*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2018年09月21日

良い声は気になるので


国立音大を卒業した、バリトンのKくんは

20代らしい、若さと瑞々しい力強さのある良い声ですグッド(上向き矢印)


時々、一緒に演奏するので

少し前に別のソプラノさんが

Kくんの声を「すっごく良い!」と嬉しそうに褒めて下さっていたのを

ご報告しました



“ソプラノさんと控室でKくんの話題になって

オペラの活躍ぶりや詳細を話してきたよ〜”

と、その日の様子を軽く話しました


すると、Kくんは目を大きく輝かせながら

「うわー、メッチャ嬉しい!

声の事褒めてもらえるのって、嬉しいよね

聴いててくれたんだーってなる

朝からマジ、テンション上がる(笑)」

と、笑顔を輝かせ


発声練習も、キラッキラの声で

頑張っていました


お客様だけでなくて

同じ舞台にいる他の演奏者も

しっかり聴いてチェックしていますね


なので、素晴らしさを褒めてもらえるのって

嬉しいでしょうねわーい(嬉しい顔)

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 活動報告

2018年09月20日

おサイフ


集まりの場について、さあ会費を集めますねと

お財布を出すタイミングで

忘れてきたことに気が付きましたあせあせ(飛び散る汗)


現金で集めるお支払いの時に、クシャクシャなお札は出したくないので

なるべく綺麗なお札を使いたいとか


一万円で出してしまうと、おつりを準備するのに

千円札が足りなくなることがあるので

細かい方が、全体でまとめるのに助かるかなとか


封筒に入れておくと

全員の名前を書き込んだり、チェックするのに役立つからなど


考えて、準備していたのに・・・お財布ごと忘れて来た!(笑)


何てことダッシュ(走り出すさま)


DSCF3791.JPG


決して戻れない距離ではないので

皆さんに先に進めて頂いて、遅れて戻ってくればと

お話しましたが


親切な大先輩が「俺、出しといてあげる手(パー)」と

代わりにお支払い頂き

有難い限りでした


何て優しい〜ぴかぴか(新しい)

(しかも帰りも途中まで送って下さいました)


そうすると、そこにいらしたリーダーの方も

「良し、そのままおごってもらえ!(笑)」と

明るく茶化したりして、笑っていましたが


後日、お会いする際に

返金と御礼をしなくてはレストラン


最悪、楽譜忘れじゃなくてまだ良かったですが

タイトな時間に急いで支度をすると

抜け落ちるという例ですふらふら

Satomi
タグ:one day
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記

2018年09月19日

Index


音楽屋さんは、ただ最低限、音を出していれば良いというものではなく

演奏を生業とする以上、どういった事をどのような心構えで行うか

具体的な背景を、詳しく資料にして説明することもあります


これが分かりやすいとか、参考になるだろうという資料を

その都度、添付して実務の理解の助けになるように

ご説明することもあります本


膨大な裏側の価値があって、それが表に出て来た時に

納得の行く良い演奏という形を成すものであって


どっぷり演奏家として浸かっていれば暗黙の了解でも


業界に慣れていないと、まだ想像もつかないような事が

多岐に渡ってあります


裏側にどんな心構えやルールがあって

何をしているのかを知ることは

演奏のお仕事の理解の上で大事です


DSCF5575.JPG



お打ち合わせにいらしたOさんのお手元には

何やらファイルがありました


お話をしながら、さっと開いているのを見ると

これって、今まで私が書き綴って来た説明や資料じゃないですか!


というのが、細かく項目分けされて

一冊のファイルに収まっていました


厚みを見て、こんなにあったんだ!と思いました


それらが、丁寧にインデックスで項目別に見やすく分けられて

美しく整理されていました


必要な事を、すぐにピックアップできるように

ちゃんと読み込んでいるのが分かります


Oさんに頭の下がる思いがしました


見えない時間に、こちらもせっせと

分かりやすく説明の資料を作りますが

参考データも添えて、毎回が小論文の提出のようで

手間も時間もエネルギーもかかります


それらを、見えない所で受けて各テーマについて

Oさんとして、どうやっていったら

最終的な「喜んで頂けるお仕事」ができるのか

考えて下さっているのだなと


ファイルを見て初めてそれが伺えました

こちらも、しっかり結果を出さないといけないですねダッシュ(走り出すさま)

Satomi
タグ:DOCUMENT
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 活動報告