*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2018年12月19日

文章をまとめているお陰


指定されたとても短い時間内ピッタリのスピーチ


これを内容も情報を無駄なく詰めて、しかも

知らない方達にも分かりやすいように説明するのを

3パターンほどやりました


台本は勿論ありません、即興です


ただテーマは絞っていて

一応、直前まで頭の中でこれとこれを展開しようと

概要はしっかり決めておいて

あとは時間の流れの感触で進めました


だいたい、普段馴染みのある曲でも短いもので3分

それより少し行くと5分・・・のように

演奏の感触としての時間軸があるので


お陰様で概ねピッタリでした


IMG_20161218_160436.jpg


後から、親切な他の方達がフィードバックして下さいました


表現が的確だし、情報が詰まっていても展開にスピード感あるので

内容は伝えられていたのと

聞いていて、イメージが頭に浮かんだと言って下さいました


細かく具体的に表現もなされているので

構成と詳細の表現の精度が高いと

ポジティブなご意見も頂いて、有難かったです


それらをふと考えると

このお陰かもしれないなと思う事があります


しばらく前からずっと、各所で言葉で表現する場面が増えてきました


それも先方様のお仕事に関わるので

しっかり明確に仕上げなくてはならず


どういった事を表現しているのか

とにかく相手がイメージしやすい、想像しやすい

理解しやすいというテーマで書かねばなりません


常に考えて綴っては修正して

という作業を繰り返していましたペン


今回のスピーチのように時間の制約がある時は

あらすじを上手く抜き出し、無駄のない構成にしていきますが


ご説明用の書きものとして時間の制約の無い時には

読みやすい、相手が疲れない

さらにコミュニケーション上のそのお相手の方に

感謝すべき部分も適度に合わせながら


全体を、整理された短い読み物のようにまとめていました

それがトレーニングになっていたのかも?

と気が付きました


また、同じように文章をまとめる際に

物凄く上手い方がいらっしゃいます


もうプリントアウトして記念の書面にして読むぐらい(笑)

文章力の素晴らしい方なので

陰ながら尊敬しています


20年位その道のプロで、キャリアを積んでくると

優秀な能力はさらに秀でて


的確に言葉を綴る、その一つにおいても

凄いなあと言う関心を通り越して

感動させる文章が、サラリと書けるようになるのかもしれません


あんな風に、惚れ惚れするような素晴らしい文章は書けませんが

目標にしていますぴかぴか(新しい)

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記

2018年12月18日

サンタさんへのお願い


子供の頃、サンタさんに

どんなプレゼントが欲しいとお願いをした?

という話題になりましたクリスマス


私の家では、すでにそのような平和なファンタジーはなく

ひたすら現実が横たわっていましたので


クリスマスは、楽しいイベントではありつつも

幼稚園などに来て下さるサンタさんは皆、ダミーで

大人の誰かが仮装して来ているのを良く理解していて

特にお願い事を抱いていた記憶はありませんでした


また兄弟がいると、夢見るような甘いファンタジーは

「そんなわけないじゃーん」「知らないのかー?」と茶々が入り

脆くも打ち砕かれますね


IMG_20161225_212205.jpg


もっと大人になれば、背景も聞きますし

サンタさんの赤い衣装も、元々はグリーンだった節などあり

コカ・コーラが会社のカラーである赤を使って

そこから流通したとか


夢と言うよりも、販売促進手(パー)(笑)


ご一緒していた皆さんからは、子供の頃

自分の下に弟や妹が欲しい!と

子供心に純粋にお願いしたこともあったな〜との

お話が出て来ました


それが叶ったら、どんなに楽しいだろう

どんなに可愛いだろうと

夢が膨らむでしょうね


親御様からは

「それは無理です」と

即答されたそうですが(そこも現実的?笑)

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記

2018年12月17日

永遠の反復


全く同じ進行の曲や部分を、もしずっと繰り返していると

ちょっと飽きてしまいます


あれ?なんだ、また同じかぁ、という気持ちにさせるので


全くニュアンスを変えないまま

ずっと変化もなく繰り返す様を

歌い手さんが「壊れたレコードみたい」と仰っていました



そして、そんな事にはしたくありませんから

色々と味付けをします


同じコード進行が続いたとしても

例えばパッへルベルのカノンのように

メロディーがいつも変化しながら多彩に動いていると素敵です


あれが、もし最初の方の4小節のメロディーだけを

永遠に15分間、同じニュアンスで繰り返していたら?


「お願いだから、何か違う展開にして下さい」

と哀願したくなることでしょう・・・(笑)


IMG_20161218_121109_2 (2).jpg


そんなメカニズムを研究されている所があるようです

ヴァイオリニストさんが解説してくれました


一回目に聴くときは、新鮮に聞こえます


それが数回の時は、慣れ親しんで

まだ良い感じで聴けるようです


でも、そこから繰り返しが執拗に続いてくると

また同じだ、と飽きて来る状態になります


そして最終的には、苦痛を感じるレベルまで移行するのが

繰り返しの心理現象!ペン



・・・繰り返しは計画的に

Satomi
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 活動報告