*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年11月22日

ナデナデ同盟


お家には、ナデナデして欲しい人が

お二人いらっしゃいますので


一人は、鍵盤のナデナデで

もう一人は、頭をよしよし、とナデナデです晴れ



しかも、面白い事に

両方とも一番心地よいナデナデの触り方が

同じような圧力の加減です


pから、mpの間の力加減です



一人は、倍音が豊かに良い音が鳴って

一人は、眠ります(笑)

Satomi
タグ:one day
posted by satomi at 05:35| Comment(0) | 癒しの楽園

フォルテで鳴らしても


1900年頃の、その時代の楽器と

ピアニストの演奏とを参考にしたくて

お話していたら


ドサッと素晴らしい音源を貸して下さった

バリトンの本多さんぴかぴか(新しい)


やはり、日頃から

その時代の演奏も良くお聴きになっているので

どんな現象が起こっているのか、ご指摘がクリアでした



ある段階まで、フォルテで鳴らすと

そこからは、どんなに強く叩こうが

ただ音が汚くなったり、割れたり

「悲鳴」になるだけで


より強く叩くというアプローチは

故障するしかなく

音楽表現としては、全く無意味だよね手(パー)


・・・と言う楽器の状態の

つまり音の様子から的確なコメントをお話されていました


歌い手さんですが、良く分かっていらっしゃいました


流石ですひらめき



うかい亭 アワビのバターソース.jpg

(アワビは音楽には関係ありません)


現在のダブル・エスケープメントのアクションは

強い衝撃に対して

吸収できるアクションだろうと思います



18世紀のモデルである

シングル・エスケープメントは


感度が抜群に良い代わりに

構造上、力がダイレクトにかかってしまうのでしょうね


これまでに一度も弦を切ったこともなく


楽器を壊したことがないので

感覚的に良く分からないので


間接的に、お勉強になりましたふらふら

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 05:27| Comment(0) | 日記

楽器との会話


ベーゼンは日によって、時間によって

はたまた、弾いているプログラムによって

好き嫌いだったり、体調の良しあしがあります



秋にサロンで行った、トランペットのリサイタルのプログラムでも

ちょっと大きめな曲は、弾ける日と弾けない日がありました


ガーシュウィンを練習したいなー

と、私が思っても


“どう?”と訊ねると

『今日はやだ』と仰います(笑)


そんな日は、違う曲を練習します




『何弾くの?』と

ちょっと楽しそうにしている時があったり


少しでもイライラしていると

『今、怒っているでしょう?』と言われたり


やたら得意な曲があれば

『それは好きじゃないです』と一蹴されるのもあり


以前は、腑に落ちない感じだったのに

『今日は良いよ』と言ってみたり


音符だけデータとして頭に入れようとすれば

『音楽やる気ないでしょ』

と、ご指摘を賜ったり


『歌いたい』という欲求を表現したり

時に深夜に愛を告白してみたり?



違い過ぎて、同じコンディションになる日がありません



とかく、何やら色々と話したいことがあるようですので

いつも聞きながら、足並みを揃えています


お付き合いしてきて分かるのは

訴えとか、時にわがままにも耳を傾けて


そうしたら、しょうがないね

と言いながらも、寄り添ってくれる


歩調を合わせてくれる弾き手が

好きなんだと思います


先日も

「ヤマハでけっこう練習して、良い感じに弾けるようになったので

ベーゼンで弾いてみたら、ことごとく酷い演奏になって

俺は、こんなに下手だったのか・・・!と

ささやかな自信を、全て打ち砕かれた」

と感想をお聞きしましたが


・・・良く?あることです晴れ

Satomi
タグ:Piano
posted by satomi at 04:21| Comment(0) | 活動報告