*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年04月26日

日にち見てないでしょ


演奏会のご案内をお送りして

お返事をくれた、武蔵野音大の後輩にあたる

テノールのTさん


「すいません、その日行けないんですけど

僕も色々と本番があって

招待券出しますんで、よかったら来て下さい!!」


と、元気よくフライヤーのデータが添付されてきました



内容を確認すると

私がお送りした演奏会と同じ日の

同じ位のお時間に開演するコンサートでした



・・・本番してますけど(笑)

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 12:59| Comment(0) | 日記

あてんしょん


「ややっ!この間の自分のことが

ネタになっているじゃないですか!」



そうですよ

お気を付け下さいね


ついうっかり、私の前で面白いことをしていたら

いつのまにか壮大な文章になって


さらに時間があったら、もうスーパー長編小説にして

スマホのフリックで、読者の皆様方を腱鞘炎にさせて

来年の確定申告で医療費控除が出来る位に(軽く迷惑です)


ヤツは芥川賞でも目指しているのかと

攪乱(かくらん)するほど

大量の文章を打ち込んでいきますからね




(まずはピアノを練習しましょう本

Satomi
タグ:one day
posted by satomi at 12:47| Comment(0) | 日記

産地いっぱい


先日、控室に沢山のお土産を頂戴しまして


「名古屋に行ってきました!

皆さんでお召し上がり下さい!」


と、とても丁寧にメッセージまで付けて下さっていて


嬉しいね〜と開けると


群馬のお菓子でした



・・・不思議だ!(笑)

Satomi
タグ:Man
posted by satomi at 12:34| Comment(0) | 日記

リサーチしてますね


今はネットでかなりの情報が分かるので

演奏家さんのバックグラウンドなど

調べればすぐ出てくる、便利な時代になりました



常に全員と名刺交換する訳ではありませんので

こんにちはで演奏して、さようならのケースがほとんどですが


それなりのコンサートとなると

共演者の情報をなるべくリサーチして

より良く事が運ぶように準備をします



ネット上に出すのが苦手な方もいらっしゃるので

ベテランさんで、あまり情報が出ていない方も

たまーにいらっしゃいますが



オフィシャルなお仕事を、コンスタントになさっている方は

何らかの活動の情報が常に上がっていますし

かなりマメに更新されていますねペン



活動があまりないと、書くネタ?がないために

放置気味になってしまいますが



多い場合、人によっては

告知のフライヤー画像がどどーっと大量すぎて


どこまでスクロールすれば本文が出て来るの??

と軽く忍耐を要する場合もありますね(笑)



たまにくじけて、本文に到達しないまま閉じます←意味ない



DSCF1196.JPG



もし演奏会などが行ける範囲のスケジュールである場合は

極力、聴きにお伺いします


それがとても参考になります



その演奏家さんは、何が得意なのか

どんな心意気で演奏会に取り組んでいるのか

どのくらいの集客力や人気があるのかなど


お客さんの立場でお伺いすると

じっくり観て聴くことができるので


(自分が共演していると、さすがに弾くためのエネルギーがいるので

そこまで冷静にキャッチできませんからね)


事前準備としては、とても良い勉強になります



演奏会は一回ずつのことですので

緊張しても、どれだけ高いレベルの演奏ができる方なのかなどが

よく分かりますね



“・・・上手いなぁ

(ヤバい、私頑張らなきゃ)”


で、帰る日も時にはあります(笑)




キチッとお仕事をする方は

そういう、見えない所の下準備などを

抜かりなく、なさっています



その場で、ただ曲を演奏すれば良い訳ではなく

それ以外の、かなりの要素まで気を配って動けるかどうかで

最終的な仕上がり、さらには次への信頼度が大きく変わります



先日、お打ち合わせの中で

「頼まれる人というのは、頼まれるだけの理由があって

頼まれない人も、頼まれないような理由があるんですね」


との言葉があり、改めてそうだなぁと私も納得しました



小さな取り組みの集積した信頼が

大きな結果となって、次のチャンスを作ります



信頼の貯金を取り崩すような事があれば

もう、二度と頼まれない人へと下がって行き


信頼が積み上がれば、さらに発展していきます



諸々の見えない部分の要素まで

意識をかけられて

求められる以上のクオリティを提供出来るから

プロフェッショナルなんだと思いますね



実際、それができる方はあまりにも少ないですが

キチッとやって下さっていると

安心できますし、有難いです



自分もそれを参考にしながら

気を引き締めて抜かりの無いようにしなければ・・・

Satomi
タグ:Music
posted by satomi at 12:19| Comment(0) | 日記