*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年03月18日

気配りの場面


まとまった人数で、お食事の席についている時に

細かなサービスをさり気なく行うと

会話が途切れることなく、お食事やお酒が進み

テーブルについていらっしゃる方は、心地良く過ごせます


これも、本当はサービスの質として

如何に影のように、空気のようにしつらえるかが鍵で

動作で会話を大きく切ってしまってはダメなのです


気が付いたら、全て整っていること

欲しいものや必要な物が、自然と準備されていることが

望ましいです


良く、それなりのお値段のお店でも

お料理をお出しするタイミングごとに、店員さんが

お客様の会話を「ぶった切って」しまうサービスがあり(笑)


これはちょっと残念なサービスなのですが

その度に会話が切られて、テーブルが気まずくなるので

あまり美しくありませんね


非常に上質な気配りをして下さる所は

まさに空気のように動いていて

それでいて目くばせ一つにも気が付いて下さる繊細さがあります


(ものすごく観察されているなと

こちらが感じることもありますが・・・)


グラスの傾き加減で、どの位までお酒が減っているかも判断できます

お手元で注ぎ足せるものであれば

無くなる少し前の頃合いを見計らってお酌をしますし


これはあまりタイミングが早いと、飲んでいらっしゃる方は

やけに急かされているように感じ

また遅すぎると空になってしまいますので

そのご様子で程良い頃合いを見ます


オーダーする場合は、お飲み物が運ばれて来る時間を考えて

時間のかかるお店なら、やや早めに次のオーダーをお聞きします

その時も、全体の会話の流れが切れないように

自然にタイミングを見ます


まるで楽章間の短いブレイクで、頃合いを見るような感じですね(笑)


お料理の取り分けや、お皿やソース類などの準備

またお食事の終わったお皿や汚れたお皿なども

まとめて随時、下げて頂けるようにして


テーブルの上がなるべく綺麗に整い

お料理が取りやすくなっているよう

いつも会話を途切れさせないように、気を付けながら準備します


対角線上に座っていらしたTさんも

同じように、同席された方達のサービスを

さり気なくしていらっしゃいました


DSCF5196.JPG


これは意識的にやらないと出来ない事なので

日頃から、おもてなしをする場面がある方だと

とてもスマートに、過不足なくサービスをなさる

素敵なスキルをお持ちですね


Tさんは、一緒に扉を出ようとする際も

「どうぞ」と譲って下さったり(レディーファーストです)

自然なサポートを上手にされていました


テーブルでも、おもてなしのサービスが

自然に身についていらっしゃり

それは拝見していると、すぐに分かります


“Tさんは、気配りがお上手ですね”とお声掛けすると

やはり、お仕事柄お客様のご対応をなさるそうでした


「営業ですからね」と笑っていらっしゃいました


Tさんの所は、恐らく一件で1500万ぐらいの案件でしょうから

ピアノで言ったら、スタインウェイの奥行き211cmのモデル

ベーゼンドルファーの奥行き200cmのモデルが

お買い上げできるような価格帯ですね

(勝手にピアノ換算してます)


また、会話の向きも

カウンセリングと同じように、やや聴く側に徹します


お相手の、お話の腰を折らないようにするには

内容の否定や反論、またディベートのようになってしまう

受け答えはなるべくその場は避けて

出て来たテーマを一度こちらで受容します


もし言葉の在り方を変えたい時には

言い回しをあえて違う角度の言葉に変えたり

会話の流れを、気が付かないように動かします


価値観や解釈も人によってまるで違いますし

黒です、白です、というほどご意見が食い違う場面も

当然ながらあります


むしろそれが普通だと思います


お酒が入ると、ダイレクトに感情が出て来るので

そのままだと、それぞれにぶつかりますから


まるで違った価値観を持っていらっしゃる方達が同席しても

気持ち良くお過ごし頂けるように

言葉の重ね方で、当たりをやわらげたり


中庸な場所に流れるように

言葉の使い方をもって調整していきます


自分という主体性を強く持っていると

こういった場面では、色や感情が出てしまうものです


存在を消す位の感じで、客観的にお聞きしながら

場を和やかにできるような微調整をしていきます


また技術も、純粋な技術そのものでは

テクニックだけで演奏している機械的なものと同じで

あるところで、技術が「浮く」ので

そこに適度に感情も混ぜます


感情が動き過ぎないように

また冷静な技術が使えるように采配していくのは

演奏するのと同じようですね


おもてなしは、本気でやろうとすると

心地良く過ごして頂く雰囲気が出来上がるには

他にも具体的な技術があるのですが


細かな動きに注意を向けていないと出来ないので

グラスを口にしていても、こちらはまるで酔えません

(酔っているどころじゃなくなりますね)


そしてこれを接客と言います(笑)

Satomi
タグ:Dish
posted by satomi at 01:00| Comment(0) | 日記