*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2017年12月14日

代償行為ではなく


音楽は聴く方を人を幸せにしますぴかぴか(新しい)


演奏する本人であっても、音楽の素晴らしい力で

大きなギフトを頂ける場面がありますわーい(嬉しい顔)


演奏家として人生を歩んでいらっしゃる他の方達も、同じように


舞台裏では、たとえ大きなご苦労をされても

その先にいつも美しく素晴らしいギフトがあって

それを大切になさっている事と思います


楽器の種類に関わらず、ご自身の生き方として

真っ直ぐに前を向いて、時々の困難を越えながら

実績を積み続けていらっしゃるのは


凛とした美しさがあると思いますね本


IMG_20161218_151322.jpg

(Poland)


音大生から、卒業されて10年、20年、30年と

長年経つ方達に至るまで

特に演奏を仕事にしてみたいと願いながらも

現実では、ままならないと言う事はとても多いです


その方それぞれの音楽とのお付き合いが円満で

バランスの取れたものであれば、大成功だと思います


全ての方が、オペラ歌手になる必要はありませんし

コンサート・ピアニストになる必要もありません


その方にとって、資質も含めてベスト・ポジションを探すのが

一番、幸せな音楽とのお付き合い方法になりますわーい(嬉しい顔)


希望を持っているけれど、現実が全く伴わないと

深く悩まれる方の場合は、まずは音楽の才能の云々ではなくて

多くの場合、自分自身の持つ力や能力に対して

どれだけ上手に引き上げて行く努力を自分で出来るのか


どれだけ質と量、モチベーションや熱意も含めて

自分の携わる楽器や演奏活動に注ぐことが出来るのか

というプロとの差を考えて行くと良いかもしれません


出来ないんです〜お仕事来ないんです〜と嘆いてしまう

ほとんどの案件の場合は

お話を伺って、客観的に見てみると

努力不足、モチベーション不足が当面の結果として出ているだけで

音楽の才能についての有る無しではないように思います


もし素晴らしい才能があったとしても

何もしなければ永遠に花開かないですからね


演奏家として成立するには

頑張っている質と量ともに“圧倒的に”やらないといけません


では、どうしてそこまで頑張れないのかという件に掘り下げて行くと

音楽であったり楽器を演奏する事が、その悩まれる方にとって

“何かを得たいと思う二次的な手段”でしかない

そんな場面が出てくることがありますね


それほど音楽が好きな訳でもなく

楽器が好きでもない、という状態ですから

さほど好きでないような事に

情熱を燃やすなんてありませんよね(笑)

お仕事にならないのは、外から冷静に見ればごく自然です



さて、その二次的な手段と言うのは

求められなかった何かを補うための

「代償行為」としての音楽ということです


ふんわりされている場合は、特に大きな問題はありませんが

時に、とんでもない悪質なトラブルメーカーとして

君臨するような人物が、音楽関係は生まれてしまいます


ステージは華やかです、眺めていれば憧れを生む側面があります


具体的には“人から注目されたい”とか、“人から賞賛されたい”

“自分を認めさせたい”など

ご本人の欲求を解消するために、音楽に携わろうとするケースなのですが


現実に欲求不満は解消できませんし

お仕事の世界は厳しいですから、賞賛もされません(笑)

残念ながら、すでにご本人の要望と業界は合致しないのです


そういう、ちょっと迷惑な状態で


(いや、関係者からすると相当に迷惑で

非常に困っているからこそ、あちこちで問題を起こしていて

対策を練らなくてはと、話に上がるのですが)

音楽のフィールドに、おかしな殴り込みをかけにくる方が

時折いらっしゃっいます


各場面で、真面目に音楽でお仕事なさっている方達からすると

凍り付いてしまう、被害も大きくてビックリするくらいの

トラブルメーカーが荒らしに来るのですあせあせ(飛び散る汗)


ご本人が賞賛されたいのは、今すでに誰からも賞賛されていないからです

スターになりたい欲求は、他者から相手にされていないのが

現状としてあるからですね


それも掘り下げると

ライフスタイルとしてごく普通に良心的に生活していたら

身近な人からも愛されますし、お仕事でも心から信頼されて

必ず近い方からは好かれると思いますので、満たされます


満たされないのは、ご本人が自分勝手に酷い事や迷惑をかけて

人を巻き混んで大変な目に遭わせながら暮らしていて

人から嫌われていることの裏返しなのです


人は鏡ですからね


そこを音楽の力で、力ずくでのスター気分を味わって

ご自分のマイナス面を無理矢理に満たそうとしても

根本の用途が違いますから、成立の仕様がありません


この案件に当てはまるトラブルメーカーさんは

同業者から軽蔑されるほど技術も未熟で、必要な努力もしないで

現実的には、アマチュア程度の力量しかない

もしくは学生よりもはるかに下手だと周囲から悪の定評があるのに


あいつの態度は何故か、ものすごく尊大ふらふら

という共通のコメントが苦情として出てきます


中身があれば、必要以上に偉ぶるなんて要りませんよね

私は実力も伴わない嫌われ者ですよ、と

自分自身で表現している振る舞いに過ぎません


お聞きしていても、拝見しても

これはすごく分かりやすいです(笑)


