*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2017年07月20日

最後は人


オペラのように、大勢の出演者が集合する場面は

お仕事慣れしていて、スマートに何事もこなせる方達が

集まるようならスムーズに行きますが


功名心や見栄など、心に巣食う黒い感情が

剥き出しになっている集合体になると

音楽を行う媒体が整わないままに、準備をする形になります


当然、トラブルも多くなります


歪んだ在り方で集まっている場所は

それはそれは、歌う人にとっては苦しい環境に思います

(よく聞きます)


切磋琢磨したり、目標に向かって内容を高めていく為の

厳しい稽古なら、そこには向上の希望がありますから

どんなに大変でも乗り越えてやっていけるでしょうけれど

ちょっと意味合いが違ってきますからね



ウユニ塩湖 宮崎大輔 3.jpg



良い人と組んだ方が良いです


今や、技術的にレベルの高い演奏者は

かなりいらっしゃるので


物事にどういう姿勢で向かうのか

人間性が結果を決めてくる場面が多いです


認められた方が嬉しいかもしれません

でも、それを周りに過剰に求めるのは弱さです


人より上手く歌えた方が、栄誉ではありますが

周りで頑張っている同業の足を引っ張るのは主旨が違います


感情的な部分も、どこかにある黒い部分も

それらはみな、自分の心の中で消化しておくことで

やみくもにぶつけて迷惑をかけることではないですから


目的に向かって、純粋に力が出せるのが

音楽の世界でも仕事の出来る人ですし


上手く行くか、行かないか

公演が成功するか、しないか


みんな人で決まって来ます

最後は人です

Satomi
タグ:Music
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 活動報告

2017年07月19日

人と対峙して推し量る


自分の実力、能力、今の有様は

たった独りでは推し量ることはできません


必ず、第三者との接点が無数にあって

そこから発見することとなります


それが誰かの演奏であったり、書籍や映像であったり

思想であったり、発言であったり、会話であったり・・・


色々な場面から、推し量る材料を得ることとなります



殻に閉じこもって、出て行かなければ

小さな器の中でのお山の大将になってしまいますから

狭い狭い人間になっていきます

それでは得るものも無くなってしまいます



日常的な人間関係としての接点の広さと深さは

自分自身を、磨いてくれる糧となるのではないかと思います


情報や経験が多くあるのは

また上手く行かない時があろうとも

改善しながら積極的に進もうとするのも、大事な事ですね

Satomi
タグ:Life
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | Messenger

2017年07月18日

バガボンド


宮本武蔵を主人公とした、人気の漫画

「バガボンド」を思いがけなくお借りして読みました


かなり冊数もあるので、まだ読み切れていませんが

作者の魂をガツンと込めたような

熱量の高い作品ですね・・・!



水墨画のように、筆で絵を描いていらっしゃるそうです

髪の毛の躍動に至るまで

気迫がこもっていました


お話そのものも、斬り殺す場面が頻繁に出て来ますから

グロテスクな表現が苦手な方は

厳しいかもしれませんが


生きるか死ぬかのやり取りの中の

極限までの緊張感が、作品にひしひしと現れていて


これを絵として塗り込めて行くのは

相当にエネルギーの要るお仕事ですから

凄いなと思いました


井上雄彦さんは、その前の「スラムダンク」から

大人気の漫画家さんですね

スラムダンクは、もっとコミカルな笑いの部分も交えながら

青春のドラマを光の当たる立ち位置から描いたようですが


このバガボンドの方は、打って変わって

地獄の底を這うような

怨念の輪廻の中、敵を斬り殺し続ける

そんなどす黒い闇に包まれている部分がありますね



井上さんは、屏風絵なども描いていらして

どれも気迫が凝縮されたような

力のこもった作品でした


うーん、骨太で凄いです・・・

Satomi
タグ:book
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記