*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年03月17日

音楽史のノート


同じ大学を卒業されたピアニストさんと、お仕事でご一緒して

大学時代の話題になりました本


思い出すと、比較的得意な教科もあれば

実技系でちょっと苦手な教科もあった訳ですが


音楽史などに関しては、出席している時は

だいぶ真面目にノートを取っていたので

資料としては、かなり詳しくまとめていました

(休む日もありましたので落差があります・・・)


講師の先生がお話されている内容のポイントなども

その都度メモしていて、実際に授業に出ていなくても

ノートを見ると内容の把握ができるレベルで取っていました


試験前になると、いつも同級生からの

貸し出し希望がそれなりにあって

私のノートが6人以上をループしていて

肝心な自分の手元に戻って来ないという事が続き

焦る時もありました


何だか割とお隣の席に座る事が多かった

当時の同級生のピアノ科の男性は


「やぁ、さとみさん、おはようございます」

と爽やかに出席して隣りに颯爽と座ったかと思うと

授業中も、横で話したいことを

とても楽しそうに話し続けていました(笑)


お喋りが大好きな気さくな学生で

「さとみさんは、僕の話を聞きながら

講義も聞いてノートまで取れるので、聖徳太子ですね!」

何やら褒めたかな?と思しき発言をして


スイッチが切れると彼は気持ち良〜く爆睡を始め

起きるとまた、楽しそうに話し始めます


試験前になれば、私のノートを頼りに猛勉強して

彼は非常に良い成績をおさめていました


要領が良いというのはこの事ですねダッシュ(走り出すさま)(笑)

(現在その男性は、高校の音楽の教員をされているようです)


一方で、伴奏を沢山お受けしていましたので

管楽器の繋がりが多く


一般の教科に関しては

「○○大学(トップクラスの某一般大学)の

法学部の生徒から、模範解答書いてもらったぜ!」

という資料が、親切に回ってきたり


頼んでいないけれど、自分で考えるよりも

はるかに専門性が高く、有難く見せて頂いたりして

決してマイナスだけでは無かったと思います


IMG_20161219_171318.jpg


社会に出た時には

お仕事をして行く上で、特別役に立つ教科はあります


かなり本気で勉強しておいた方が即戦力になります


その先のお仕事の取れる・取れないの

瀬戸際になったりしますので、やっておくと役に立ちますね


目先の事だけ考えているときは

楽してサボって(それを省エネと言うべきなのか・・・?)

と言うのも、学生ならではであるのかもしれません


将来的に何が役に立つのかを見えていない状態なので

実益になる能力は、積極的に身に付けておいた方が

卒業してから身を助けてくれます


どこのジャンルに行っても

選りすぐりのデキる人間しか採用してもらえませんから

早々、真似が出来ないレベルの

特別秀でた何らかの能力を持ち合わせていないとやって行けません


最近は益々レベルが高くなっています


市場価値を成さない状態でオファーは頂けませんので

どこに行っても大いに邪魔になるという

悲しい現実を起こさない為にも


出来る時に勉強しておくと糧になります

Satomi
タグ:university
posted by satomi at 01:00| Comment(0) | 日記