*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2018年04月24日

琉球舞踊2 東京の桜と違うんだよ


スタンダードな演目のおひとつ

「貫花」(ぬちばな)という、女性が花飾りをかけて踊るものも

拝見いたしました


ハワイのレイという花飾りにもよく似ていますが

レイは丸く円になっていて

貫花の方は、花に糸を通したとのことで

円形ではなく両端が離れています


女性がしなやかに踊ります


DSCF5465.JPG


歌の内容は

“白瀬走川に流れている桜をすくって

愛しい貴方に、桜を糸で通して首にかけましょう”

と言う感じの意味なのですが


ん?落ちた桜って、花びらじゃないの?

と、東京の感覚では思ってしまいますが

はらはらと花弁が一枚ごと散るのは、ソメイヨシノで


桜の種類が、沖縄と東京では違うんだというのを

トクトクとご説明頂いております(笑)


沖縄は「寒緋桜(かんひざくら)」という

もっと色も濃いピンク色で、花ごとポトッと散る桜だそうですね


しかも全体的に桜の木の大きさも小ぶりで

街で見かける街路樹でも、2メートルくらいでしょうか

東京で見慣れた街路樹のハナミズキの大きさに近いですね


他の街路樹も比較的、種類が違うのでやや小ぶりな気がしました

(いちいち聞くか調べるかしないと分からないので

お名前は未確認です)


しかも、沖縄の方にとっては

その桜の違いを「本土の桜は色が抜けてる」と表現していまして

ソメイヨシノは、うっすらした桜色ですから

確かにピンクではないですね


何でもその土地の特色がありますね



DSCF5367 (2).JPG


そして、別のメゾの歌い手さんと話していると

赤道に近くなるほど身長が小柄になり

東南アジアなども、比較的小柄で

逆に寒い北の方に向かうと大柄になる傾向がある

と話されていました


声に関して言うと、小柄な方が音域も高くなるので

沖縄ご出身で良い声の声楽家さん、多いよ〜と

そんな話題にもなりました



さて、踊り子さんが衣装の右側だけ一枚脱いでいるのは

作業をする時の恰好の表現だそうです


フォーマルな演目の他に、新しく作られた庶民の生活の作品を

「雑踊り(ぞうおどり)」というそうですね


後半になると、四つ竹(よつだけ)という

カスタネット状に手元でカチカチと鳴らす竹の打楽器を

拍子に合わせながら鳴らして踊ります


明治時代になくなるまで、長いこと琉球王国でしたから

独自の文化は、同じ日本と言えども大きな違いがありますね

Satomi
タグ:okinawa
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年04月23日

琉球舞踊


沖縄では深夜12時とか1時など、割合遅いお時間まで

あちこちの飲食店が開いているような感じがしましたが


せっかくお伺いしたので、是非、琉球舞踊が観たいなと思いまして

伺ってみました


DSCF5453.JPG


こちらは絵ですが、琉球の趣たっぷりに飾ってあります

朱色の欄干や飾りも、琉球らしいインテリアで素敵でした



DSCF5464.JPG


お能のように、静々とゆっくり舞台に出ていらして

沖縄の独特の琉球音階の調べに乗せて

(鍵盤で言うと、ド・ミ・ファ・ソ・シの5つで

構成しているので、味がありますね)

厳かに始まりました


あのー、「かりゆし」って何です??(笑)

から始まり、お陰様で何の意味なのか良く分からない言葉だらけで

一つずつ詳しい解説を有するようでしたが


かりゆしは、おめでたいとか、祝賀

栄えている、幸せなどの意味とのことでした


私は標準語で生まれ育った為、お手紙に添えられた沖縄の言葉も

本当に、意味が分からず・・・(苦笑)

辞書!いや、辞書にはないか、聞いて確認

という有様でございます


この琉球音階は、西洋の楽器で演奏することはありますが

実際に現地で、こんな風に踊られているのもなんだなと

拝見できて、とても良い機会となりました

Satomi
タグ:okinawa
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年04月22日

グリーン・キャビアと呼ばれる海ブドウ


海ブドウ、初めて頂きました


DSCF5353.JPG


このプチプチ感がたまらないですね(笑)


DSCF5457.JPG


こんな風に、お料理の付け合わせ的に添えられるようなので

わさわさと、山盛りにして頂くようなものではないかもしれませんが?

珍しいのもあってパックで買ってみました



つぶつぶの大きさは飛子(とびこ:飛魚の卵)と同じ位のサイズです


特に何もつけなくても、ほんのりと塩気があって

口の中に広がる豊かな磯の香りと、このプチプチ感が良いですね


DSCF5358.JPG

こちらは養殖物です

天然だと、身が隙間なく詰まっているような感じのようです


東京だと沖縄料理を出して下さるお店か、アンテナショップに行かないと

普通にスーパーで売ってるお品ではないですから


ふと食べたくなったら、そういうお店に行くか

お取り寄せですね

Satomi
タグ:okinawa
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記