*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年10月11日

一言に凝縮


パートナー様が最近お気に入りのインド料理のお店があり

そこが深夜の11:00過ぎまで営業しています


一日の営業時間の長さもさることながら、年中無休なので

「凄いね、頑張るねー」と話していて思い出しました




インドカレー・シークカバブ.jpg



今は皆さんお国に帰られてますが

以前に仲良くしていた、インドの方達に

複数の店舗を経営するオーナーさんもいました



日本人とインド人では

ちょっと習慣的に違う雰囲気の部分もありますね


感覚的に、分かりにくいこともあったようで

良く相談に乗っていました




記憶力も抜群ですし、日本語がとにかくペラペラ

書けないけど、話すのなら任せて!と言わんばかりの

ペラペラっぷりでしたが


たまには、書けるようにしないと!と言って

ちょっと日本語のお勉強モードの時がありました



まずは、ひらがなから!

と、短い文章をオール平仮名で送って下さいました


ある時には


彼の言いたい内容としては


「どこの店舗でも、料理人の味があるし固定客もいるから

スタッフが出来るだけ働きやすいように

なるべくお給料や暮らしている所の家賃も

キープしておきたいんだけどね


窯(タンドリー)に火を入れて、いつも熱しておくとか

お店の維持に関わる経費が、月にだいたい20万近くかかるんだよね


だから、売り上げをもうちょっと全体に

上げていきたいんだけどさ


経営って、実際にやってると

心労もあるしけっこう大変なんだよねーふらふら




という事を、言いたくて

メールで頑張って伝えようと、一言に凝縮されたのが

送られてきました




「おみそのうりあげ、たいへん」




・・・味噌問屋に鞍替えした?(笑)

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 13:53| Comment(0) | 日記

元気でいないと


歌い手さん方に囲まれて、お仕事をしていて

空き時間に、「薄墨のペンがない」と仰っているので

どうしたの?と見ると、お名前書きをなさっていました



どうも、オペラで普段ご一緒なさる

テノールの歌い手さんが、急に倒れて亡くなられたそうなのです

(謹んでご冥福をお祈りいたします・・・)


私はご一緒したことがない方でしたので

参列はいたしませんでしたが


声楽家同士は、どこかのオペラの本番で

皆さんつながっていらっしゃるので

夜にそれぞれ演奏が終わったら合流、という感じでご準備されていました




演奏家さん方も、中堅からベテランの年代の皆さんと

ご一緒いたしますので

30〜50代前半の年代になるかと思いますが


お若いのに、急に倒れて帰らぬ人となるケースが

最近多いですよね、という話題になりました


何とかさん、何とかさん、とお名前を挙げていらして

それだけでも6人ほどいらっしゃいました



バリトンよりも、テノールの歌い手さんが

やっぱり多いです


高音を鳴らさないといけないパートなので

それだけで、圧力がかなりかかるのです


もちろん、皆さん技術も磨いてトレーニングなさって

上手く歌っていらっしゃるのですが


それでも、肉体的にはかなり負荷がかかると思います



それに、重たいお仕事も引き受けたり

最近は要求される内容も、よりシビアに高度になってきていますから

その分、ご負担が知らない間にも蓄積してしまったのでしょうか



“みんな、元気でいないと

あとは、出来ることは今のうちにやっておかないと(苦笑)”

と言っていたら


メゾ・ソプラノの泉さんは

ふんわりと微笑みながら



「そうなのよね〜

ちゃんと!今できることを!って思いながら

明日になると忘れて、だらだらするの(笑)」



・・・オチですか?ダッシュ(走り出すさま)

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 13:16| Comment(0) | 日記