*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年03月24日

マシンのように


有難いことですので、文句では決してありませんが


これだったら、ちょっとゆっくりできるな〜

と、気楽にゆるーい感じでやれるような

そんな状況と言うのは、今ではすっかりなくなりました


いや、気楽な仕事など

一つも来ないです、最近(笑)



譜読み・譜読み・譜読み・譜読み


常に新しいデータを、叩きこんで

勉強して、毎日のように演奏して

上手く行かないと悔しがっています



お家のピアノ様(ベーゼン)をお迎えしてから

途端にこれです


構ってやらないと、すこぶる機嫌がよろしくないので

“サボるのはやめましょう”と


陰から、人間界の予定を司る、高尚な精霊と結託して

お仕事を回しておられます、きっと



長年眠っていらした、ベーゼンの封印を解いたから?

・・・呪い?(笑)


勇者は呪いをかけられて

譜読みマシンになりました

Satomi
タグ:Piano
posted by satomi at 15:58| Comment(0) | 活動報告

嫌われ上等


お仕事でも、プライベートでも

人と人がお付き合いする以上は


それがお互いにとって意味や価値のあるものになるように

思い遣りをもって、共存していくのが

根っこの部分でのポリシーの一つです



「自分らしく」と言うのは

あくまで子供のように純粋な気持ちで

見つめた時に出て来る、自然でクリアな意思や希望だったり


ネガティブさを払った、素直な姿としてとらえているので


ワガママとか利己的な身勝手さや

他人を巻き込んで傷付ける暴力性とは、ちょっと違うと思います



意見や、やり方は人によって違いますから

微妙に方向性がズレることはあります


それも、オトナな精神構造の方であれば

お互いの条件をヒアリングしながら

ちょうど良いポイントを模索してみたり


新しく提案して、作っていったりすることができます


そこには、相手の様子を考慮する

クッションがあるから、上手く行きます




ノリタケ 2.jpg



時には、そんなポリシーに触れる時もあります


そんな場合は、意見もハッキリお伝えしますし

それで、自分が嫌われるのなら

嫌われて構わないと思っています



トラブルを生む方は、条件に対してではないんですね

どの環境で、何であっても、トラブルを作ります



どう言う時に、何を感じるか

心の快・不快は、ナチュラルなことなので


あくまで頭で考えて整理して理解していることでも

心がNOと言っている時もあります



好きとか、嫌いは

自然ですしね



自分に嘘をつき続けても

疲れが溜まったり、不幸になるだけです


嫌われて構わないと思っているので

合わなければ、離れていって良いと思いますし


もっと合う人と、生産的な関わりを持ったほうが

より充実した毎日になります



ただ、個人的には


プライベートでも、お仕事でも

“嫌なやつだな”と内心思ってしまう方とは

分かった段階で、組まないようにしますし

自分が外れるか、外すかします



感情はウイルスのように広がります


腐った心を持って活動していたら

どうしても、あらゆる部分で影響が起こってしまうので



役割が、年々ヘビーになる以上

責任を果たすためにも

嫌われ上等、でしょうか(笑)



責任を大事にしようと思ったら

より良い人を選んでいく努力も

その中に必要なんじゃないかと思います



実際は、むしろ好意を持って親切にして下さる方が沢山いて

それに感謝することがいっぱいありますので

ごく、たまにのケースですけどね



自分に正直な方が、ストレスが溜まらなくて良いです

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 15:48| Comment(0) | 日記

2016年03月23日

情景が浮かぶようでした


昨日は、トランペッターの山川洋樹さんが

カッコ良く演奏する中

伴奏で一部、アドリブが上手く入ってませんでしたが

(すみませんあせあせ(飛び散る汗)


山川さんの演奏は、他の楽器の演奏家さんからも

絶賛されているだけあって


音楽の中に、景色が浮かぶような

繊細な表現から、ダイナミックな広さまで

余すところなく魅せて下さいます



さすが、オケの主席奏者ですねぴかぴか(新しい)

素晴しいです


私は、もうちょっと精進してきますふらふら

Satomi
タグ:Tp.
posted by satomi at 11:50| Comment(0) | 活動報告