*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2017年02月20日

お互いの関係のレベル


人間関係にレベルがありますよね


面白いもので

演奏は「上手い人」と「下手な人」が組んだ時に

一番、「下手な人」のレベルまで落ちてしまいます


いわゆる演奏のぶち壊し、みたいな感じになるのですけれど



人間関係も、同じようで

どうしても、低い方のレベルまで下がってしまうので


とにかく高くするように心がけていないと

自分より高いレベルの人達は

そこまで下がる事になってしまいますから


ピラミッドの段を上がっていくように

せっせと頑張っていくしかないですね



DSCF3786.JPG



ご夫婦で一緒になる時も


最初は同じレベルで、価値観も共有出来ていたのが

年月とともに、片方は大きく成長を続けて

もし片方がぶら下がるだけで依存したまま留まったときに


ある瞬間を境に、関係がもう成り立たなくなって

白紙に戻るケースが割とありますね



どちらも、お仕事などの環境が違ったとしても

人間的な成長を止めないように進めて

お互いに尊敬できる関係であり続けるのは

大事なことだなと思いました



パートナー様の成長率が、この数年すごい速さで追い上げなので

気を付けて精進しないとイケマセンね(笑)

Satomi
タグ:Life
posted by satomi at 23:17| Comment(0) | Messenger

目標に向かいながら


1月の、鈴木舞さんのリサイタルにいらっしゃった

お客様方から、演奏がとても素敵だったので

その演奏のCDが欲しいです、いつも聴いていたいですと


度々、メッセージを頂きますので


・・・準備しますダッシュ(走り出すさま)




Mai_DSC_0173.jpg


舞さんはお仕事の経験値も豊富で

1を言わなくても、10をご存じですから(笑)


やるべき事を掛け合わせて

「価値の創造」をしていけるのが

とても有難いです



しかも、精神的にもしっかりされていて

(タフでなければ、そもそも演奏家は務まりませんが)


どんな時でも、しなやかに答えを見つけていこうとする

推進力が素晴らしいです



実力を見据えて、言い訳など一切なく

そして自立されていますので

私は自分のやるべき事に集中できます



また、次のステップに何ができるかを一緒に作り出していけるので

演奏する本来の軌道を歩みながら、ステップアップできますから

アイデアも出して下さるし、色々と有難いのです


後半プログラムがお客様が特に泣いていたのですが

素晴らしかったので、また聴きたいと


いや、何度でも聴きたい!というリクエストですね(笑)

Satomi
タグ:MAI
posted by satomi at 22:52| Comment(0) | 活動報告

別の世界にお連れすること


緊張のお話に続きまして

「演奏」って、どんな事をするのかなと考えてみたときに


別の世界に誘う、お仕事でもあるんですね喫茶店



たとえ弾いている本人がどうであろうと


それはバレエダンサーの、足が痛いとか腰が辛いとか

そんな事には全く関係なく、素晴らしく美しい世界を演じるように


俳優の、どれほど長いセリフが覚えられなくて七転八倒しようが

涙を誘うような渾身の演技が、鮮やかに繰り広げられるように



見事な夢の中を、小舟がゆらゆらと揺蕩うように

何て素敵なんだろうね、と

味わって頂くことが


時に泣かせるとか、時に熱くなるとか、嬉しくなるとか

表情は様々ありながらも


別の世界にお連れすることなのですね



DSCF3793.JPG



素晴らしい演奏は、日々の糧になってくれて

私もいつも何か音を流しながら

過ごすことが多いですけれど


(そして最近は、舞さんのフルートとハープのCDを聴いていますよ!

朝に聴くと、すっと爽やかな気分にさせてくれて

とっても良いんですひらめき


弾くだけでなく

聴き手として味わう時も

音楽は良いなあと、思わせてくれますねぴかぴか(新しい)

Satomi
タグ:Music
posted by satomi at 21:59| Comment(0) | 活動報告

緊張のときは


緊張の質問が、時々あって

その都度お答えするのですが



まるで前後不覚になってしまうような緊張

ピアノを本格的に習い始めた高校生の頃は

発表会で、最初のフレーズが思い出せないぞ?と(笑)

恐ろしいまでの緊張を舞台袖で味わいましたが


当時は、それまでずっと慣れ親しんできた吹奏楽と違って

ピアノって、たった一人でステージに出て

何があってもフォローもなく弾かなきゃいけないですから


40人に紛れて、時々ソロ!やったー!という環境とは大幅に違って

やはりピアノの演奏は、最初は慣れなくて緊張いたしました



今となっては、それってどんな状態だったのだろう?

と、ピンと来ないくらい良く思い出せないので(笑)

一瞬、ご質問に上手く説明がつきませんでしたけれどあせあせ(飛び散る汗)


お仕事になると、完全に記憶喪失になるような緊張は

ほとんど無いですよ(当たり前ですよね、笑)


ヒヤッとする瞬間はあります

あと「緊張感」はありますが


記憶喪失になるまでの緊張をしていたら

とてもお仕事にならなくなってしまいますので

緊張しないで演奏することが前提になってきますね


(緊張しないで出来るまで落とし込むことが前提、と言うべきかな?)



Rose うかい亭.jpg



経験・・・毎日、お食事を作って頂くのと

同じような習慣になってしまえば


あとは、有事の際の対処が何パターンもあると

安心して事に当たれますから(笑)


経験はとにかく宝です晴れ



普段、ご一緒する演奏家さん方も

年間に本番が約100本ほどあるので

たとえそれが60分だろうが90分プログラムだろうが

ほとんど緊張はなさいません


全くいつもと変わらないテンションですわーい(嬉しい顔)



あと、演奏会だとお客様に楽しんで頂くものですので

ガクブルで緊張して前後不覚!になっていると

大クレームが来ますし

その段階で、演奏する資質がないと見なされてしまいます


(お客様から見ても、プロ失格でしょ、という感じですよね

緊張していると力が出せないですから

選考するにしても、落とされていきますが・・・)



楽しんで頂けるステージをどう作っていくかが

最初のテーマにもなっていますし


緊張よりも、もっとやるべきことがありますので

その部分が分かっているかどうか、もあると思います




他にも良く言われますけれど、緊張って

「実力以上に、自分を良く見せよう!」と思っていると

過剰に、緊張するそうです



欲張ると、緊張するんですね(笑)

Satomi
タグ:Music
posted by satomi at 21:35| Comment(0) | 活動報告