*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2018年03月13日

人間ですから


日頃から、人様を導くお仕事をされて

多くの問題も、聞き役として受け止めていらっしゃる

ある指導者様が、お疲れMAXでいらしたので喫茶店(笑)


番外編で、ミニカウンセリングをさせて頂きました時計


どんなに頑張っても、人には快もあれば不快もあります

人間なのですから、そこに指導者たるもの・・・を強制されたら

きっとお辛いでしょうね


お仕事の役割とは言え、ものすごくネガティブだとか

ブラックな事に引き回されてしまえば

ご本人は、疲れ切ってしまいます


時々はガス抜きをしないといけないですね



この社会で生きるのは、皆さまストレスも多いものです

そんな中で、いかに上手く自分との折り合いをつけるかで


良くないものが自分自身へ溜まるほどに

良い人は、自分から遠ざかっていきます


そうすると、当たり前ですが

人間関係も、良い循環ができなくなります


お仕事関係、お友達、ご家族やご夫婦

次々に雪崩のように問題が起こってきますね


収集がつかなくなってしまったドロドロの人達が

誰かを頼ろうとして

その場面では、指導者様に強くすがり付いてくるとなると

通常のアドバイスでは、立て直しがききません



イメージで言うと

足首をがっしり掴まれて

「俺・私を助けろ〜」とズルズルしているように感じました


まずは状況を整理するところから初めて

解決策まで持っていくと

モヤモヤしながら疲れている時より

格段に元気が出て来ます


DSCF3918.JPG


問題の解決は、人の癖が出ます


私自身を振り返ってみて

人にアドバイスをするのは、一歩間違えるとお節介だなと(笑)

気を付けなきゃーと思い、「押し付けないように」と現在があります


過去に私が受け手として体験した時も、とても嫌だったことに

「押しつけ」がありました


話し手の価値観で、無理やり「こうしなさいよ!」と

押し付けて来ることは、息が詰まりますね

さらに、その人の100%指示通りに動かないと

猛烈に怒り始めて、無理矢理にでも従わせようとする横暴さ(笑)


個性も、性格も、能力も、得意な事も

キャリアも、やり方も、みんな一人ずつ違う人間ですから

アドバイスと言う名の無理強いは、かえって相手を不幸にします


何か問題を抱えて、どうしようかなと苦しんでいる時に

さらに追い打ちをかけて不幸にするアクション?

なんて本末転倒〜雨


時々、聞きながら

“それは、先方様の主観ですよねわーい(嬉しい顔)”と思う時もあります

私に言っているのではなくて、ご本人に言ってるんだよね、と(笑)


目的が、相手が問題を解決して良くなる事ではなく

自分のやり方を強制的に押し付けて行わせることで

自分が賞賛されよう、感謝されようと言う下心です


人の為になってないんですねー(笑)



さて、私が専門の所で具体的に勉強を経て学んだのは

「答えは、その方ご自身の中から引き出す」というルールでした


言って見れば、その人がその人の人生を生きる

お手伝いをする、というポジションです


自分が聞き役側であれば

答えは、そのお話をなさっているご本人から

納得のいく落としどころを発見していって

それを明るくして、良く変える事


ですから、変なでしゃばりや個人的な押し付けは必要なく

どう感じていらっしゃるか、何がお嫌なのか

また、これからどうなさりたいのかを


その方の目線に沿って、見つけて行きます

かといって、それがスムーズに出来るのは

根本に良識のある方だけです


そうでない場合は、何をしても無効です


結局のところ、人は簡単には救えないと思います

もしそこを私の力で何でも出来るぞ、と思うのは慢心ではないかと


自分で、道を見つけて

自分の力で、這い上がっていくしかありません


また、悩まれる方も人に何とかしてもらおうとの依存心が強いと

どこに居ても、お荷物になりますから

だいたいのケースで、ゆるやかに人が離れて行くと思います


悪循環の始まりです


そうなってくると、部外者がどんなアドバイスをしようが

どんなに献身的なパートナーが居ようが

どんなにお金があろうが

どうにもならなくなっていきますね


指導者様が誰かを救う為に、一生懸命になさる姿は

とても素晴らしいと思います


それと同時に、例えばお医者様が倒れたら

誰も治療できなくなるように

ご自身の充電も、とても大事です


最後は、サッパリしたお顔で帰っていかれました


人間ですから、仕事の役割でしょうと協力を無理強いされても

出来ないものは出来ないという姿勢も必要だなと思います


むしろ、離れた立場からしてみると


ご自分の心に溜まり切った良くないものをぶちまける相手として

あなたを利用させてもらいますよ、と行動しているので

指導者様の優しい善意に、取り入るような行動は

どうなのかなと感じました

(それをしてしまうからこそ、問題にまみれているとも言えますね)


良い循環が作れる方と

同じご指導でも積み上げて行かれると

遣り甲斐もあるのではと思います

Satomi
タグ:Man
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記