*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年07月22日

お財布拾得における反省文


コンサートホールで、お財布を時々拾得しますが


そちらはホールの防災センターとか、主催の関係者様にお渡しして

お預かり頂いている頃には、落とし主が慌てていらっしゃる事が多く

早めに解決します



外では

以前に、駅で男性もののお財布を拾ったことがあります



船堀の方だったんですが

都心の駅と違って、少しのんびりした場所ですから

誰も拾わず(あるいは不審物として避けられたのかも?)


演奏が終わった後で、さほど急ぎではなかったので

駅員さんに届けに行きましたふくろ



拾うと、一緒に中身確認をさせられるのですが

少しだけ現金と、何かの会員証やポイントカードとレシート


明らかに、リッチではない方がお持ちの(すみません)ご様子で

きっとこの辺りで、細々と働いていらっしゃる若い方なのかなと

気の毒になってしまって


お財布が無いと、明日からだいぶ生活困るんじゃないかなー・・・

なんて気がしながら

書類にサインしたり、書き込みをしました




「落とし主が現れない場合に、何割がお客様のところに行きますが」

的な事を言われたので


いいです、いいです、と断って

個人連絡先も断ったのですが


「落とし主が現れたときに、御礼を伝えたい事があるので

書いてほしいんですけど」とプッシュされて

連絡先だけ、記入して帰りました



そのお財布

鉄道警察から、お葉書がきて

「一週間経っても落とし主が現れません、警察署に移します」

と連絡が来ました




えー、一週間もご本人が探してないってこと?

それって、持ち主が急病とかあるいは急死とか、そういう話??

ちょっと気になっていました



そしてまた、10日ほど経って

月が変わった頃に


落とし主が見つかったようで

御礼のお手紙が来ましたメール



どうやら、学生さんだったようです



どこで落としたのか、ご本人も見当がつかなかったようで

あちこちご連絡はしたようなのですが

それが、上手くヒットしてなかったんですね



御礼のチョコレートの詰め合わせと一緒に入っていたお手紙には


落としてからの一週間

探したけれど見つからないし、お金はないし

外国人とかヤバい人達に、裏で悪用されてたらどうしようと心配で


俺いったい何やってるんだろう、と自己嫌悪しながら

学校でも落ち着かず、夜も心配で眠れず

絶望しながら過ごした様子が記述されていて(笑)


ああもう、このような事が二度と起こらないように

生活を見直しして、外出の際にはこうして

気を付けて暮らします


本当に申し訳ありませんでした!!




・・・って反省文?(笑)


私、上司じゃないんですけど

盛大な反省文を頂きました晴れ

Satomi
タグ:Man
posted by satomi at 21:50| Comment(0) | 日記

暗闇演奏


演奏中に照明が薄暗くなるのが、事前に分かっていたので

ペンライトを持って行きました


とは言っても、簡易的なものなので

軽くバッグに入る小さなサイズです



幸い、楽譜が置いてある譜面台の部分は

楽器自体に内蔵されている、台の下の小さなライトがあります


演奏する個所が、うすぼんやり見えます

(ハッキリは見えませんよ・・・笑)



ただ問題は、足元が見えないんです


オルガンは足も鍵盤になっていて

そこも常時演奏しますので、見えないと弾きにくい為

照明の補強をしたいなと思って持ってきました



・・・が



演奏開始して、照明がゆっくり落ちて


あれ?何かちょっと暗すぎない??と思ううちに

全消灯ー!ぴかぴか(新しい)(笑)

もはや肝試しレベル



小さなペンライトの光など、一網打尽の

漆黒の闇が迫って来ました


手の鍵盤も、ごくごくうっすらしか見えません



そして、足元は

膝の部分がもはや闇にのまれて

体の部分すら見えない暗さです



何にも見えないじゃないですか・・・あせあせ(飛び散る汗)



音のバランスとして、足鍵盤は入れて弾きたいので

あとは、さぐり弾きで

真っ暗だけど、この辺りに何の鍵盤があるハズ!と、弾き続け


本当は、テーマからまた動きのある展開に行きたかったのですが

とにかく見えないところで跳躍するのは

音を外してしまう危険が大きいので


うわー、展開に入れないしふらふら

とのジレンマを抱えながら、手元で少し音を補強しつつ

アレンジを入れて、そのまま乗り切りました




終わってから

「あれ、暗すぎません??」と他のセクションからも言われていて


どうやら、照明係の方が新人さんだったそうで


本番で緊張して手が震えて

スイッチを間違えたそうです



それで、全消灯だったのか・・・



いつもどうしているのか聞くと

そもそも他の方は演奏していないそうで

私だけの問題だったようですね



次回、もしご依頼がきたら

多きな懐中電灯か、デスクスタンド持って行ってやる・・・

Satomi
タグ:organ
posted by satomi at 21:17| Comment(0) | 活動報告