音大などで成績も悪くて、素行も悪くて、必要な勉強もやらないで

残念ながら人間的にも嫌われている学生を経た方ほど

卒業してからも、自分の「負の欲求」を力ずくで満たそうとして

問題を起こします


音楽表現と欲求不満の解消は、まったくベクトルの違うものです

お聴きになる受け手にも、ご一緒する仲間にも

不快感を与えてしまうだけで、実は生産的ではないのです



音楽も、舞台でスポットライトを浴びる姿も

表面だけ見ていると、素敵でキラキラしていて

羨ましいスターのように見えるかもしれませんが


そこに「代償行為としての慰め」を見出しても

出発点がずれてしまっていますから、解決はいたしませんね


第三者に気持ちよく聴いて頂ける音楽を提供することで

対価を得てお仕事としています

そこには、元から自分の都合は関係ありません


人間のドロドロした醜い部分ではなく

もっと昇華された世界に到達していると

心を打つ美しい音楽が奏でられます


特に活躍されている方達の取り組みは

完全に滅私奉公としか言えないほど、ひたむきに真剣で

自分の欲もなく、献身的に音楽や勉強にのめり込んでいます


それ故に、出来上がった作品に対して

受け手の心が震えるとか、感動するものではないかと感じます



音楽で代償行為をしようとしても、上手く行きませんから

それよりも、何を改善して自分は何を求めているのか

根本的に自分を良く知る事が

まずは幸せに暮らせる第一歩ではないかと思います


円満なお付き合いができる良い方が一人でも増えていけば

また変わって行きますね

Satomi
タグ:Humann
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | Health

2017年12月13日

コピー譜


平積みしたまま、どんどん高さが出て

50p近くになったコピー譜の塊が3か所になったので

整理しなくては〜と思いながら


まずは、ざっくり分類した状態のまま

しばらくお仕事が落ち着くまでは着手できませんので

本屋さんの在庫のようになっています本


お陰様でスペースはありますので

楽譜&資料置き場としてのお部屋が8畳

なるべく広さを保ったまま使えるようにしたくて

平置きの棚は増やさない方向で、使っています


目標としては、棚からあまり出てしまうようなら

使わないものを処分する方向でキープしたいなと思います


全て弾き終わった楽譜なので

そこから出して使うことは、ごくたまにしかなく

新しいお仕事は、常に新しい楽譜でどんどんやって来るので

一応は、困る事はありません


IMG_20161219_171847_1.jpg

(Poland)


先日も、ヴァイオリニストの子とお話していて

彼女はご夫婦共に音楽関係者なので

やはり楽譜の量が、半端ないそうで(笑)


「断捨離しなきゃー!」

と言いながら、帰って行きました



人によっては、それこそ図書館の資料室のように

天井まである本棚が何本も入って


6畳のスペースが、狭い通路を作る配置で

アリの巣のように埋め尽くされているお部屋も

見たことがあります家


逆に、お片付け上手なミニマリストさんの演奏家さんは

どうしたらこんなに少なく配置できるのか

尊敬するほど、コンパクトです


データ化すると、もっとコンパクトですね



防音施工の、皆さんのお部屋をお写真で拝見すると

作り付けの棚に、上手に配置されていて

綺麗に片付けてらっしゃいます


平均的な、それらのお写真の量に比べたら

自分の範囲は、まだだいぶ少ないですが

コピー譜は常に増えていきますので

定期的な、整理整頓は大事ですね


ミニマリスト仕様の方の素晴らしい才能を見習いたいです

Satomi
タグ:Piano
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告

2017年12月12日

笑いのエッセンス


演奏しながら、次の進行のキュー出しをお願いしたところ

大阪ご出身のUさんは

そこに見事な顔芸を付けて、キュー出しをして下さったものだから


演奏しながら、思いっきり吹き出しそうになり

必死にこらえつつ、弾き切りましたダッシュ(走り出すさま)


全く予測していないところでギャグが入って

全身全霊の顔芸のパワフルさに


いかなる時であっても

笑いの心を忘れない・・・どころか

しっかり全力投入してくるところに


立派な大阪人魂を感じましたひらめき

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 活動報告