*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2018年09月06日

遅刻しそうな時の焦り


ちょうど前の日の夢で、本番に遅刻する夢を見ていました


夢の中で、目的地のホールに向かっているのに

半分ほど来た辺りで、ドレスを忘れた事に気が付いて

あー!いけない!と慌てて自宅に引き返すことにしました


でも、その交差点では、交通量がある割にタクシーが無く

たまに来ても乗れなかったりで

焦りながら何とか拾って帰り、自宅でドレスを詰めている時に

もう、すでに開演の時間を迎えています


さらにここからどんなに急いでも

車で40分以上はかかる場所だし


またここでタクシー・・・来るのあるかしら?

とモタモタやっているうちに、終演の時刻に


・・・という

お仕事をしないうちに終わってしまった系の

演奏家の皆様も時折見るそうですけど

この演奏会トラブルの夢を見ました



現実世界では

ちゃんと、定刻に十分余裕を持ってお伺いしました


DSCF5153.JPG



そして練習しながら待つと、リハの丁度の時間に

バリトンのSさんが、派手に駆け込んでいらっしゃいました


何をそんなに急いでるの?

というほど、特に急ぐような事も無いのに

慌てていらしたから聞いてみると


良くある事ですが、電車が人身事故で止まってしまい

早く着く予定だったのに、時間が迫って来たそうです


しかも、運悪くたまたま携帯を自宅にお忘れで

誰にも連絡が出来ない状況に陥り(笑)


連絡先も、データはみんな携帯の中ですから

すぐに番号も何も分からないで、さらに焦り


脳内シュミレーションでは、時間に来ないと困った私が

きっと電話連絡→空しく自宅で携帯が鳴るだけ→不通で困る→

今から誰か声楽家を手配?でもそんな事って出来る?


位の、緊急度の高い焦りを感じて

本気のダッシュでいらっしゃったみたいです


特に問題も無く、お時間としても

ちゃんとリハーサルに間に合っているので

こちらは、どうしたの?大丈夫?でした


他にも、そんな時に限って!なトラブルが相次いでいたらしく

気が気じゃない状態になる事が続いていたようですが


もし、ダメなら来るまで演奏でつないでますから←あっけらかん(笑)



ずっと昔ですが、ソリスト予定の方が

本番でくる途中に交通事故を起こして(ご本人が主体)

来なくなったことがありました


普通に、ソロにプログラムを変えて弾きました


それ系の演奏の時には

いつも45分程度のプログラムの楽譜も持参しています

何かあっても対応できるように


特に、驚くようなことではありませんが

経験から学びました手(パー)

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記