*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年07月09日

ふんわり後ろ姿


大きなお子さんがいらっしゃるとは、とても思えない

エレガントで、おっとりされたTさん


早めに会場入りしようと思って、最寄り駅の電車をさっと降りた所で

バッタリお会いして、ご一緒しました



綺麗に夜会巻きにしたヘアスタイル


プレーンなハイヒールは、少しヒールが高めで

シンプルだけれども、女性らしいデザイン


軽くふんわりしたシルエットの

ウエストを絞った、清楚なネイビーのスカート


ほんのりベージュがかったブラウスは

スッキリした襟元のカットが

ちょっとクールな感じ



いつも「さとみさんが演奏して下さると、安心です」

と言って下さり、有難いです


気配りも良く出来て

女性らしさが香るようなTさん



大人デザインの傘を静かにさしながら

お疲れ様〜と歩いて行く後ろ姿は


何だか、オードリー・ヘプバーンのようでしたよ

Satomi
タグ:GIRLS
posted by satomi at 20:49| Comment(0) | 日記

10年分オフ


お家のベーゼンは、ちょっと古い時代のアクションなので

その分ものすごく繊細な表現を得意としていて


逆を言うと、あまりにも繊細な感度が

演奏のアラを余すところなく表現させてしまう為

ハードルが高く、演奏困難です



ピアニストが弾いても、慣れないと音大生みたいな

残念な演奏になりますし


ゆるやかにピアノ講師をしています、という感じだと

まるで小中学生の演奏レベルになりますし


音大生が弾くと、部屋から逃げ出したくなるような

聴く人に苦痛を伴う演奏になります



慣れないと、どなた様でも悪戦苦闘します


逆にいつもベーゼンを弾きなれているピアニストだと

音色が一番、綺麗に鳴るような特有のスポットを知っているので

美しい音を鳴らすのですが


往々にして、演奏キャリアの10年分は

下手になりますので


気持ちの準備をしないで急に弾くと、ココロがくじけます(笑)

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 04:32| Comment(0) | 日記

猫曲の呪い?


そう言えば、ピアノ様の呪いで思い出しました


フライヤーのお写真撮影の時に

アシスタントとしてお手伝いに来て下さった

可愛らしいSちゃん


どうも聞いた話によると

サロンに訪れて、お帰りになった後に

若干の体調不良になられたみたいで



「もしかして・・・

(私が席をはずしている時に)

勝手にベーゼンで“猫ふんじゃった”弾いたから

楽器の呪いかもしれないあせあせ(飛び散る汗)



・・・ベーゼンは騙せないってことでしょうか?(笑)

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 04:20| Comment(0) | 日記