*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2017年07月02日

好きかどうかは行動で分かる


演奏をするしないに関わらず

人って、様子を本当によく見ているものですから


演奏家ではなく、別のセクションの方からも

会話の中で上手い下手の話が、サラッと出てきました目



総括の立場にある男性と、20代の女性の方が

一緒に同じ感想を述べていらっしゃいましたビル



私が色々と、空き時間も弾いているところにやって来て

お話していたことですが


何人か、同じ楽器の演奏者を見ていても

上手い人は、打ち合わせやリハーサルが終わると

楽器のところに戻って、練習などしている


言って見れば「オタク」なんだろうけど?(笑)と話します

(そのオタクの要素が大事なんだと話されていましたが)


プログラムの曲の確認であったり、私などは

他にも色々とリクエストのネタ探しで

あれこれ練っているのですが本


とにかく、楽器に触っていると


客観的に見て、そうだろうと思いますが

演奏する前は、触っていた方がほぐれるので

かえって一曲だけ突然弾く方が、しんどいです



もう一人、同じように上手い人が居て

彼女もずーっと弾いてる、との話をしていて

また楽器の故障や設定についての対処が、的確で素晴らしいと

(私はお会いしたことのない演奏家さんですが)

褒めていらっしゃいましたかわいい


対照的に、リハで合わせる以外は

一切楽器にさわらない、楽屋に戻ってゲームをしているなど

そういう方がいらっしゃるようなのですが

「みんな、すげーヘタっぴだ!!!」と、仰っています(笑)

(言い方が面白かったです)



弾くのが、ただのやりたくない義務で

最低限だけやって、後はさっさとギャラ貰って帰りましょう

という態度が、ありありと出ている

と話して言いました


総括は「好きかどうかだと思うんだ」と見解を述べていらして


本当に楽器や音楽が好きな人であれば

楽器が空いていれば、触りに来るだろうし

必然的に上手くなっていくよね


と、まとめていらっしゃいました



DSCF3816.JPG



勿論、無意味な練習だと、力にならないかもしれませんが

相対的に言っても

従事している質量や時間が

スキルの上手下手に直結していると思います



どの位、楽器が生活の中に占めるのかは

人それぞれだとは思いますし

誰かに強制するようなものでもありませんが


少なくとも、お仕事上のお役目がありますし

適当な態度で向かうのは

他の関係者とか、お客様にとっては

ご不快なんだろうなと、ちょっと思いながら


気を引き締めて、取り組みたいと思います

Satomi
タグ:organ
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 活動報告