | 活動報告