*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年03月09日

シェイクスピアでしたね


ベラドンナで毒殺されたのは「ハムレット」のお話でしたが



あぁ、ロミオさま

愛しのロミオさま



お城にお帰りの際には

お手数をおかけしますが


季節の妖精のいたずらで

わたくし鼻から涙がとまりませんので


白い紙のお徳用詰め合わせを、お買い求め頂きまして


銘柄はロミオさまにお任せ致しますが

銀貨は立て替えで宜しくお願いいたします



なお、バルコニーでなく玄関からお入り下さい



・・・って、gmail送信

(ロマンがありません)

Satomi
タグ:STORY
posted by satomi at 23:13| Comment(0) | 日記

Belladonna(ベラドンナ)


ハーブでしのいでいましたが


アレルギー反応が、もうグシュグシュの

目もカイカイの、全体にぐだぐだで

生体反応のあちこちがどうにもならず



集中していれば、何とかお仕事中は鉄の意思で持たせてますが

それ以外は、ぐずぐず、ぐだぐだで


家中のティッシュを鮮やかに一網打尽にし

護美袋も、一面のティッシュの白さに

ふんわりと覆い尽くされ


ホワイト・クリスマスのサンタさんも凌ぐ

大量のプレゼントが詰まった白い袋


いや、ただのゴミなんですけど

そんな模様なので

お薬に頼り始めました




帰宅後は、もはや集中して何かできない事態を

密やかに迎えています雨



シーズンものの威力もあり、半分諦めていますが


鼻の下が擦り剝けて「ドクター、皮膚移植を手(パー)」なんて

どうでも良い妄想が頭をよぎるので


「眠くなりますから運転しないでください」と

窓口のお兄さんの注意喚起が


「眠くなりますが演奏はして下さい」

と子守歌のように聞える午後です喫茶店





前置きが長くなりましたね



アレルギーには、ちょっと辛い時期ですが

まだ声楽家でなかった分、平気ですダッシュ(走り出すさま)


(歌い手さんは粘膜をやられますから

声帯の鳴りが厳しくなります、いっそう辛いと思いますよ)



お薬の成分を見ていると

鼻水を抑える働きとして

結構な確率で、ベラドンナが入っています




えー、ベラドンナって

毒殺する黒い実じゃないですか!


瞳孔が開いて興奮状態になり、亡くなるんですよ?


その昔、貴婦人が美しく見せる為に

この瞳孔を広げる効果で、目を大きく魅力的に見せていたそうですが


今の、瞳が大きく見えるコンタクトも

同じように見せたいからですし


どちらも負荷がかかりすぎて、危ないですけれど


どんな手を使っても、より魅力的に見せたいと思うのは

オンナ心なんでしょうね・・・ハート




そうして、何となくベラドンナではないものを

弱気になって選びました



ベラドンナのお名前は

ベッラ(美しい)ドンナ(貴婦人・女のひと)ですから


猛毒の植物が、美しい女のひとなのかぁと

思いつつ、花言葉を見ると



『汝(なんじ)を呪う』



わー、おっかない(笑)


呪われないうちに、早めの回復を

アーメン

Satomi
タグ:Flower
posted by satomi at 22:59| Comment(0) | 日記

Googleでテルミン


今日は、グーグルのロゴに電子楽器の「テルミン」が(笑)



何で、こんなマニアックなんでしょうと思ったら

3月9日は、テルミン奏者のクララ・ロックモアさんの

生誕105周年だそうですね


ええ、全く存じ上げませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

おほほ



そもそも、テルミンという楽器そのものが

ピアノやヴァイオリンに比べて、ものすごくマイナーな楽器です



1919年に、ロシアで発明家のテルミンによって発明された

世界で最初の電子楽器です

(「テルミン」とタイトルでの映画もあるようですね)


音大時代に始めて知った時も

木の箱みたいなのに向かって、直立不動のまま

手をふわふわ動かしていて


静かな2楽章を演奏している時の指揮者?

みたいな感じで不思議だったのですが


演奏は非常に音楽的にも扱えるもので

少し鼻にかかったような音色の弦楽器に近いかもしれませんね



演奏者とアンテナ間での静電容量で音が変わるのです


アンテナの部分に近付けたり、遠ざけたりして

右手では音の高さ(音程)、左手で音の大きさ(音量)を

コントロールしていきます



音程を揺らして、ヴィヴラートもかかりますし

ほとんどヴァイオリンやヴィオラのような感じで

音楽的に演奏ができますが

コントロールは難しそうです



当時はソ連の指導者レーニンの御前演奏で

テルミンの演奏は、大変気に入ってもらったらしく


レーニンの発注にて、600台のテルミンが

ソ連各地に広く販売されたとかで、時代を感じますね




さてその、グーグルのロゴですが

クリックすると、レッスン場面が出てきて


サン・サーンスの白鳥を弾いてみて、と

軽くレッスンされたあと


デモ演が流れて、さらにテルミンの音で

勝手に遊べる画面になります



グーグルも面白いことしますねるんるん

Satomi
タグ:Music
posted by satomi at 17:20| Comment(0) | 日記