*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年01月20日

Recital公演初日


お陰様で、鈴木舞さんのFlute Recital

サロンの初日公演が終了しましたぴかぴか(新しい)

(更新が遅くなりまして、すみません)


舞さんとの公演を始めてから

まだ何も決まっていない内に、ご予約を頂く

コアなVIPのお客様方を筆頭に


有難くも常連になって下さったお客様を含め

ご新規でおいでになられた皆様も

ご来場、ありがとうございますわーい(嬉しい顔)



皆様のお話を聞く限りだと、本番のその前もその後も?

一日たっぷりリラックス・タイムをお楽しみ頂けたようです


この機会に、会場で久しぶりにお互いお会い出来たお客様方は

そのまま懐かしいので二次会へと向かわれたり


お友達や、大事なお連れ様とお食事を楽しんだり

ゆっくりお買い物をされて、有意義にお過ごしになられて

普段のお忙しさからの息抜きが出来たのでしたら、良かったと思います



DSCF5919 (2).JPG


んー、とにかくまともな写真がない・・・ダッシュ(走り出すさま)

舞さんとのお写真をもっとしっかり撮っておくように

次回、何とかします

(全部のトリミングや修正に何時間もかかっても、これが限界)



さて、前半がスピネットの演奏での共演でした

これがまた趣がピアノ様とは全然違うので

フルートと合わせた時に、軽やかなバランスになります


そうすると、無理して音圧をかけて吹かなくても

自然に演奏ができるので、表現がまた違ってきます


全く同じ曲でも、もしピアノで伴奏すると

ガッツリこちらの音量が出ますからね(笑)


舞さんも、同じ作品がもしピアノの時だと

「もっとゴリゴリに吹かないといけない」と

笑えるコメントを残していらっしゃいました


スピネット伴奏だと、手のひらで転がすように演奏できますからね

ハンブルガー・ソナタなどは

小鳥が羽ばたくような5月の爽やかさが出ます



そして後半は、村松崇継さんの作品からスタートしまして

この村松さんの曲と言うのは、どれも

耳馴染みの良いキャッチーなメロディーを素敵に織り込んであり

お客様が好きだと言って下さる率が高いですね

(他でもそうなんですが)


私もいちばん最初に知り合いのアンサンブルのコンサートで聴いた時に

何て綺麗なメロディーを書くんだろうと思いました


構成の骨組みがあるので、同じテーマが転調して出て来るとか

元ネタをシンプルに展開して繰り返すので

繰り返し聴く分、耳に残りやすいと思います



ショッカーも、同じ小さな括りが

ぐるぐると繰り返されるので


特にピアノの伴奏形で、冒頭から後ろで繰り返しているのが

まるで悩んだりしている時の思考の状態

(ぐるぐる思考と言う方もいます)から

抜け出せなくなって、囚われているのが

音で表現されているようにも見えます


「後悔と決心」とのタイトル通りに

その後悔がいつまでも後を引き

(フルートのメロディーラインもそれが特徴的)


一瞬、さあ何とかしようと思い立つフレーズがありつつも

いつまでも、同じ思考が続いている様が出ていて面白いです



そしてそれを断ち切って、自分の動くべき方向に整えるのが

コーチングですひらめき

って、関係ないとこに行きました(笑)


長くなりますので、一度ここで閉じますねペン

Satomi
タグ:Concert
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | Concert Salon

2019年01月19日

初日へ向けて


美しい歌心溢れる、舞さんのフルート

隅々までキラキラと光が満ちているようで、素敵ですぴかぴか(新しい)


たのしい時間をお過ごしになれますように


DSC_0393.jpg


とても嬉しいメッセージをお送り頂く皆さま

ありがとうございます


こちらが忙しいだろうなと配慮しながらも

心温まる言葉を書いて下さり、有難いです

Satomi
タグ:Concert
posted by satomi at 18:00| Comment(0) | 日記

習わぬ経を読む


普段、練習しているとか

良く合わせをしているとか

はたまた、本番があるので勉強として良くかけている

それらの曲


生活している間、もうノンストップで音楽が

流れっぱなしなので


それを聞いている(いや、聞かされる運命にある)

パートナー様(エンジニア)は、かなりマニアックな曲まで

「聞き覚え」してしまいます


しょっちゅう、何かのフレーズを

鼻歌で歌ったりしています


時々、あまりにマニアックな所を

拾っていたりするので、ビックリします


IMG_20161218_122517 (2).jpg


リズムパターンから

舞さんのフルートの、ショッカー(作曲家の名前)を

パートナー様が断片的に歌っているのが分かりました


それにしても、だいぶ不思議な括りで

歌い始めているので


楽譜で言うと、3拍目から始まって次の1拍目で終わる

というような、カオスになっています



トゥルル・トゥットゥー

トゥルル・トゥットゥー


と、歌ってます


・・・

何か、お部屋にキジバトみたいなのが居る

Satomi
タグ:Partner
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記