*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2018年10月28日

職場と尊敬


所属なさっている職場を、好きでいること


そして代表、いわゆる社長でもあり同じように活躍する

トップの方の存在を素晴らしいと尊敬しながら

お仕事に携われる姿は、拝見していて素敵でしたひらめき


そんな話題を丁寧に話して下さった女性は

美人でいらっしゃる(笑)←個人的な意見?


DSCF5114.JPG


同じ業種でも、どなたが運営なさるかで内容は大きく変わります


芯の強さと志のある理念を軸にして

トップの方は、同じ業界の中でも少し違った視点で

独自の展開をなさりながら、支持者を増やしています


それは私から見ても分かる事で

そこまで行きつくには、かなりの強い信念が無いと

形にならないものです


すると、やはりその総括を任されている女性からの

大変尊敬するポイントとしても


代表の信念の強さと、それを実現していく凄いバイタリティ

そして、ユーザーに対する人間的な愛情が

特に素晴らしいと感じています、と語って下さいました



ベテランになり、もし名前や肩書きにあぐらをかくようになってしまうと

築き上げた功績は、どこかで崩れ落ちるものですが


純粋にそのお仕事に対する愛着と

自らの力で、お役に立てた時のユーザーの大きな喜びを糧に


代表を尊敬しながら黙々と大変なお仕事に

飛び込んでいらっしゃる姿は

美しいものがありました


実績に対する確かな誇りがあって

彼女の生み出すお仕事に対して、喜んで下さる存在が多くいらして

もっと内容を充実させようと勉強を続けていらっしゃる


その姿が、輝いて見えましたぴかぴか(新しい)

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 活動報告

2018年10月27日

高め合いの関係性


歌い手さんとの会話の中で

気に留まった言葉がありました


「一緒に高め合って行きたい」という希望でした


長い道のりの時々で、誰かと組んで歩む時に

高め合って行く関係性が築き上げられると


居る場所や、見えて来る世界や

得られる全ての物が、次元の上昇をするように

劇的に変わります


素晴らしい喜びと価値をもたらす

かけがえのない関係として

お互いに支え合い、レベルを上げて

変化と成長をしていけるのですから


IMG_20161225_212237 (2).jpg


そして同時に、その関係性は

少しでも邪な思いや怠惰、歪みや弱さなどがあれば

たちどころに低い所へと降ろされてしまいます


自分を律して、目標を高く見つめて

そこに黙々と進んで行ける確かな行動力を伴って

初めて実現できる関係性です


心の弱さがある人には

出来ないことです


弱い人間は、土壇場で姑息な本性が露わになります

高みに登る事は出来ません


最初の言葉の希望を実現するには

今組む相手となるお二人で、目指すものをハッキリと認識して

何をどのような心構えで行うかを再確認し


次々と、ステップアップの行動に移していくと

手がかりがつかめて来ます


まずは、同じだけの「心の純度」が大事ですね

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 活動報告

2018年10月26日

階段で行きましょう


大きな会場だと、エレベーターが各階で呼ばれ

また、大きな機材や道具などの搬出や搬入もあって

すぐには来てくれない事がありますビル


さあ降りよう、と他のメンバーと一緒に

ボタンを押してエレベーターを待てども、全然来る気配がなく


「やっと来たけど、さっき上でゴトン!と音がしていたから

もしかしたら、いっぱいじゃない?」と予想していた通り

扉が開くと大きな機材がギリギリまで押し寄せて満員御礼


誰も乗れません(笑)


待っている間に、同じ階でも他の大道具さんの

大きな荷物を運ぶ男性陣が、わらわらと増えて来ます


次に期待、と待っても

また同じように機材が所狭しと乗っていたので

階段で降りる事にして、6階分下りました


IMG_20161217_143544 (2).jpg


その会場は、地下までのインターバルが得に大きく

40段だったか60段はあったような気がして


6階分だと、段数はどの位いくのかと

数えながら降りたところ160段ほどでした


思ったよりも少なく所要時間も2分ほど


それなら、上で15分近くも待つんじゃなかったな・・・ダッシュ(走り出すさま)

と少し学習しました


同じ方向にぐるぐる回り続けるので

それそれそれーと降りていくうちに目が回って

船酔いみたいになりましたが

良い運動ですね

Satomi
タグ:one day
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記