*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2017年08月06日

富める者と貧しき者


『富める者は、益々富み、貧しき者は、ますます貧しくなる』

これは、マタイ伝から来た言葉なんですね


最近の演奏家のお仕事事情の話の時に

まさに上記のような事だなと思って聞いていました



信頼してお仕事をお願い出来るような

レベルも人柄も良い、真面目で責任感もあって

仕事がデキるタイプで、気配りのできる演奏家は

普通にお仕事が来ます


でももし、そうでない場合は


つまり言われた最低限の事だけやってれば良いや精神で

実は最低限のレベルにも到達していないのに

サボるのや手抜きは天才的で


又はろくに仕事が出来ないのに、プライドだけやたら高いとか

適当にやられると主催者様に損害が出ることを無視しているとか


上手いこと楽して美味しい仕事が欲しいんだよねと

日々の自己研鑽すらしていない、と言う場合ですね


まともなご依頼は、全くと言っていいほど来ないです

(自然現象ですけど・・・)


そんな現実に対して

「最近、仕事ホントに無いよねー!」とか

「仕事、来ないよね〜」と話しているそうなのですが


音楽のお仕事としては、おおもとの絶対数が減ったからと言っても

努力して勉強もして、責任を持って何をすべきかを

キチンとこなしている演奏家には

十分に依頼が来ている人のところにはあります


人を見て、頼むものですから

その差が顕著に表れます


“えー、あなたの何倍も仕事来てるよ?

あなたに来ないだけだよ”


・・・って、言ったら元も子もないから

「上手い事、黙っていました!」


というお話をお伺いました(笑)




IMG_20161218_204615.jpg



自分のウィークポイントを、しっかりと探して

それを受け止めて、改善しようという意思のある人は伸びますし

やがて信頼されてひとかどの奏者になると思います



もし来なかった時に

自分の取り組みの何が原因なんだろう?と探したり

他の人からアドバイスを受けようと受け止める人は

解決の兆しがあると思います


真剣に音楽をやっていこうと思っていそうな方には

(主に若い子ですが)


こうやると、仕事がくる

こうなってしまうと、仕事は来ない


と言うのを、具体的に説明します


選ぶ方の人間が具体的に優劣をジャッジしているのですから

演奏もできて、人柄も良くて・・・と戦力になる演奏家が

より多くの仕事を取るのは当たり前ですね


さらにお仕事が増えれば、経験を積んで益々上手くなっていきますから

プラスの相乗効果が起こります


ただ、ちょっと人気が出たとしても

傲慢だったり思い上がってしまえば、一瞬で信頼はなくなります

すぐ仕事は来なくなります


そこのところはシビアですが、大事なことです

沢山あったものが急に無くなるとしたら

何らかの深刻な原因があるから、来ないものです



「お仕事の来る来ないは、自分の取り組みの責任だよ」と言うのが

30歳を越えてなお、良く分かっていなかったとしたら

もう挽回はできませんから


ぼやきがあったとしても

あまり触れないように努めてスルーします



実際に大人になってみると

ちゃんとプロになって勉強を続けて

自分に厳しく、レベルアップしていく人は


渋谷のスクランブル交差点で行き交う群衆の中のごく数人です

(一回の青信号で平均4000人だそうです)


とは言え、大人の視点からすれば

例えば、お子さんが生まれてそれが我が人生の宝になって

自分自身のピアノ云々よりも、もっとお子さんが可愛いからこそ

音大の栄光よさようなら、でも良いと思います


音楽では食べて行かれないから

飛び込んだ別業種が、自分の性格に合っていて

これが私の転職だわ!と言う子もいましたし


各自の最もふさわしい舞台で

力を発揮すれば良いと思います



問題は、どこに行っても

怠慢、うぬぼれ、自堕落、妬み、文句の天才的才能を発揮してしまうと


音楽だろうが、よその業種だろうが、ご家庭だろうが

「富める者」のカテゴリーには入れません


というのを、忘れてはいけないなと思いながら

次の譜読みにいそしみますダッシュ(走り出すさま)

Satomi
タグ:Music
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 活動報告