*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年06月18日

やや散乱


あれやこれや考えて

わさわさやっていると

荷物が散乱します・・・(笑)



リビング1.jpg

(元々はこうなんですが?)


頭の中のことが、風景に現れるようですね


物を出したまま、次の作業が始まって

それも出したまま、また次が出てきて

・・・やや、テーブルがどこもみんな埋まってる?

みたいな感じです


鞄も、端に寄せてはあるけれど

1つ2つと、クロークのように増えていて


まずは、ひとつずつ整理しなければふくろ


昔、試験前にお掃除がしたくなる、というのも

頭の中を整理しているのでしょうね



もうちょっとすっきりして、事に当たろうと思います



皆様は、どうぞ良い週末になりますようにわーい(嬉しい顔)

Satomi
タグ:Room
posted by satomi at 03:43| Comment(0) | 日記

2016年06月17日

色校正


二度目の色校正が終了して

これで無事にフライヤーの本印刷に入れます


前回、予定がタイトで

色校正をちゃんと出来ないまま納品になったら

「あぁぁぁ、しまったー」という部分がありましたバッド(下向き矢印)(笑)


一般には、気にならない範囲なんですが

その業界の専門家からみると

ご指摘される部分で


実際に「惜しいね、ココだけだよ」と

とある厳しい編集長さんからもお言葉を賜りましたペン



小さめの会社さんにお願いしてしまったので

どうしても機材の性能の問題と、技術とセンスの点で

ちょっとネックになっていて


(人柄はとても良い担当者さんなので有難かったのですが

どんなに頑張って説明しても難しい部分もあり)



それも、改善!

とにかく、毎回 気になった部分はとことん改善!


ご依頼の会社も変えました

多くの個所において、マイナスの結果が出てしまった件は

どんどん対策していきます



ちゃんと、全てにおいて

良いお仕事を良心的にやって下さる人材が

どこかにあると思います



ただ、探すのにものすごく手間も時間も労力もかかるので

気後れしてしまって、追いつかないことがありますが

それではダメなんですよねふらふら



「あーあ」と思う部分から

損失とかトラブルとか、どんどん出来ます


見立ててダメだったケースもあります

(環境が変わって、落ちて行く方もいらっしゃいます

やはり維持して高めるというのは、並大抵のことではないのです)


トラブル処理に明けくれたら

「育て、発展させていく」という大事な次のステップに進めないので

それでは、全ての事に行う意味が無くなってしまいます



そこは、気合いをいれて

開拓し続けるしかありませんあせあせ(飛び散る汗)



とは言え、大手の音楽事務所の責任者の方も

財団のマネジメントの担当者さんも

その他の、あちこちのマネジメントの責任者さんも


本当にみなさん、同じ事で嘆いていらっしゃいます



結論は「良い人は希少価値」というところから

スタートしないといけないですね



まるで結活みたいなんですよ(笑)


0.4%の素晴しい人材を

いかにして発掘するのか!?


みたいな、ノリです失恋



一応、本物の結婚の方は

活動しないまま、パートナー様が積極的にやっていらしたので

むしろ結婚願望0のこちらを動かした、パートナー様の

たゆまぬ努力と熱意と功績が素晴しく


結婚してからは、色々なテーマを順次改善し発展させながら

お陰様で、幸せにしていますが



その辺りで恵まれた分、他で苦労を体験してます?(笑)

しょっちゅう探すのって、なかなか大変なことですいす

Satomi
タグ:Concert
posted by satomi at 18:15| Comment(0) | 活動報告

2016年06月16日


音大を卒業するまでに

特に弦楽器とかピアノは

幼少の頃からレッスンを始めて、英才教育を受けて


20年ほどの教育の期間を経て

卒業する訳なんですが


演奏して活躍できる人は1%かそれ未満ですから

全部の科を合わせても、学年に一人そんな人が居れば

素晴しい当たり年!っていうような事です



音大の先生であっても

学生達が今まで音楽を学んで来たのを考慮しても

卒業したら無職、と言うのがほとんど前提みたいなもので


もし留学して、現地で演奏してお仕事を得られるチャンスをつかめたなら

「日本に帰ってくるな」と仰ったりします


日本に来たら、キャリアどころか無職ですから(苦笑)


身近でも、同じ門下だったKちゃんは

長い留学から、そのまま外国人とご結婚されて

日本には戻りません


本人も言いました

「だってさ!日本に帰ったって、私プータローだよ!」

(ニートって言うのが日本らしいのかな?)


