*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2017年01月07日

まずは明るく


演奏が終わった後に

プロデューサーさんが車で駅まで送って下さいました


場所が遠いので、すごく助かります車(RV)


私よりも流通システムや人材を把握されていて

楽器に詳しい方ですので、お話をお聞きしました


「災難すぎて話にならん」と言いながら

アドバイスを下さいました


帰り際に

「めげないように!」と励ましのお言葉を頂戴して


“大丈夫ですー、何とかします”

と明るく言うと


予想していなかったのか、笑っていました

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 22:43| Comment(0) | 活動報告

自立向け


イベント系って、水物なので

急に出現してみたり、消えてみたりします


「資金繰りが厳しいから

来年で終わります!」といって

予めこちらに親切に予告して下さる企画もあれば


一気になくなるのもあります


安定して続いているように見えても

あと3年くらいで、もしかして危ないかもとご相談を受けたり


とにかく、確定したものではないですから

流動するのがむしろ基本です



IMG_20161217_141108.jpg



いつもあるとか、やってくれて当たり前とかで

主催などにアレコレ文句を言っていられるうちが花で


大き目かなと思っていた会社さんでも

ある瞬間に、消えてなくなりますから



文句を言ってみたりギャラがどうとかよりも

(未払いなどはいけませんけどね)

自立して、活動する方が先決かと思いますね手(パー)

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 22:31| Comment(0) | 活動報告

母体の資金繰り


私はピアニストなので乗りませんが


12月は、大型のイベントがあるので

オケだったり合唱だったり、第九やメサイアのソロだったりと

本来なら本番の件数が、かなり多めの期間です


人によっては、月に10回は第九の本番で歌うとか

一週間、毎日が違った本番になってしまうような

売れっ子演奏家さんも、何人もいらっしゃいます


にも関わらず、このところ

いくつか大きな団体の、資金繰りがどこも本当に厳しくて

もうプロを雇う費用も捻出できなくなっているようで


「散々だったよ・・・ふらふら」という話題になりました


仮に10分の1に雇用人数を減らして賄うとすれば

残りのメンバーは、お仕事なしです



武蔵野の時の先輩トランペット奏者の

オケの依頼がこれまた凄くて(笑)


ファーストのご本人は、プロなので勿論お代はあったことでしょうけれど

「とりあえず、ギャラが出せないんですあせあせ(飛び散る汗)

生徒さんでも誰でも、音出せる人集めて下さい」


という・・・

それだと、スクール・バンドじゃない?本番、平気?(笑)

という魅惑のオファーが来てみたり


より予算削減の場合は

録音流すしかないですからね



資金繰りって、楽じゃないです

母体そのものが潰れてしまう事も度々あります



変に慣れっこになってしまうと

お仕事があって当然だー、やってもらうのが当たり前みたいな気持ちに

演奏者が、なってしまう事もあるかもしれません


私はフリーランスなので、どこにも所属せず

一回ごとの感覚ですので、当然だというのがあまりなく

契約先が消滅したりしますけど(苦笑)


どこでも母体の金策って必死なんです


特に、運営側とも繋がりが多いですので

どれほど大変な思いをしているのかも見ていますし

それでも力尽きることがあります



自分も興すので、キャッシュ・フローがフローにならないことも?

いやフローすぎて、諭吉様の姿を見なかったな

と思う瞬間もあったりするのですが


依頼先が消滅したら、お仕事の存在そのものが消滅するよ

というのを、どこかでちゃんと理解していないといけないですね


当たり前と、思ってしまうといけないです


何かに過剰に依存していてはいけないよ

という現実だなと思います

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 22:17| Comment(0) | 活動報告

予定調整


今は若手でも、抜群に腕が良い演奏家さんが増えました


演奏会、これは行ってみたいぞと思う演奏家さんがいて

直近のスケジュールだと、自分の予定と重なってしまって

上手くとれない・・・うーん


また次の機会を狙いますチケット

Satomi
タグ:one day
posted by satomi at 03:03| Comment(0) | 日記

手間あれこれ


幾つも案件に対処しなければいけない部分もあって

いつもに増して、手が足りないところがあるので


本番慣れしている舞さんは

演奏会にまつわることの、やるべきことをよく理解されていて

当たり前と言われてしまいそうですが

しっかり考えや行動も自立されているので


そのお陰で、手間が数十分の一になるところがあり

本当にこのタイミングで助かりますペン


天の助け?ですね


私自身が、勉強になることが各所にありますし


フルートの師匠が、60代にして

さらに「上手くなろうと思います」と仰り

その通りに、すごい進化をなさっているお話を

聞かせてもらいましたが


志を持っている演奏家さんは

留まることなくさらに素晴らしくなるという

立派な指針ですね


そうして、目標を持っているのは

色々なことが、上手く意味のある方向に

進むと思います晴れ

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 02:34| Comment(0) | 活動報告

低音の響き


ベーゼンは低音が豊かに鳴るので

弾いていると、なじんで音がグッと変わってくる辺りから

より低音が響き豊かになります



DSC_0392.jpg



何とも言えない良い音がしますねわーい(嬉しい顔)

Satomi
タグ:Piano
posted by satomi at 02:15| Comment(0) | 活動報告

遠くから


仙台から聴きにいらっしゃるお客様が・・・


すごい遠くから!



IMG_20161218_155657.jpg



前回も愛媛県の離島から8時間もかけて

来てくださった方もいらしたのですが


遠方からいらっしゃるのは大変ですが

ありがとうございますダッシュ(走り出すさま)

Satomi
タグ:Concert
posted by satomi at 02:07| Comment(0) | 日記

感度と繊細さ


フレーズの中での音色の微細な変化


色味がふっと変わる瞬間


時に何とも繊細な響きを作って

また勢いよく、音の流れを波のように駆け上がり


それがまたスッと表情を変える


遠くで鳴り響く、楽し気な舞踏会の調べを扉の向こうで聴く音

長い裾を引き摺りながら、夢見る幸せな時間の音


影が通り過ぎるように

現れては消える音



まるで目の前に、それらが浮かんでくるような

その音楽表現を

フルートで、紡いでゆく素敵さ




Mai_DSC_0517.jpg



舞さんは、とにかくカンが冴えていて

微細な音の変化に対して

変化球をとっさに利かせる技術の裏付けとセンスがあります



これらのカンとか、いわゆる感度の高さは

本番をこなしていると、冴えてくるもので


私も誰でも、演奏している人間はそうなのですが

もし仮に本番件数が少なくなってしまえば

無くなって鈍感になってしまうものです



いつも研いでおかねばならない剣のようで

それは自己研鑽の賜物です

Satomi
タグ:Fl.
posted by satomi at 01:35| Comment(0) | 活動報告