*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2018年10月16日

102鍵のピアノ


Stephen Paulelloというフランスのメーカーさんが

102鍵もあるピアノを作っていて、しかも

まるで1800年代後半のフォルテピアノのような、並行弦


・・・と言うと、何だか分からないと思いますので(笑)

まずはご説明しますねペン



現在のグランドピアノの弦の張り方は

良く見ると低音部分の一連の弦と

中音部の一連の弦が、お互いに交差するように

すこし、ずらして張ってあります


1800年代前半は、ピアノの弦の張力が今よりもずっと弱く

高い音から低い音まで、まるでハープを寝かせたように

順番に並べた全ての弦が、平行に張ってありました


時代と共に、より大きな会場で大勢のお客様に聴いて頂くように

音楽のシーンがどんどん変化して来て

演奏する楽器も、より大きな音で鳴らすよう改良されました

(それが改良かどうかは、判断が分かれるところですが)


より強固な弦に変わり、さらには張力を強くしていくことで

音量を増すので、その大きな力を支えるのに

並行弦では金属で柱状に補強したとしても限界が来てしまいました



現在は、1本あたりの張力が80キロ位

全部を合わせると、何と20トンにもなります

いつもこんな大きな力がかかっている、現代のピアノ


凄い張力なのですよダッシュ(走り出すさま)



さて、そんなフランスのメーカーさんにお話を戻しまして

日本では、これはちょっとお見かけしませんので

演奏は出来ないかもしれませんが


音を聴く限り、低音に向けて

演奏した音の深い共鳴が、より豊かになっています


ベーゼンドルファーのインペリアルよりも

もっと鍵盤数は多いですね


色々なメーカーさんで、創意工夫を凝らしていますわーい(嬉しい顔)


技術や材料、また資金があれば

頭に思い描いた構想は、現実に作り出すことができるので

面白いモデルが生み出されるのもまた興味深いです

Satomi
タグ:Piano
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 活動報告

2018年10月15日

96歳


ヴァイオリンのギトリス氏

96歳にして、車椅子でステージを移動しながら

ちゃんと演奏されていて、すごいですね


音楽家だと、100歳まで演奏していられる方もいて

三つ子の魂百まで?(そういう意味ではありませんね)


※幼い頃からの性格は、幾つになっても変わりませんよの諺

Satomi
タグ:Concert
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記

2018年10月14日

調弦のように


弦楽器は弾く前に、弦の張りを整えて音を合わせます

緩み過ぎてもいけないし、張り過ぎてもいけない

演奏に適性な音の状態にピタッと合わせます



人間も、張りすぎると精神が壊れてしまうし

緩み過ぎれば、積み上げて来た評価や信用

そこから仕事、お金、もしかしてその先は家族なども

徐々に失っていく軌道に入ります


演奏する前に、調弦するように

その時の在り方も、張り過ぎず、緩み過ぎず

適性な状態に整えて臨めると

息の長い良い状態を作れるかもしれませんね


IMG_20161218_135859.jpg

(これだと重そう・・・?)


緊張しすぎないようなコントロールは

新人さんは仕方ありませんが、それなりの件数の本番を

常時こなすようになれば、見通しが立つようになりますし


20代も後半になれば、自分の対処のスタイルが出来上がるので

これをしておくと上手く行く、というのを身に付けて

難なく出来るようになります



どちらかというと、緩み過ぎのケアの方が

常時お仕事をしている場合には

気にしなくてはいけない内容になるかもしれませんね


質感というのが、相手にはものすごくキャッチできるものなので

何を考えて、どの位のヤル気で、何を求めて行っているのか

どの位準備してきたのか、この日まで何をしていたのか

今この瞬間に何を思ってやっているのか


見事なまでに、受け手はキャッチするのですよ・・・

隠す事なんて、出来ませんね晴れ


具体的な技術のことは知らなくても

音楽や楽器の専門家でなくとも

質感でパッと理解できるのです


もう少し言い換えると

人を舐めてかかったらいけませんよ、と言うことなのですが


舐めたお仕事は、バレます

その場であからさまにはご指摘しないで、お心に留めておいて

もしくは、後で誰かにクレームぶつけてやるぅと思ってのことか(笑)


ちょっと聞いて!を、どうされましたか?と丁寧にヒアリングし始めると

溢れて止まらないダムの崩壊みたいになってくるので

毎回思う事は、舐めてかかってはいけないなと言うことです


「あの人って、ボランティアですか?」と言う

つまり、ノーギャラだからあんなにレベル低いの?という推測系


直球で「お金もらってやってるんでしょう?あのどこがプロなの?」

というお叱り系

あとは、「所詮、アルバイトでやってるんだろ?」

という、見下されました系(笑)


「あの人、才能ないと思うんで、早く辞めて下さい」という未来系など


パターンが色々あって、クレーム処理もなかなかのバラエティですが

具体的な内容をヒアリングで詰めていくと

良く観て、良く聴いて、良く分かっていらっしゃる

・・・と感じます


ある所で、感覚でキャッチする感度は

素晴らしいなと思います



逆に言うと、心を尽くして行う事が出来れば

感謝が返ってきますね


ものすごいヤル気がなくても

おおらかなインド人なら、踊って許してくれるのかしら?

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | Messenger