*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年12月07日

引き際のタイミング


演奏の場合は、本番の日が最終的な

いわゆる「締め切り日」となります


その日までに、求められるプログラムを

求められるクオリティで演奏できるようにしないといけません



この冬の時期になってくると多いのですが

人間なので風邪をひいたり、体調不良になることもあります


特に歌い手さんだと

「朝起きたら、声が出ない・・・!」なる事態の

風邪をひいてしまうこともあります



演奏のクオリティどころか

完全にアウトです(苦笑)



なので、大事なことは

「これは、本番に間に合わせられない」と判断したら

一刻も早く、代役を立てる事です



次にそれを受ける演奏家さんとしては

準備の時間もろくに無いですし

さらに大変思いをして、本番をこなさないといけませんから


お仕事を降りるときは

一日でも早く、ジャッジした方が良いのですダッシュ(走り出すさま)




でも、これが難しい時もあるようで

過去を振り返れば、卒業したての自分もそうだったのですが

しがみついちゃうんですよね


出来ないのに(笑)



そこには、土壇場で頑張れば何とかなる!と言う

甘い見通しと

(※何とかなったりしません)


それで良いと思ってしまっている

とても甘い見通しと

(※迷惑をかけてしまいます)


自分が出来ると思ってしまっている

自己の能力を全然、俯瞰できていない

全く甘い見通しの

(※分かってないってことなんですが)


極アマ、3段活用なのです




うかい亭 前菜.jpg




当然、降りたらギャラが無くなりますので

それが嫌だという気持ちも

すごくあると思います


チャンスを手放したくない!と

頑張る気持ちも分かります



でも、事態が危ない時には、かえって手放さないと

傷口が広がって重症になってしまうような場面もあります



そこをキチンとジャッジできるのが

大人の能力だと思いますね



方や「出来ます!」と言い張って

他は「それ、無理だと思う」の意見がぶつかっての

ゴタゴタに第三者で対応したりもしましたが


他でも、同じような場面があったりで


「求められる内容」と「自分の提供できる能力」の

折り合いが、全然ついていない感じがしました



自分の過去を振り返ってもそうでしたから

今では随分と変わりましたけれど


若くて未熟であればあるほど、どうしても俯瞰できなくて

しがみつきをして、大惨事になりますから


結局そうなると、無責任なことになってしまいますし

かえって信用を失う事態にもなりますねあせあせ(飛び散る汗)


出来ないと判断した時には

潔い引き際も大事ですね

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:45| Comment(0) | 日記