*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2017年01月08日

本音で語ること


すごく良いことや、とても嬉しいこともあります


プレッシャーでしんどいぞーとか

思ったように結果が伴わなくて、一から積みなおしで

あちゃーとなったり


お天気の日があれば、雨や雪の日があるように

良いことばかりでも、悪いことばかりでもありません


色々な日があります霧



毎日、良いことだけをしこたま頑張って収集して書いて

こんなに充実しています、もー私ってば良いことしか起こりません的な?(笑)

そう言う神みたいなのは、夢のようなおとぎ話じゃないかと思います


現実は、戦いの日々でもあります


なので、夢の国エキス濃縮還元100%な嘘を

書きたくないのもあり

(きっと自分で書いていて、それは嘘だー、全部嘘だーと

苛まれると思うのですね・・・笑)


ある程度、本音で書きたいと思いますね



人類すべてに好かれる事なんて不可能です

同じテーマでも、賛同したり反対意見だったり

合うものもあれば、合わないものも必ずあります



好かれるのは有難いですよ

そうして、仲良くさせて頂いている方達も沢山いらして

温かい言葉をかけて下さったり、応援して頂いたり

嬉しいなと思います



でも同時に、嫌われても構わないと思っています


自分のキャラがありますから、それが相手にとって合わないこともありますしね

あるいは考え方が合わないとか、そういうのも

お互いに大きく無理して合わせることもないと思うのです


条件が合致しないで、組み合わせが成り立たないことだってあります




IMG_20161217_141108.jpg



コンサルタントの服部さんという方が

本音についてお話されていました手(パー)



『本音で語るということは

良いものは良い、悪いものは悪い

おかしいことはおかしい

納得いかないことは、納得いかないと言うことを

ストレートに伝えるということです


自分の価値観と論理に基づいて



そうなると

大半の「本音」は「批判」ととられがちです


本音で生きていない人に影で指を指されて

顔も名前も明かさない人間に攻撃されます


でも、それだけのことです


本音で生きることで失うものは

本音で生きていない人たちだけなんですよ


このことに気づいていない人は多いです


なぜなら、本音で生きている人は

その人自身の本音をぶつけてくるじゃないですか』




本音で話して、そこから解決策を探したり

改善したり、何かを生み出したりしますが



たとえ本音をぶつけても

信頼関係があれば、壊れることもなく


いやむしろ、本音を出していかないと

進まないかもしれません


それが、お仕事の場面にしても

家庭生活、パートナーとの関係においても

そうかもしれませんね

Satomi
タグ:word
posted by satomi at 21:27| Comment(0) | Messenger

ただハイリスクですけど


お陰様で、スペックは恵まれました

名器と24時間弾くことができるホール音響のお部屋



音大を卒業して間もないころは

良い楽器が触りたい!と時折、何かの麻薬が切れたかのように

極上の音への欲求が高まる時があって


そんな時は一時間2000円とか2500円で

ベヒシュタインやベーゼンドルファーのスタジオをお借りしました


使える費用は当時の稼ぎでは本当に限られていて

せいぜい頑張って月に一回行けたら良い方でしたが


弾いた後に自分の体に残る、余韻の香りが

例えようもなく心地良いものでした



今は、それが毎日好きなタイミングで

どんな深夜だろうが弾くことが出来るので有難い限りです


ただそれは、相応の巨大なリスクを背負っているからで

費用に換算してしまえば

そのスペックに対する一日あたりの支払いは

一万円ほどになります


現行でベーゼンは一時間3000円ほどかかりますので

スタジオだと一日3時間ほど借りる金額でしょうか



IMG_20161218_135634.jpg



そういった価値観に理解を示してくれる

パートナー様のお陰なのですが


生活は、人並みの旅行〜とかお買い物〜とか

当然「やってる場合じゃありません」(笑)


ピアノ様へ全力投球しないといけないので

スペックの豪華さから、セレブなのかと時々勘違いされますけど


全部、自力です・・・!(笑)


そんな都合よくお金を出してくれるような両親も

祖父母も居りませんし(天国で見守ってくれています)

あらゆる事は、知恵と努力と2馬力で対応です



計画が進まなくて、糸口さえみつからない時は

建物を整えることは不可能ではないかと、めげかけましたけれど


歌い手さんで、お家を買ってご家庭を守っていらっしゃる方から

元気付けてもらいまして


「最初は私も、もうこれは無理だわー!と思っていたんだけどね

何とかなるの、しっかり探して頑張ってれば

どこかで何とか条件が重なる事が出てくるから、諦めないでね」


と、励ましてくれました



今は、逆に同じようにあと一歩で

ピアノ・ライフが実現するけれど・・・というピアニストさん方の

背中の後押しを致しまして


年賀状には

ファミリーで笑顔で映るお写真とともに

新しいお家とスタジオのご報告を頂いたりして


本当にそれが一番必要な方にとっては

進んでみる意味があると思います



ただ、ハイリスクですけど(笑)

Satomi
タグ:studio
posted by satomi at 20:02| Comment(0) | Messenger

マトリックス中


演奏しているように見えて

実は、静止して撮影しています


そしてこれを

「マトリックスみたいだ」と言いながら

撮影されていました(笑)



Mai_DSC_0570.jpg

音は出ていませんので

ジョンケージの「4分33秒」のようですね

(一楽章 休み 二楽章 休み 三楽章 休み)


しっかり演奏しているように見えます

Satomi
タグ:MAI
posted by satomi at 00:55| Comment(0) | Concert Salon

憎まれ役


このまま行ったら、エライことになるし

かなりまずいと判断すれば

シビアな意見も言ったりしますが


それは言った私が、憎まれることなので

夜な夜な丑の刻参り(平安時代?笑)されても仕方ないなと思って

発信しています


すぐ目の前の、一段目の階段を見ている訳でなく

そこから巻き起こる、四段目とか五段目のあたりを見て

かなり、やばいぞと気が付く事があります



こういった、流動的なお商売は

ちょっとした事で、命とりになる場合もあり


同業のジャッジも、皆さん当然厳しいです


見えていなくて勢いで突進すると

すごく危険な要素が各所にあって


その結果は、失敗でただ一時的に金銭を失うだけならまだ

挽回する手立てもあるかと思いますが


下手すると信頼とお仕事のすべてを失いますから


昨今の状況だと、もうほとんど挽回のやりようが

なくなる所まで墜落してしまいます


私が関与することが、依存になれば

そのまま良くない方へ向かいますし


一番とんでもない事態になる前に

どこかで釘を刺しておかないと

自らが崖から飛び降りるような事になってしまいますから



理解できる日が来なかったとしても

あるいは、何年とか何十年?面白くないと恨まれ続けることになっても


やっぱり言わなければいけない時はありますし

それで恨まれるのも、仕方のないことかと思っています


まぁ、憎まれ役は慣れていますいす

Satomi
タグ:word
posted by satomi at 00:42| Comment(0) | 日記