*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2018年11月24日

フリーランス


フリーランスと言うのは

自分で道を切り開いて行きます


DSCF5145.JPG


もし自分自身で決意して、フリーランスとして

お仕事をしていくことを選んだのだとしたら


色々な事が起こる場合もありますが

トラブルに意気消沈してしまうのではなく


自分の進むべき道を見据えて

いつも、しっかりと良きものを提供できるように

自分を絶えず磨き続けて、自己投資しながら勉強をして


次の目的地に向かって、強く進んで行きましょう

Satomi
タグ:Life
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | Messenger

2018年11月23日

聴力検査


聴力検査をしてもらって、どれだけ音が拾えているか

チェックしてもらっています


だいたいは、割と聴こえやすい大き目の音から

段々と小さい音に移行して

最終的にどこまで極小音まで感知できるかを検査します


ところがもう「あなた、どうせ良く聴こえてるんでしょ」

と言わんばかりに

検査の最初の音から、不意打ちで小さいところから始まります


心の準備では、もっと大きくて分かりやすい音量で

鳴るのかと思って構えていたのに

もはや“聞き取れる限界点”から始まります(笑)



例えると、無音のコンサートホールの舞台に立ち

1500席の、3階席の一番後方のお席で

布製の椅子のクッションに、ハンカチが手元から

いつの間にか落ちて

布同士なので、接触時にほとんど音はしない


・・・と言う位の、非常に小さな音を拾います


なので、ヘッドホンをして密封されていても

防音室の隣のお部屋で

医師が静かに話している会話の、超かすかなささやき声が

今取りたいはずの音の、約3倍の大きな音で聞こえています


それほど、小さい音です


背後で、カチャカチャと機械をいじっている音の方が

はるかにハッキリと分かりやすく大きく聴こえています

(これで、取りたい音の10倍の音量があります)


それをガイドにしてしまえば

100発100中で、全部の音が取れますね!!


・・・って、そんなことしたら

検査にならないです(苦笑)

と、心の中でつぶやきながら

極小音量のイントロ・ゲームに挑みます



今のところ、2db最小で感知していました

(ほとんど、無音との限界)


この音のガイドで言うと

静かな事務所の音量で50db

深夜の郊外、人の小さなささやき声で30db

25dbで「ほとんど聞こえない」のランクになっています


一応、こういうのは年齢で劣化グラフの曲線があります

20歳を境に、耳の聴力は次第に劣化して行くものです


私の年代としての平均値での

一番、小さく聴こえる音量の限界値が20dbになっているので


「聴こえすぎ、どうしちゃったの?(笑)」

というレベルだったのかもしれませんが

調子が良くないと、最小感知が8dbまで落ちます



まず、検査時は

もはや自分の呼吸音すらうるさくて、聴き取りの邪魔になるので

タイミングを合わせて、ブレスを止める


でも、心臓音がうるさいので

(それはさすがに無理)

全神経集中で、聴き取りしてみます


あとは、高い周波数の音が通常は

聴こえにくくなって行くものですが


むしろそちらの方が良く聴こえる

という、不思議なグラフになっています


多分、仕事柄・・・?

Satomi
タグ:Hospital
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記

2018年11月22日

人柄


お仕事のご依頼のやり取りではありながら

心温まる感じのことが色々とあります


ちょっとしたコミュニケーションでも

一生懸命な姿が垣間見えるとか


大変な事でも、黙々と頑張っていたり

何らかの配慮が滲みだしていたりして


人柄が現れることだなとしみじみ思いながら

お仕事を進めています


ほっこりしますリボン

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記