*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2017年02月24日

譲り合い精神


全く同じことをしていても

相手によって、OKだったりNGだったり差が出ますが


そこは、関係性の中での信頼度だったり重要性だったり

日頃の行いの蓄積かと思いますね手(パー)



先ほどのお話に続きますが

決して、私そのものが常時完璧に温和なのではなく(笑)


パートナー様との関係性によって、気にならないだけで

信頼関係の無い相手だったら、やはり怒ると思いますね



我儘だったり身勝手とか、他人の迷惑になる事ばかりするとか

あとはセコい人とか、暴力的とか、そう言う方は嫌いですから

関わるのは、遠慮なくご遠慮させていただきますけれど


誰でも信頼関係が築ける訳ではありませんよね



そうです、こんな風に広大な心をもてたら↓

ウユニ塩湖 宮崎大輔 3.jpg

(ウユニ塩湖:宮崎大輔)



三井ホームさんのお打ち合わせで

大量の決め事と対峙している時に


デザイナーさんや設計士さんや、担当者さんや

業者で接点のあった皆さんが仰っていたのは


「伊藤様のご夫婦は、譲り合いしてますねわーい(嬉しい顔)

というお言葉でした



まあ、最終的には私の意見が優勢となるのですが・・・?(笑)



今!このタイミングで意見を言っておかないと

決まってからじゃ施工の変更はできないから

考えておきたいことがあったら、全部今のうちに発言してね!


本当にそれで大丈夫?遠慮して言わないとかナシだよ?


・・・と言うのを、パートナー様によく話していました本


条件が全て出揃って、そこから何を選んで何を削るか

一緒に考えていましたので



きっと、平均的によくあるパターンとしては

「俺はこれをする!」「私はこうしたい!」が

お互いに、全く相容れないまま


「一歩も譲らないからね!」と、冷戦状態になる所を


「まぁまぁ、ナントカ様、ここはこうされてみては如何ですか?」

なんて、宥めるのが業者様の立ち位置ではないかと黒ハート



そこから考えると

大変に平和だったのかもしれませんね



とても良い機会であり、良い勉強をさせて頂いて

大変な事も多かったので、期間中はてんやわんやでしたが


意見がまとまらない時には

何を重要視するのか、全ての項目で5段階評価のデータを作って


お互いの考えをグラフにしてみて

比較検討しながら意見の擦り合わせをしてみたり



「自分の幸せは何だろうか?」と言うのを

真剣に考えた時に


安心して快適に過ごせるとか

お仕事の利用で考えた利便性とか


実務的な重要度のほかに


「幸せでいてもらうこと」

が、大きかったのだと思います


自分の我がままを優先して、不幸にするよりは

何か小さな犠牲を払ったとしても

幸せに過ごせる環境を作る方を優先する


そんな意思があったのだろうと思います



そんな訳で、パートナー様は「ゆとり」と言われつつも

そこには精神的なゆとりだか悟りがあって

円満に信頼関係を築いています



個人的に言っても

我儘の正反対に位置する性格で


相手の幸せの為に、全部自分を捨てられる位に

思い切ったところがあるので


そういった面で、パートナー様を尊敬しますね

(他にも尊敬する所は色々あります)


別に捨てなくて良いので、自己実現したいことは応援するので

ちゃんとやりましょう、と言って

色々と伸びているところです

Satomi
タグ:Partner
posted by satomi at 04:37| Comment(0) | 日記

ゆとり区分


音楽関係者の皆さんとお話していて

家事の分担やらの話題で


「あー、もう!こんなところに靴下!」とか

「ちょっと、丸めたまま洗濯に出さないでよー」などで

喧嘩になったりしませんか?

という事だったんですが(笑)



お陰様で、あまり気になる事でもなく喧嘩にもならず

せっせと作業するのみで、ひとまず人数もそう多くないので

(これが一家で6人分!などでしたら話は別ですが)


“うちは平和です”

と、お答えいたしました家



あまりにも朝に忙しいときは

「干しておいて頂けると助かります」なるメッセージを込めて

カゴに入れた状態で、パートナー様の眠っている横にそっと置いて

意思表示をして出掛けることもありますが


頻度にして月に1回か2回です

(忘れたら忘れたで、あまり気にしません)



本番であまりに忙しい時にはヘルプをしてもらうのを

お願いしてはあります

(さすがに練習したいので、ルールを決めました)


普段は自分で賄っていますので

特にそれで喧嘩になることもなく


昔、学生を卒業した頃にも

「褒められたら僕は伸びるタイプだ」と言っていましたので?

適当に褒めながら、(適度にか適当にかはケースバイケースですよ)

ペースが定まってきたような感じです



すると、「褒められると伸びるタイプ」説に

女性陣が「うち旦那にそんなこと言われたら切れる(笑)」

と仰りながら


それも、良く分かる気がして

相手の性格によっては、私も切れるであろうと思いを巡らせながら

聞いていると



「伊藤さんのところは、旦那さん“ゆとり”(世代)だからよ」

その一言で、周りが納得(笑)



・・・すごい、ゆとりって魔法の言葉?(笑)

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 03:44| Comment(0) | 日記