*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年05月15日

歓迎チワワ


「いま飼っているチワワがとても可愛いわーい(嬉しい顔)」と

優しい愛情を傾けていた、営業のとある男性


どんな可愛い時があるのかを

ほのぼのと話して下さっていました


深夜まで残業をして

24時を回り、ぐったり疲れて帰る時でも


妻と娘からは、「はぁん?パパ帰ったの?」

と、飯無し・会話無しでガン無視されるけれど


飼っている愛くるしいチワワだけは

玄関のドアの、静かに鍵を開ける「カチャ」という

小さな音をリビングから瞬時に聞き分けて


玄関まで突進してきて

「おかえり!おかえり!パパ!おかえり!」

と、毎日ラブラブ大歓迎をしてくれるそうです


チワワは可愛いし、きっと嬉しいけれど

今の、実はちょっと寂しいお話だったのかもしれない

と思った次第です

Satomi
タグ:animal
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年05月14日

レベル上げ


逃げていたら、一生 負け犬です


それが、どれほど情けないことなのか

自分で気が付いているからこそ


それを都合よく回避する為に、さらに痛い墓穴を掘ったり

頑張っている他人を妬んでみたり

精神を病んでみたり


マイナスに向かって、全速力で走っています


DSCF7208.JPG


ゲームであっても、勇者が強くなるには

敵と戦って、自分のレベルを上げていきます


レベルが上がれば

弱かった頃には苦戦していたような相手でも

秒殺で勝てるようになるのですから


それが現実世界でも

仕組みとしては、同じようなものだと思います


辛い事、困った事、都合の悪い事

自分のダメな問題など

クリアしていくからこそ、レベルアップします


もし今が発展途上だったとしても

勇者のレベルアップ中の人は

清々しく美しく輝いています


本人にとって、課題を乗り越える瞬間は一時大変でも

その状態の時に、人はだいたい集中していて

基本的に心は澄んで、晴れやかになっています


軽快なフローの中に居ますね


それに、映画でもヒーローになる役は

究極の問題も解決して、打破していく人の方ですね


逃げるだけの役は、キャスティングだとヘタレ役?

どう言うのでしょうか(笑)


リセットが利かない自分の現実世界は

自分がヒーローになれるようにした方が

嬉しい事も多いでしょうし

最後に大きく笑えると思います

Satomi
タグ:word
posted by satomi at 01:00| Comment(0) | Messenger

2019年05月13日

整合性


お仕事をしていたり、私的なものでも活動をしていて

何か対処が要る事や、トラブルに近いものだったり


案件によっては、結構それなりのトラブルであったり

様々な出来事が発生します


問題が起こるまでの水面下では

怠慢があったり、悪意があったりする場合もありますし


意図していなかったけれどなし崩し的に起こってしまった

あるいは善意でやったことが全くの裏目に出てしまった

など色々なケースがあります



物事が発生してしまったというのは

変えようのない結果です


そんな時に、何を考えてどう対処するかで

その人の資質、能力、人間性など露わになります


どういう人間か、というのが隅々まで浮き彫りになるので

清廉で素晴らしい人だった、というのが分ったり

あるいは最悪なケースなども分かったりしますので

面白いです


DSCF7116.JPG


いくつものやり取りの中で

状況説明に際して、それを言い訳という表現で

上の方が、まとめている場面に立ち会うこともありますが


言い訳という表現で、お相手の主張を一切何も聞かずに

力ずくで最初から潰すのは

個人的には好きではないので


まずはどんな状況で、何の背景があって、どういう考えで

それぞれの行動をしたのか、または

その結論になったのかなど

一度、洗い出してそこから考察するようにしています


原因から理解して潰して行かないと

何回でもトラブルが再発しますので

それでは意味がないです



時に、不可抗力で巻き込まれてしまったり

カバーできなくて問題が起こったりした場合

トラブルの根が、実はその場の関係者の

落ち度ではない事もあります

(逆に、特定の悪質な人が発生させている事もあります)



聞き手として分かることに

その場で都合良く、取ってつけたような筋の通らない理由を

いかにも自分の意見が唯一正しいという態度で

釈明している時


・・・まあ、バレますね(笑)


内容に整合性が取れなくなってきますから

分かりやすいほころびの部分を質問していくと

あっという間に、辻褄が合わなくなって崩壊して行きます


結果が出た事が、変えようのない事実なのだとしたら

そこに対して何が出来るか、フォローが必要なのか

それとも新しく動くことが要るのかなど


事実を認めて、どんな行動をすれば望ましいのかを

建設的に考える事の方が

トラブルの終息においても早いのに、と思います


ただそれは、ある程度の人間的な器の大きさがないと

責任逃れや醜い自己保身に全力を使って、さらに炎上させる

という寂しい特技の披露にしかなっていないようなので


中身が弱いと、出来ないことなのかもしれません


どこでも強い人は、往々にして潔いですからね

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記