*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2017年12月14日

色の効果


一見、あまり気にしないで過ごしていましたが

改めて、色の効果というのは大きいんですね


オランダで自殺者が減ったのは

カラーセラピーの効果を入れたからだそうで

日本の姉妹都市でも、同じように対策を始めたそうです



ずっと昔の話ですが

疲れてしまってエネルギーが足りない時には

「日展」の工芸のエリアに好んでお伺いしました


ものすごいカラフルで

形もクリエイティブそのものぴかぴか(新しい)

生き生きと自己主張している様が

溢れるような生命の躍動のようで、面白かったです


もぎたての南国のフルーツのように

ビビットでカラフルな色の洪水の世界から

沢山のエネルギーを受け取るので


元気をたっぷり頂きましたね




DSCF3867.JPG


特に、その日に自分が着て行く洋服や

持ち物のカラーなども


その瞬間に自分が必要で欲している何かを

補おうとして、無意識に選んでいるので


色によって助けられているのですねブティック


試しに、その日の気分でない色の服を

あえて選んで着て、お仕事に向かってみた日がありましたが

やはり、微妙に居心地が良くないというか

どうも何かが違う・・・という状態で一日を過ごしました



色を選ぶ意味としても

プラスの部分とマイナスの部分がありますので


もしも黒ばっかりになってしまう時は

特に精神状態が良くないサインだそうですから

早めに対処した方が良いそうですよ目



気持ちを明るくしてくれたり

ふわっと癒してくれたり


またジューシーで綺麗だなと思う鮮やかな色

愛らしいマカロンのような、柔らかいパステルカラー

素敵だなと思いますリボン


体を温めたり、心拍数を上げたり

そんな効果もありますから

色は心にも体にも効果があって、面白いですね晴れ

Satomi
タグ:color
posted by satomi at 23:57| Comment(0) | Health

代償行為ではなく 2


心の自然な機能は、自分を守るために

発動するものでもありますね


代償行為も(※満たされない思いを他の事で満たそうとする)

そのものに悪だとか何かがある訳ではなくて


もし今、自分がそうなってしまっているなと気が付いたら

本当に心の底では、何を必要としているのか

根本的な問題を発見して


生活と心の在り方を整えて

自分の人生を改善していくエッセンスだと思うと

上手にお付き合いできるのではないでしょうかわーい(嬉しい顔)



音楽関係の教育機関で一時期、専任の講師をなさっていた女性が

卒業生の「プロになりたいけど仕事が取れない現象」について

やはり同じような観点の結論を出していらっしゃいましたね

(もっとガツンと厳しくお話されていましたが・・・笑)


IMG_20161213_074457.jpg


表面的な要望としての

演奏家としてのお仕事が欲しい、という表現ですが


ではステージに立つ、演奏をする人として在る事で

いったい何が欲しいのか、何を求めているのかを見ます


ほとんどの場合は

演奏家になることは、その方にとって

特別、必要ではないことが多いように思います


例えば、人からチヤホヤされたい、注目されたい

自分の価値の無さを賞賛されることで埋め合わせたい

人から構って欲しい、褒められたい

自分に何もないので立派に見られたい

活躍している出来る人に見られたい


色々と根底の要望が出て来ますが

その「欲求」や「快感」を満たそうとして

音楽を道具、いわばツールとして利用することで

解決しようとしていますので


現実的に言っても

お仕事にはそんな特典はありませんから(笑)

どこまで行っても解決しません


主旨のズレた「夢」と語られるそれらの希望は

本質ではないですからね


演奏して褒められたとか、注目されるかどうかは

結果として付いてくる、小さな小さなオマケです


自己価値を埋め合わせるとか

承認欲求を埋め合わせるツールとして捉えたら

音楽の仕事は成立しません



音楽が好きな方、プロの方達の好き加減は

凄いものがありますので

生きる為になくてはならないレベルの好きではないかと思います



件(くだん)の講師の女性は、こう質問なさるようです

「ねえそれって、音楽じゃなきゃ駄目なの?」


主旨の違う欲求を音楽のお仕事に求めて

何十年経っても、当然それが叶う術もないものですから

そうして大事な一生を棒に振ってしまうのではなく


ちゃんと本質を見て

自分は何を求めているのかを見極めて

それに合った進路を選ぶ、生活を選ぶのが


豊かで幸せな進路になるかと思いますね


いつでも自分を良く見て、自分と相談していないと

簡単に道を誤ってしまいます


それは不幸ですし、周りの関わる人達も巻き添えにして

不幸に落としていきます


自分の心に耳を澄ませて聴くことが

幸せに過ごしていく為の

最初のステップですねプレゼント

Satomi
タグ:Humann
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | Health

代償行為ではなく


音楽は聴く方を人を幸せにしますぴかぴか(新しい)


演奏する本人であっても、音楽の素晴らしい力で

大きなギフトを頂ける場面がありますわーい(嬉しい顔)


演奏家として人生を歩んでいらっしゃる他の方達も、同じように


舞台裏では、たとえ大きなご苦労をされても

その先にいつも美しく素晴らしいギフトがあって

それを大切になさっている事と思います


楽器の種類に関わらず、ご自身の生き方として

真っ直ぐに前を向いて、時々の困難を越えながら

実績を積み続けていらっしゃるのは


凛とした美しさがあると思いますね本


IMG_20161218_151322.jpg

(Poland)


音大生から、卒業されて10年、20年、30年と

長年経つ方達に至るまで

特に演奏を仕事にしてみたいと願いながらも

現実では、ままならないと言う事はとても多いです


その方それぞれの音楽とのお付き合いが円満で

バランスの取れたものであれば、大成功だと思います


全ての方が、オペラ歌手になる必要はありませんし

コンサート・ピアニストになる必要もありません


その方にとって、資質も含めてベスト・ポジションを探すのが

一番、幸せな音楽とのお付き合い方法になりますわーい(嬉しい顔)


