*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年03月24日

聖なる楽器


ギタリストの薮田さんの面白話題が

お話を始めると止まりません


非常に博識でいらして、話題も豊富です


IMG_20161225_212237 (2).jpg


ファゴットは凄い楽器だ、というテーマになり

薮田さん的に、何が最も凄いかというと

「楽器の名前の中に、『ゴッド』が入っているぴかぴか(新しい)

と力説(笑)


God・・・


ファゴッド? 全能なるファの神(笑)


なるほど、世の中のプロのファゴット奏者は

いみじくも神聖なる楽器の使い手だったのですね


ファゴット奏者に祝福のあらんことを・・・

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告

2019年03月23日

ペットには見える何か


ギタリストさんの飼い犬の話題になりまして

お部屋の中で、明らかに何もないところを

ワンちゃんが、急に目で追う事があるそうですいす


詳しくお聞きしてみると

天井に向かって、何かがスーッと動いて行くのを

追うように反応するそうなのですが

天井の角まで動いたところで、消えるようなのです


最初は虫でも追っているのかと思ったそうですが

真夜中でも同じように、天井に動く何かを追って

最後に、かすかに小さな吠え声で「ワン」と鳴くそうで


それって、アレじゃないですか??あせあせ(飛び散る汗)

ゴーストモバQ

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年03月22日

合宿所を越えた


その傾いた建物は、各所が

軽くホラーに満ちていました


「これって、普通科の学校の

合宿所みたいなレベルじゃないの?ダッシュ(走り出すさま)

と言う、ご意見も頂きましたけれど


実体験として、母校(私は都立高校でした)は

長野に合宿所があり、部活でそこを毎年使いましたが

“ごめん、ここまで酷くない”と速やかにご返答すると

笑いが起こっていました


各所が斜めすぎますあせあせ(飛び散る汗)


もし、ここにティンパニを置いた日には

(ティンパニは、スムーズな移動の為に

足元にキャスターが付いております)


ごく強い傾きによる、壁側へのティンパニの衝突によって

打楽器奏者に人身事故が起こるレベルですよ


廊下と階段ももれなく傾いていますが

歩くたびに、40〜50dbで騒音がなります


「ぎ・・・ぎぎぎ、ぎゅり・・・」

と、薄暗い廊下に音が鳴るので

ほとんどホラーでしかありません


鴬張り(うぐいすばり)の廊下を目指したのでしょうか

古くは忍、不審者の発見に一役を買うような

計らいになっていたとしても


この足音が部屋にゆっくり近付いてくる、とか

ああ通り過ぎた、と部屋に居て分かる訳ですから

忍でなくとも、夜はおちおち移動ができません


全員早く寝ろ、という仕組みです


廊下に出てすぐ隣に

正体不明の「非常口」がありました


真っ暗な中、竹製の大きな戸を押してみると

これまた急こうばいの、奈落のような階段がありました


限られたスペースで一気に降りるように

一段が狭く、しかも高く角度がついています


そこには照明がなく

下に向かって暗闇に呑まれて行く先に

真っ黒な影と扉らしき形

外用に置いてあるスリッパも闇に呑まれています


そんなトラップのような階段が出て来るにも関わらず

触れば2階部分の竹製の扉は簡単に動くので

もし、手を付いたり寄り掛かったりすれば

間違いなく、奈落の底まで転落します


移動には細心の注意が必要・・・


洗面所も、古い一枚の曇りガラスが

傾いた建物に対して窓枠が閉まることなく


冷たい風に吹きつけられて

常時、ガタガタと不穏な音を立てています


お化粧室の扉も、元から閉まることなく

強い風が吹き込んで来ます


そこだけ、やけに似合わない新しいトイレを設置したようですが

蓋を開けると自動的に音楽が流れるもので

かすかに聞こえる箏の音色が


「ザザ・・・ザ・・・」と途切れます


これだけでも、何かが出て来る前触れです


個人的には、あまり好きではないのですが

センサーで蓋が空くタイプだと

横で人が少し動くだけで、何度も自動で蓋が空いてしまい

関係なくても、繰り返し閉めなくてはいけません


人間をおちょくっているとしか思えない

あの過剰な自動おもてなしは

密かにコンセントを抜いてしまいたい衝動を

チラリと呼び起こします


かろうじて水道が付いているので

顔を洗おうとしても

お湯が出ることはありません


冷たい水で、半ば気合いを入れながら顔を洗い

まるで「禊(みそぎ)」です


掛け軸がある床の間には

何故か、電気ポットが堂々と用意されていて

蒸気の吹き出し口から静かに白い煙を立てています


置く場所、普通に間違えてないか・・・?

という平均的な疑問も

全てがカオスすぎて、分からなくなってくるので


本来、床の間に置くような立派な金の置物や

華道の粋を極めた生け花に負けないぐらい

堂々とした立ち姿の、真っ白な電気ポットを眺め


ここでは「タイガー(企業名)」が家宝なんだね・・・

という所で、落ち着きました


※すぐに、別のホテルの予約をいたしました

Satomi
タグ:Building
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記