*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年03月09日

褒めること


謝る事よりも、自然に褒める事の方が多いと

良いなと思いますね


(お仕事の場合は、重大な失敗が起こると

それなりの損害が生じるので

心してかからなければなりませんから別枠ですが)


そういったシビアな場面ではなくて

もうちょっと離れたところでも

何か小さなミスがあると、すみませんごめんなさいばかりで


それこそ、お仕事ではないのだから

そこで誰かに過剰に謝罪をさせるなども

必要なのかな?と、変に思います



謝罪の言葉が山のように流れているのは

楽しくないでしょう


それよりも、こういう所が良いねとか今回上手く行ったねなど

褒めたり尊重する場面の多い方が

場の雰囲気も上がりますし

個々人のコミュニケーションも上手く行きますね


DSCF5227.JPG


「人から褒められない」と、ある男性の発言に

コーチングを生業にされている方が勢いよく


「そりゃ、あんたが人の事を普段から褒めてないからだよ〜!

人の事褒めないような奴を、他人が褒めたりなんかしないよ」

豪快にははは〜と笑いながら会話が続きました


奥さんにしても、褒めてないでしょ?

30個ぐらい褒めてやんな、と(笑)


褒めることで、お相手も嬉しいでしょうし

それを発する本人にとってもプラスの効果があります


特に身近で一緒に関わってくれている人には

他の人ではあまり知り得ないような

その方の素敵な面をたくさん知っています


言葉にして、褒めてあげられたら

嬉しいかもしれませんねかわいい

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 01:00| Comment(0) | Messenger

2019年03月08日

後ろ姿


ほんのり栗色の腰まであるロングの髪を

毛先だけふんわりと優しく緩めに巻いて

ハーフアップにしているYさんの後ろ姿


それがまるで、ディズニーのプリンセスのようで

とても素敵な感じでしたかわいい


Yさんに、「プリンセスが大階段から降りて来たね」と言うと

いやだもう、とちょっぴり照れながら

色白の肌に大きな瞳をキラッとさせて

ニッコリと笑っていらっしゃいましたわーい(嬉しい顔)


ドレス、何色が似合うかなと

脳内コーディネイトですリボン

Satomi
タグ:GIRLS
posted by satomi at 01:00| Comment(0) | 活動報告

2019年03月07日

世話です


美しい花束を頂くのは、素晴らしく有難いことですね


何か月もかかってやっと株が育って花が咲くような

若干、気の遠くなるような地道さを自分で体感してみると

実は“完成”するまでに

ずいぶんと労力を費やして来たんだなと言うのが分かります


何だか良く分からなくて、調べまくっています


本来、趣味というものだったら

好きで好きで・・・というテンションになりますけれど


マメでお花の世話が大変上手だった祖父や

緑をこよなく愛する親戚のように

熱の入れようが、好きという礎に支えられている方達と比べると


自分はガーデニングが、愛してやまない趣味な訳でも何でも無く

感覚的にはむしろ「実験」に近いのかもしれません・・・


「LOVE」ではなく、実験です


DSCF5188.JPG

(このレベルで咲かせる技術がプロです)


ヒヤシンスも、実験@の水耕栽培は

花の重みでグラスごと落下して、床で断頭台の餌食となったので


もう一つは、壁にもたれかけて支えるようにして

人身事故防止を図ってみましたが

帰宅すると、泥酔した酔っ払いのごとくベロンと倒れていました


実験Aのヒヤシンスの鉢も

同じようにたっぷりと茂った花の重さで転倒し

成長のスピードがあって、モリモリ伸びてゆくので

すぐにバランスが取れなくなります


葉っぱの茂り具合が見事で

おいしい野菜を彷彿とさせるビジュアルの為

あぁ今日の献立は何にしようかなー、と脳裏によぎります

(※食べられません)


そして鉢は土の重みがあるのに、それでも

帰宅すると何者かと戦って倒されたかのように

彼等は玄関先でいっせいに横たわっています


外出中、どうも戦に負けたようです


リボンで縛り上げて、バランスを中央に寄せ

飛び出して収集がつかなくなった房は切り花にし

傷んだ花を、ひとつずつハサミで細かくカットしていき


カウンターで、中腰になりながら

ハサミを片手に真剣に何かやっている姿が


パートナー様からは

「何か制作してるの?」

と、どうもアート作品の制作に見えるらしいですね


アートではなく、お世話です

Satomi
タグ:garden
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記