*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年06月27日

感動したいものです


吹奏楽に情熱を燃やしていた、中高生の頃は

何を聴いても

“大人って、すごい!プロって凄い!”

と、感動していたものです


それはさながら

夢のワンダーランドに初めて来てしまった子供のように

目に映る魔法の全てが新鮮で、立派で

何もかもが、無条件に感動になっていました



専門教育を受けて、お陰様でプロになり

それらを提供する側になってしまうと


今度は、手抜き作業があからさまに分かるので

本物なら良いんですが


かつてのワンダーランドの、張りぼてや子供だましの部分では

通用しなくなっていて


よほどの事がないと、感動しなくなりましたもうやだ〜(悲しい顔)



とりあえず適当に演奏して

ちゃっちゃと終わらせて飲みに行くかー

みたいなテンションが、丸分かりです(笑)


ヤル気の無い料理が、美味しくないように

演奏だって、美味しくないですからね


誰もが演奏しながら、暗黙のジャッジをしていて

お互い、あからさまに言葉に上げないだけなのですが


そんな中で

すごく素敵な演奏を繰り広げる演奏家さんも

勿論いらっしゃいます



豊富な演奏経験だけでなく、ストイックに研鑽を積んでいて

同時に、どこか純粋に頑張っている方が多いです


演奏している最中に、感動できる瞬間があると

心地良い時間でもありますし

嬉しいですよね



ああ素敵だなと思ってお仕事をしたいですし

本当は、感動したいですよね


よほど素敵で無いかぎり

あんまり感動しないんですけど(笑)

Satomi
タグ:Music
posted by satomi at 21:05| Comment(0) | 活動報告

萌えメロディ


混声(ソプラノ・アルト・テノール・バス)の曲で

大きく盛り上がった後、終盤に

アルトの声部が、特徴的に動くメロディがあります本


いつも歌って下さる、メゾ・ソプラノの古賀裕子さんの

歌い方が、絶妙に素晴しくてぴかぴか(新しい)



しなやかに力強く、そして確かな存在感を保ちながら

歌ってくれるその感じが


まるで雲の切れ間から、いく筋もの光が差し

大天使降臨!みたいな場面に思えます


(個人的イメージですけど・・・笑)



“私、そこすごく好きなんですけど!”

とお伝えすると


古賀さんは笑いながら

「(ピアニストの)木戸さんにも、同じこと言われましたよ」

とお話していました


とても謙虚な歌い手さんですから

「あの曲の中で、アルトが目立つ所と言ったら

あそこしかないですから・・・ダッシュ(走り出すさま)



いやいや、素晴しいですってば!



ヴィーナスの噴水 2.jpg



そして先日は、ピアニストの木戸さんがご一緒でしたので

その時のお話をすると

「うん、良いよね〜!!ぴかぴか(新しい)」と仰っていて



私は、あの部分を弾きながら

聴こえて来るメロディに、いつも「萌え」てるんです


「アルト萌え」

なるネーミングに、木戸さんは爆笑していました



ホントに素敵過ぎて、萌えます(笑)

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 20:26| Comment(0) | 活動報告

2016年06月26日

パンケーキ


そして、またしてもパンケーキですレストラン

「モケス」と言う、ハワイ系列のお店です


かかっているのは、マカダミアのソースです



パンケーキ マカダミア.jpg



甘いのだけだと、途中でお漬物が欲しくなるので(笑)

せめて、しょっぱいメニューとして

ポテトを付けて頂きました



夕方の遅めの時間に

弾き終わってから、お伺いすると


ちょうどお店が空いている時間帯ですので

ふらっと入って、お腹を満たしてから

長い道中の帰り道に向かいます



お店がオープンしたての頃は、入ってすぐの場所に

パンケーキを50枚ほど、見事に積み上げたディスプレイをしていて

なかなか面白くて圧巻でした


もうなくなってます

(生ものですからね・・・笑)

Satomi
タグ:sweets
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記