ピアニストとして現地で願いを叶えて、幸せになった方が良いと思います



sea 2.jpg


さてさて


活躍したいのに、それが出来ない

つまり、全く音楽でやっていける兆しがない場合


悩んだあげくに、ノイローゼとかうつ病になってしまうケースが

けっこうあります


過去にご相談に乗っただけでも、数十人ベースでいます

(3ケタにはなっていないですが)



演奏家として軌道に乗っている人は、基本的にあまりなりません


打ち込んで行くうちに、音楽が精神的に

スッキリとした状態になれるよう、洗い流してくれて

良くしてくれる部分もあるのかもしれませんね


誠意を持って携わっていると、音楽ってミラクルですからね



どうも「活躍したい」という気持ちが

自己顕示欲にひた走ってしまって

認められたい、称賛されたい、お金が欲しい(笑)

なんかで暴走していくんですが



上手くない人ほど、利己的でワガママで

変なプライドが猛烈にマエストロ級になってしまうので

(認めてもらえないから、よけいに躍起になるのでしょうね)

そこも大暴走して、迷惑をかけて回ります



病気になってしまう場合

エネルギーがほとんど悩む事に使われていて


実際に必要な作業(演奏の為の準備とか練習とか

スキルアップの勉強とか、その他)に

使われていないのですよ



当たり前ですけど、弾かなかったら下手なままです


30分弾いて「あー、もう疲れた〜」なんて趣味のおけいこみたいな事をしていたら

全く何のお仕事にならない訳で

(能力が達していないからお仕事が頂けないのですが)


よく色々なシーンでお仕事を回している演奏家は

どなた様も10時間ベースで弾いていても

黙々とこなしています



そこは自己顕示とか、欲が入っていないんです


クライアントさんの希望にお応えするためとか

聴いてくれる誰かに喜んで頂けるようにとか

作品の表現の為とか、あるいはもっと大きな使命の為とか?


必要な何かを、なるべく良い形で提供できるように

淡々と重たい作業もこなしていくので

自分の諸々の欲を満たす道具にはしていないです



不思議なもので

欲が入る人ほど、必要な努力をしないで

最終的に上手く行かず



欲がない人ほど、根気のいる準備でも

まるで滅私奉公みたいに一生懸命にやるので

多くのチャンスに恵まれているように感じます



ちょっと皮肉にも思いますが

そもそも悩む必要なんてなくて


その方の心からの本心が

「私はピアノを弾いて活躍したい」と

叫んでいるのなら


その気持ちを正面から受け止めて

それが実現するような、あらゆる行動を起こせば良いんですよね



打ち込んでいる時は、邪念は起きません


自分に嘘をついていたり

頭のなかで話している言葉や思考がネガティブなら

やっぱり病気になると思います



悩む事より、行動すること


細分化された目の前の必要な作業をこなして積み上げていくと

何年かすれば、驚くほど上達しています



自己顕示欲を無理に満たそうとしなくても

やがて自然に称賛されて、自然に欲しかったものが手に入ると思います



と言うことが、説明してもたいてい理解されません(笑)



でもそれは

理解していたら、とっくに立派な演奏家になっているということで

毎回、無駄骨のような感じで説明しながら

ひたすらポキポキ折っています(笑)

Satomi
タグ:Music
posted by satomi at 05:34| Comment(0) | 日記