*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2018年12月22日

横隔膜


お食事の際に、急ぎ過ぎてしまうせいなのか

パートナー様は、しゃっくりを起こすことがあり


ネットで調べたしゃっくりを止める方法を試しても効果がハテナで

しばらくは、ヒックヒックしながら会話します


イケメンなバリトンの歌い手さんが

止め方のコツを教えてくれました


「横隔膜を下に押し下げて、こう広げるようにしてブレスを入れる

これで、案外治るんだよね!」と、実演して下さいました


歌い手さんならではの

上手なブレスのテクニックあっての事ですので

音楽について素人の者がどれほど上手くブレスできるのか


・・・今度なったら、実験ですね

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記

2018年12月21日

背後の扉が開く


日が暮れるのが早くなりました

夕方の遅めの時間になると真っ暗になります


その頃に、オルガンの練習を一人していると

音につられて覗きにいらっしゃる方が

度々いらっしゃいます


ふらりといらした場合もあれば

目的を持っておいでになられる事もあり、様々ですが


佇んで演奏(練習なんですけどね・・・)を

いつの間にか聴いていらっしゃることが多く

気配に気が付いて止めると


「いいえ、そのまま弾いていてください!」と

逆に言われたりします


少しだけお話して

その方々に合わせて、一曲短めに演奏したり

することもあります


練習なので、バッハになり切らないバッハだったり

即興演奏のネタを拡大していたり

あまり積極的に、お聞かせ出来るようなモノでもないのですが


やはり、音楽が流れていると

そこにスーッと引き寄せられるように

扉を開けてしまうのかもしれません



まあ、もし私が同じシチュエーションになったら

パイプオルガンが聞こえてくるぞと

「間違いなく」入って行きますけどね(笑)

Satomi
タグ:organ
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 活動報告

2018年12月20日

私的さの排除


思い遣りや、安心して信頼できるなどの

人間的な良さもしっかりと兼ね備えていながら


私的さを排除して、完全なプロフェッショナリズムに

徹することのできる方と言うのは


安心してお仕事を依頼できる素晴らしい人材なので

是非あなたにお願いしたい!と、人がどんどん集まって

お忙しくなりますね


「私」の部分が見えてしまうと

もし音楽関係なら、ド素人だとか自己満足のアマチュアと

お客様からの酷評を頂くものですし


同じように、その方の業界のお仕事であっても

「私」が見えたとしたら

高額なお金を払って、あなたは学生のアルバイトかと

大いに非難を受ける事でしょう


その高みまで徹しようとする姿は

ご自身を律する厳しさを越えたところにあります


C Rose Red.jpg


プロに徹する姿は、それは美しく

磨き抜かれた精度と美観を誇るようです


対人のコミュニケーションまでもが

そのお仕事の最高級品に近いクオリティで

磨かれています


ホスピタリティも素晴らしいです


日々のその陰の努力が感じられると共に

自分への甘さを抜き去った徹底感は

不純物を抜き去り

透き通るまでに厳しく磨き上げられた、宝石のようです

Satomi
タグ:Work
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | Messenger