*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2017年06月12日

苦手な意識が体を硬くする


インストラクターさんにアドバイスを頂いていて

ヨガのポーズで、どうしても苦手なものと

比較的やりやすいものとあるのですが

(これは人によって違いがありますよ)



片足で立ったまま、いくつかの動作を連結していきながら

バランスを保って数分立ち続けるのが現在の課題です


どこかで軽くこっそり脱落して(笑)

一瞬、立っていられませんムリムリと、足をついて

立て直しているので


それについて、アドバイスをお聞きしていました



「これ苦手なんだよねーとか、次に来るぞ!と思っていると

それだけで体や筋肉ががキュッと硬くなるので

ポーズを取りにくい状態になりますよ手(パー)


から、ご説明が始まりました


技術の前に心の問題よ、アナタ

と仰るわけなんですが(笑)

それって、演奏と同じことですね


「あそこえらい弾きにくいんだけども、もうすぐ来る」的な

構えが心にあると、まさに弾きにくいを見事に体現したような

残念な表現になりますから、要注意なのですたらーっ(汗)


頭の中に雑念が一切なく

心地良い風が吹いている状態が

一番、気持ちの良い表現が出来ている時なので


それは、お聴きになっている方も同じように

気持ちよく聴ける演奏となりますひらめき


演奏者の力みや歪み

はたまた「いいとこ見せてやろう」という

浅はかで余分な考えが(笑)

(↑ちゃんとしたプロはあまり持たないですけど)

もし少しでもあれば、演奏は上手く行きませんからね


常に、等身大です


自分以上の実力を発揮することなんて

そんな都合の良い話はありません


ピンチの時に、何か素晴らしく発揮されたと言うのは

普段から見えないところで準備しているのが

正しく披露されただけのこと



と、言うのを考えながら


具体的なバランスの取り方のコツも教えて頂きつつ

どの体の使い方でも

似たような事は起こるのだなと思いました目

Satomi
タグ:YOGA
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | Health