*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年05月18日

理由付けの影響


自分に都合の悪い事が起こった時に

シンプルな出来事だけを話に上げるのではなくて

理由付けをしてしまう場合があります


言って見れば、保身の為に行われる理由付けです

取ってつけたような、時にそれは筋の通らない

支離滅裂な理由になっていたりすることもあります


発言する方は、知恵を絞って

理由を出したとしても

受け手からは、軽く見破られます


それがどこから出ているのか

嘘かどうかも

サインで、良く分かります


気を付けなくてはいけないのは

結果的に、その理由付けをやればやるほど

人望も失い、嫌われていく過程をたどってしまう事です


何が原因で発生したのか対策を練る為にも

具体的な状況説明などは、良くした方が良いですが

過剰に保身に走ると、かえって逆効果ですね


DSCF7099.JPG


これはちょっと大変だなと思う案件で

移動中に歩きながら、頭の中で

その理由付けをいくつか考えて

どうなるかとシュミレーションする時がありましたが


自分で思うのは、これをしていると

事態がさらに暗礁に乗り上げるから好ましくない

と言うのだけではなくて


「出来ない事の正当化の理由」を

頭の中でサーチする作業になりますから

自分に大きな悪影響を与えるなと思いました


「負の状態の自分を形成する作業」ですから

まず、やらない方が良いです


本来、脳内では出来ることを探さないといけないです

そうして、前進したり成長していきます

音楽だけでなく人間としても


それに都合よく嘘をひねり出し続けると

本心はそうでない事を良く分かっているので

自分自身がより葛藤し、より苦しむ要因を作ります


また出来ない理由を、四六時中頭でネタを絞るようになるのは

強固な「ダメ人間」の判を、自分で潜在意識に

強く押し続ける事になってしまいます


僕は、無能です(だから失敗して当然)

私は無責任です(だから逃げたって当然)

僕は卑怯者です(だからどんな酷い事をしたって当然)


それの何が悪い?


を、地で行っているようになるので

・・・というのを文字化して書いてみると、なんて最悪なあせあせ(飛び散る汗)

それはそれは最悪な正当化ですね(笑)


ダメ人間の鏡に一直線なのが、イメージできます


その状態になって行って

出てくるのは、さらに悪いインプットではないでしょうか


本来は、まず現状を受け止めた上で

これをやってみたら打破できるんじゃないかとか

難しい局面でも、何とか解決策を導き出すなど


良い方に変わって行く理由を、常に

頭の中でも探して改善しながら進めていくことで

素晴らしい変化や、成長が見込まれます


もっと大きな流れを作っている方達は

「開発」とか「発明」の立場にいらっしゃる

努力家な方達だと思うのですが


これこそ常に、無から有を生み出す為に

どうしたら良いのか、可能なのかを

24時間、何年も考え続けているパイオニアですね

(眠っていても夢に出て来るそうです)


プラスにエネルギーと思考を使うようにして

導き出される、良き効果ですね

Satomi
タグ:word
posted by satomi at 01:00| Comment(0) | Messenger