*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年05月08日

マニュアル設定


目標地点だけ、しっかり定めておいて

あとはそれぞれ泳がす方が

より大きな効果が上がるので、私は好きなのですが


どうも、男っぽいのかもしれませんね



その中で、各自の創造性というか

こうした方が、やりやすいんじゃない?良いんじゃない?

と思う方法を実践して


誰かの提案が素晴しい、となれば

他でも是非それを採用しながら作っていけば


自分の考えも、新しいアイデアも出て来るかなと

思ったりなんかするのですが




一挙手一投足を、がっちりマニュアルに押し込めると

「いらっしゃいませ、デニーズにようこそ」的な呪文は

唱えられますが(笑)←この間、どなたかが言ってましたよ


頑張っても、それ以上には、ならないです



「心をこめた何か」とか

「感動的なこと」は

マニュアルでは作り出せません



でも、意思や意見を持たない人間の方が

“支配がしやすい”のはあるのかもしれませんね




得てして

弾きやすくて、コントロールしやすくて

簡単にいくピアノは


楽だけど、つまらないと言われ

それ以上の音楽表現ができないラインがあり



じゃじゃ馬すぎて、壊滅的にコントロールしにくくて

個性と表現力がありすぎて、手に負えないピアノは


抜群の魅力を持っていたりするのです



私は後者が性に合っています

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:58| Comment(0) | 日記

苦情か提案か


ふと間逆のことが思い付きました


音楽業界、運営にはそれなりのルールがあります

お客様の傾向も


ある方、仮にAさんとしますが

Aさんは、音大を出ているので演奏会にまつわる事が

体験的に色々と詳しく分かります



それに加えて、性格的にも観察力があるので

細かいことにも、良く気が付きます


というか、たぶん、分かってしまうゆえに

気になります(笑)



言葉でしっかり発信するタイプですので

気になった事は、疑問点も含めて

どんどん言葉にしていきます



一方、全体をまとめる方としては

どちらかと言うと、ロボットとか軍隊みたいに

あらかじめ指定した事を、細部まで自分の指定した通りに

やって欲しいと願っている場面で


(たぶん、あるところで感情とか個性とかを

ほとんど出して欲しくない)


当然、在り方としてぶつかりますあせあせ(飛び散る汗)



片方は、いちいち、うるさいわよ

みたいに残念なことになってしまうし


もう一方は、何度発信しても

聞きいれてもらえず、上手くいかないので

フラストレーションが溜まります



そして、両者の溝は大きくなるばかり



ふむ



つつじ みるくぴんく.jpg



Aさんのお話を、その都度ヒアリングしてみました


気がついたことは

理にかなっているので、間違ったことではなく

確かにそうかもね、と思う内容や


動いてしまえば、すぐに解決できる案件や

むしろ合理的な点もありました



もし面倒な人だなと思い始めてフィルターをかけてしまうと

発信する言葉はみんな、厄介な苦情に感じられてしまいます



でも、違った視点で見たら

立派な改善策だったりする内容もあるのです



そう考えると

Aさんの発信は、提案なんですね



それには受けてに、精神的かつ時間的なゆとりが無いと

上手く調整がつきませんので

結果的には、最後まで崩壊したままなんですが(笑)



感情爆発のクレームではもちろん困りますけれど

もし改善策の提示だと思うと


有益なテーマが出てきたりするのに

気がつくかもしれません



ちなみに私は、軍隊を根本からゆさぶる

より凶悪なキャラクターであったことでしょう・・・


自然な個性と言うか特質を消すことなど出来ませんからね

自分が小手先の努力をしてみたところで

期待に沿うような箱に納めることはできないと思います


演奏家は恐らく、根本的にキャラが立ってしまいますから

一番ロボットにしにくい人種なんじゃないかと思います


たぶん、盛大にはみ出してきました(笑)

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:20| Comment(0) | 活動報告