*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2017年10月12日

やってみると案外大したことない


例えると、跳び箱を目の前にしている時のような

そんな状態がイメージに浮かぶのですが


うーん、この高さじゃ飛べないんじゃない?

走ってぶつかる気がするんですけど?

と、思いながら飛びに行くような時がありますパンチ(笑)



さすがに、モンスターボックスのような23段とか

ピカピカのアスリートでないと難しいものだと

一般の腕前程度では、全く飛べないかもしれませんが


まずは、小さな段に進んでみて

それが出来るようになったら、1段上げて

さらに飛べたら、もう1段上げて・・・


というのを地道に繰り返していけば

最初にぶつかるかも?と思っていた壁は


なんだ、大したことなかった!と

自分で気が付くようになりますね



DSCF3966.JPG

(薬師寺 西塔)



生活の中や、お仕事の上でも

新しい事に向かわなければいけない場面が、沢山出てきます

(私はフリーなので、特にそうです)


慣れ親しんだ事だったり、簡単に見通しが付くようなら

ほとんど何もエネルギーも使わず、楽にこなせるのですが


新しい人と組む、新しい現場で活動する、新しい内容をこなす

新しい企画を興す、新しい・・・(以下、続きます)


そんな、今までと全く違う事の中に飛び込んで

さらに成果を上げなくてはいけません

何倍も新たなエネルギーがかかります


さながら、初めて自転車に乗れるようになるまで

何度も転びながら練習する事と同じで


「初期設定」は、何もない所から

手探りで自分のスタイルを探していかねばなりません

無意識にこなせる事に比べて、とても多くのエネルギーを使います


でも「最初の一山」なんですよね


イメージでは手ごわそうな跳び箱を前にしていても

案外、飛んでみたらそうでもなかった

それを何度も繰り返して、成長していくのかもしれません



小さなことでも

あえて新規開拓に飛び込む勇気を持たねばと

幾つかの場面において

積極的に飛び込んでいる事があります


動き出すまでは、ちっとも軌道に乗らないし

何だか見通しが立たないしで(笑)

あれ?跳び箱の段が高すぎたのかな?と言う気がするのですが


必要なのは、今までの自分の範囲から越えて

新しい場所に飛び込んでいく力を徐々に養う事だなと思います


そうしていくことで、いつも新しい出会いがあり


それぞれに活躍する専門家、そのセクションの「プロの技」を

一緒に活動しながら見せて頂いて、自分もそこから学ぶ機会があり


今までとまた少し違った視点を持てるようになる

そういう勉強の場面にもなります


プロ意識の高い方とご一緒できるのは

とても有難い事です


まずは跳び箱を越える勇気なんだなと思いますね


飛んでみたら、案外

大したことないのに気が付いたりします手(グー)

Satomi
タグ:Life
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記