*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年11月01日

就活コートと店員さんの予言


音大時代の、奨学金の返済が終わりましたとのお話を

ちらちらお伺いします


学費がお高いですから

それこそ楽器がもう一台、買える額ですよね



おうちのパートナー様は、卒業後は

頑張って大分早めに完済しました


学生時代は、自分の学費を全部自力で払っていたので

私から見ていても、大変そうでした


アルバイトも6つ位やっていたようで

深夜も働いていました



お付き合いしていた当初、私の方はもうとっくに社会人ですから

収入も一応ありましたので

基本的に私がデート代諸々を出していましたが


人生の応援をしてくれる人が誰もいない

優しくしてくれる人も、安らいで帰れる場所もない境遇は

学生の時分ですから、余計に辛かったろうと思いますね



当時パートナー様が、就活を始めた年の秋頃

待ち合わせに、ヒラヒラの(安い)布地のスーツだけで

寒い中、現れました


こちらは、冬のコートに身を包んでも寒いほどの外気ですから

“え?どうしたの?コートは??”

忘れて来たのかと思って訪ねると、最初から持っていないと



買えなかったんですね



Ring exchange.jpg



翌日、立川方面へ演奏に行きました


長い道のりの最中に、そのことを考えていて

駅ビルに色々な店舗があるので

帰りに、就活用のコートを買うことにしました



とは言え、男性ものですから

サイズ感などがイマイチなので


店員さんにお話しして

スタイルの似ている男性の店員さんにご協力頂いて

あれやこれや着せてみて(笑)



これだと、おじさま風になっちゃうとか

もっと体のラインが出るようなスッキリしたデザインが良いとか

やりすぎて、入らなかったらどうしようとか?


担当の女性店員と、ワイワイお喋りしながら

似合いそうなコートを選びました



“女子のコートは、1万位から可愛いのがあるけれど

男子のって高いんですねー、4万は出費だーあせあせ(飛び散る汗)

すみません、分割で(笑)”

とか言いながら、笑って雑談している間に包んでもらっていると



店員のお姉さんは、突然手を止めて真っすぐこちらを見て

「わたし、その人と結婚すると思いますよ」

と仰いました



“は?いやいや、彼氏ですから(笑)

しかもまだ学生ですよ、結婚は全然考えてないです”

と言うと、再び


「んー、わたし、結婚すると思います」



突然買ってもらって、ビックリしながらも喜んでいた

その就活コートは

社会人になってからも着込んで、ボロボロになってしまったので

お役目は果たし終わりましたが



結果的に、店員のお姉さんの予言通りになってます本

Satomi
タグ:Partner
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記