希望を持っているけれど、現実が全く伴わないと

深く悩まれる方の場合は、まずは音楽の才能の云々ではなくて

多くの場合、自分自身の持つ力や能力に対して

どれだけ上手に引き上げて行く努力を自分で出来るのか


どれだけ質と量、モチベーションや熱意も含めて

自分の携わる楽器や演奏活動に注ぐことが出来るのか

というプロとの差を考えて行くと良いかもしれません


出来ないんです〜お仕事来ないんです〜と嘆いてしまう

ほとんどの案件の場合は

お話を伺って、客観的に見てみると

努力不足、モチベーション不足が当面の結果として出ているだけで

音楽の才能についての有る無しではないように思います


もし素晴らしい才能があったとしても

何もしなければ永遠に花開かないですからね


演奏家として成立するには

頑張っている質と量ともに“圧倒的に”やらないといけません


では、どうしてそこまで頑張れないのかという件に掘り下げて行くと

音楽であったり楽器を演奏する事が、その悩まれる方にとって

“何かを得たいと思う二次的な手段”でしかない

そんな場面が出てくることがありますね


それほど音楽が好きな訳でもなく

楽器が好きでもない、という状態ですから

さほど好きでないような事に

情熱を燃やすなんてありませんよね(笑)

お仕事にならないのは、外から冷静に見ればごく自然です



さて、その二次的な手段と言うのは

求められなかった何かを補うための

「代償行為」としての音楽ということです


ふんわりされている場合は、特に大きな問題はありませんが

時に、とんでもない悪質なトラブルメーカーとして

君臨するような人物が、音楽関係は生まれてしまいます


ステージは華やかです、眺めていれば憧れを生む側面があります


具体的には“人から注目されたい”とか、“人から賞賛されたい”

“自分を認めさせたい”など

ご本人の欲求を解消するために、音楽に携わろうとするケースなのですが


現実に欲求不満は解消できませんし

お仕事の世界は厳しいですから、賞賛もされません(笑)

残念ながら、すでにご本人の要望と業界は合致しないのです


そういう、ちょっと迷惑な状態で


(いや、関係者からすると相当に迷惑で

非常に困っているからこそ、あちこちで問題を起こしていて

対策を練らなくてはと、話に上がるのですが)

音楽のフィールドに、おかしな殴り込みをかけにくる方が

時折いらっしゃっいます


各場面で、真面目に音楽でお仕事なさっている方達からすると

凍り付いてしまう、被害も大きくてビックリするくらいの

トラブルメーカーが荒らしに来るのですあせあせ(飛び散る汗)


ご本人が賞賛されたいのは、今すでに誰からも賞賛されていないからです

スターになりたい欲求は、他者から相手にされていないのが

現状としてあるからですね


それも掘り下げると

ライフスタイルとしてごく普通に良心的に生活していたら

身近な人からも愛されますし、お仕事でも心から信頼されて

必ず近い方からは好かれると思いますので、満たされます


満たされないのは、ご本人が自分勝手に酷い事や迷惑をかけて

人を巻き混んで大変な目に遭わせながら暮らしていて

人から嫌われていることの裏返しなのです


人は鏡ですからね


そこを音楽の力で、力ずくでのスター気分を味わって

ご自分のマイナス面を無理矢理に満たそうとしても

根本の用途が違いますから、成立の仕様がありません


この案件に当てはまるトラブルメーカーさんは

同業者から軽蔑されるほど技術も未熟で、必要な努力もしないで

現実的には、アマチュア程度の力量しかない

もしくは学生よりもはるかに下手だと周囲から悪の定評があるのに


あいつの態度は何故か、ものすごく尊大ふらふら

という共通のコメントが苦情として出てきます


中身があれば、必要以上に偉ぶるなんて要りませんよね

私は実力も伴わない嫌われ者ですよ、と

自分自身で表現している振る舞いに過ぎません


お聞きしていても、拝見しても

これはすごく分かりやすいです(笑)


音大などで成績も悪くて、素行も悪くて、必要な勉強もやらないで

残念ながら人間的にも嫌われている学生を経た方ほど

卒業してからも、自分の「負の欲求」を力ずくで満たそうとして

問題を起こします


音楽表現と欲求不満の解消は、まったくベクトルの違うものです

お聴きになる受け手にも、ご一緒する仲間にも

不快感を与えてしまうだけで、実は生産的ではないのです



音楽も、舞台でスポットライトを浴びる姿も

表面だけ見ていると、素敵でキラキラしていて

羨ましいスターのように見えるかもしれませんが


そこに「代償行為としての慰め」を見出しても

出発点がずれてしまっていますから、解決はいたしませんね


第三者に気持ちよく聴いて頂ける音楽を提供することで

対価を得てお仕事としています

そこには、元から自分の都合は関係ありません


人間のドロドロした醜い部分ではなく

もっと昇華された世界に到達していると

心を打つ美しい音楽が奏でられます


特に活躍されている方達の取り組みは

完全に滅私奉公としか言えないほど、ひたむきに真剣で

自分の欲もなく、献身的に音楽や勉強にのめり込んでいます


それ故に、出来上がった作品に対して

受け手の心が震えるとか、感動するものではないかと感じます



音楽で代償行為をしようとしても、上手く行きませんから

それよりも、何を改善して自分は何を求めているのか

根本的に自分を良く知る事が

まずは幸せに暮らせる第一歩ではないかと思います


円満なお付き合いができる良い方が一人でも増えていけば

また変わって行きますね

Satomi
タグ:Humann
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | Health