*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2017年05月04日

社会経験


「どれだけ気付くことができるか」

が、現場でお役に立てるか否かの一つの分かれ目かと思います


どの職業か多少の違いはあったとしても

30代も後半になると、セクション・リーダーだったり

マネージャーだったりのポストに就くような


職業内でのキャリアや、難しいお仕事

大変な案件をこなしてきた経験値や器があるので


気が付く範囲であるとか、さっと動ける機敏性

あとは、コミュニケーション能力も含めて

違いが出てきますね


即座に気が付いて対応して下さるのは

本当に有難く、助かります




気が付くか否かの分かれ目は

実戦に身を置くかどうかで決まってくることで

実年齢の微妙な上下というのでもなく


ほんわかした、特に何もしなくてもとがめられない環境だと

緩やかでリラックスした特典はありますが

(それが理想郷の場合もあると思いますよ)


同時に、そこで戦力になるようなスキルを磨くことは

出来ないように感じます


経験値と瞬発力、カンなどが働くようになるには


崖を渡っていくような緊張感のもと

責任ある事を任されて、正面からやり遂げていかないと

身に付かないですよね



自身の容量を越えて、詰めすぎれば壊れてしまいますが

適度に負荷をかけ続けていかないと


年齢だけ重ねて、何だか使えない人だなぁというポストに

いつの間にかしっかり追いやられてしまいますし


特に、自由競争の世界では

皆が成果をあげる為に必死になるので


同じギャラでお願いするとなると、お仕事が回ってこないですから

事実上、あっという間に失業に向かいます


一番、中心となって活躍できる時に

本気でやれば、それだけの成果があがる所を

人生セミリタイアなのは、もったいないですし


色々と考えさせられつつ、頑張らなきゃなと思いました



全部を捨てて、優雅に満喫するというのも

一つの望みだったり選択肢ですし


一気に稼いで、残りはビーチに家を買って

大好きな海を感じながら生活する、なんて方だっていらして


どんな方向性で何をやるのかは

その方その方の嗜好がありますよね


自分自身で納得できる環境に身を置くのが

ベストなんだろうなと思います


ただ、ある所で不便さがあったり、努力を要することでも

好きだからものともしないだけで

お気楽ご気楽な桃源郷は、あまりないと思います


「ありのままに」は努力の放棄とか怠惰ではないと思いますから


思い通りに行かないことを、受け止めながら

それでも自分ワールドを邁進していくのが

ひとつのテーマなのだろうと思います

Satomi
タグ:word
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 活動報告