*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年03月14日

Korokke


ヴァイオリニストさんが、柴犬が大好きで

その可愛さを語ってくれました犬


そういえば、昔住んでいたところで

柴犬の思い出があったなと脳裏に浮かびました


DSCF5176.JPG


上の兄の同級生のお家で

両親も長らく親しくさせて頂いているご家族が

かつて可愛い柴犬を飼っていました

(もう、虹の橋に旅立っています)


お母様が、お散歩の係で

そのルートが実家の前を通りかかるので

いつも兄が、ワンちゃんに小さなチーズをあげていました


兄が居ない時には、両親がチーズをあげていて

すでに脳内では「チーズをくれる家」として

散歩ルートがどうとかではなく


食欲が先導した状態で、飼い主のお母様を

引っ張ってくるようにして突進するようになってきた

半ばパブロフ化してしまった、ワンちゃん


その習性は、チーズをくれなかったら

玄関先で貰えるまで待つ

(飼い主にとっては、時間のロスでやや迷惑?)


人間が立ち話をしている間に、お座りをしたまま

ズリズリと、密かにほふく前進を続けて

いつの間にか一人、玄関へ侵入

(リードを引っ張っても、意味なし)


「だから、ダメだっていってるでしょ!」と

賑やかに飼い主から声をかけられても

視界に実家と人の気配が感じられるや否や

一心不乱に飼い主を引っ張りながら、こちらにダッシュ


そんな食欲への飽くなき情熱と

ご家族みんなからも可愛がられて

特におばあちゃまから溺愛され


気が付けば、ボディが俵(たわら)のように成長し

そこに小さな頭と、細い足がついていて

遠くから見ると、お盆のお野菜の動物?みたいな

ビジュアルになりました


波打つ脂肪が、たるんたるんたるんと

リズミカルに揺れて


ああ蟹クリームコロッケが走って来たと

思いながら微笑んで迎える、夏の午後


お家に帰ると、ワンちゃんは

大好きなおばあちゃまの枕になっていたそうです

(冬は暖かそう)

Satomi
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記