*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年05月21日

捨て犬・捨て猫


打ち上げの際に、ペットの話題になりました


50代のご一緒した男性が悔やまれる過去として

子供の頃に、飼っている猫の子供が生まれると

とても飼いきれなくなって、捨てに行ったと


親御様ではなく、子供本人がするのだから

何か深い事情があったのかもしれませんが


心に辛い思いを抱えながら、やって来たことが

大人になっても、ずっと忘れられなくて

「いつか俺は、きっと呪われる」(笑)

と、神妙な感じでお話されていましたあせあせ(飛び散る汗)


同様のお話は、50代の方達が他にも仰っている事がありますね

何人かお聞きします


現在は動物愛護管理法の定めがあり

処罰の対象になるようですが


だいたい昭和40年代の事でしょうから

ペットの避妊手術も、メジャーではなかったのだと思います


里親探しも、今ならネットで

情報が多く人の目に触れて、好きな方が早めに見つかる

そういう利点がありますけれど


当時だと、ネットも発達していないし

難しくなってしまうと

最後の手段として、そうなるのかもしれませんね


保健所は数日経って、すぐに殺処分なので

それよりは、誰か優しい人が拾って下さいと言う

せめてもの希望を託したのでしょうか



DSCF5444.JPG


地域のネットワークがあると

飼いたい人を探すのも、上手く行くことがあって


それこそ、生まれたての子犬の飼い主募集〜と

当時の実家に話題が来た時に


親戚でワンちゃんを飼いたい希望があり

ちょうどオスメスの条件もピッタリだったので

マッチングが上手く行きました


ご近所なので、一度こちらで引き取りに行って

親戚のお家まで、まだふにゃふにゃして

ぬいぐるみのように可愛い子犬を連れて行きました


その愛くるしさに、親戚は本当に喜んでいました


ワンちゃんは天寿を全うするまで

飼い主の独りの時間を、側で寄り添って

恐らく、密度の濃い生活をしていたようでした


色々なものを優しく埋めてくれる役割を

献身的に担ってくれていたので

有難い存在だったと思います


動物好きな飼い主の元に

運よく、上手くつなぐことが出来れば

愛情を注いで育ててもらえるので

みんなが良かったね、でまとまる気がします

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年05月20日

樹木の剪定


伐採と言ったら、それは違うと親に怒られましたが

樹木の剪定をお願い致しました


勿論、自分の技術力では手に負えませんので

ご専門の植木屋さんにお願いしています


颯爽とおいでになり、細身のお兄さんが

テキパキと作業をして下さいました


ウエスト部分には、大きなハサミ類などを入れる

馴染んだ皮製のシザーケースを装着していて

何だか良いですね


トカレフとか入ってそうるんるん

(※トカレフ:軍用自動拳銃の一つ)

DSCF7214 (2).JPG


地植えする植物の生育が

コントロール出来ないので


本来は、土の酸度だったり日の当たり具合

混ぜ込む土の種類だったり

水やりや、肥料のタイミングや種類だったり

害虫の対策だったり

細かく細かく、植物の種類ごとにあるのです


何だかよく分からないけれど

まずは植えてみた!というのをやると

弱い株は、枯れるのが出て来ます


特に、変わった種類だったり

品種改良されて、綺麗な色や形の株を買うので

安定したベーシックな株よりも

デリケートで弱い事が多いです


近所で100円で買った株が一番元気でモリモリしてるな

というのも、良くあるのですが・・・(笑)


割合にして、3株に1株はダメになっています

(上手い管理の出来るガーデナーさんなら

みんな美しく咲かせる事と思いますよ)


ご覧になる方達は

「きれいですね!」とか「和みますね〜」なんて

優しいお言葉をかけて下さいますが


“実質、死亡率30%位ですよ?”

と言う事実・・・


そんな話を、植木屋さんのお兄さんにすると

元気な笑顔を涼しそうに浮かべながら、さらりと

「ま!最初はそんなもんですよわーい(嬉しい顔)


と言う訳で

そんなもんの称号を無事に獲得致しました

Satomi
タグ:Green
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年05月19日

制服姿


結婚式にご出席した際に

ご新郎様が自衛隊の隊員だと、制服でお出ましになりますので

あの制服がカッコいいという女子の意見が出ていました


ベルトの所に、長いサーベルを差したりしていて

キリッとした感じですしね


他にも、ご参列の関係者様方は

当然ながら自衛隊の上司に当たる方達がご出席なので

階級と言うのでしょうか、それをチェックしながら

密かに萌えるという(笑)

そういう制服の愉しみ方があるそうですよ


女子バージョンの制服フェチなジャンルに

入るんでしょうか


しかも階級のどこの何なのかも詳しくなると

見てすぐに、お分かりになりますから

きっと色々な脳内ファンタジーに

花を咲かせられることでしょう・・・?



通常のタキシードでなく、ちょっと新鮮で

制服のしかも正装としてのフル装備は

爽やかで凛々しく、確かに素敵だなと思います


しかも普段から声を出していらっしゃるので

皆さん、力強い発声で

誓約などのご返答の一声がしっかりされていて

そこもハキハキしていますね


制服フェチの、たまらない愉しみ方をご説明頂きました(笑)

Satomi
タグ:GIRLS
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記