*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年02月11日

倍率100倍


やっぱり、その位になってしまうんだろうな〜

と言うお話ですが


何かのポストのプレイヤーを探している時に


その楽器を専門で演奏する

プロが100人近く集まって

採用は、1人



わー!!ふらふら



しかも、20代の若手演奏家から

60代近くになるベテラン演奏家まで

全部集まるんですからね



なかなか熾烈です



Bali 牛肉.jpg



自分の所でも同じですけれど


これだけの能力を要する、上手い方が良いなと思って

該当するのは、演奏関係者の100人に対して1人位



逆パターンで、有難くご指名で選んで頂ける場合も

だいたい同じようにピアニストをしている人員の

100名に対して、1人とか

150名に対して2人でご指名を頂いていますので



倍率って、いつも約100倍なのかな


演奏の能力の他に、対応力とか、人柄(コミュニケ―ション能力)とか

他にも、場面によって色々な要求がありますから


ただ弾けるだけでは無くて、実際はもっと多くのご要望に

お応えしなければなりません



演奏のお仕事取るのって、やりがいありすぎですね(笑)

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 21:16| Comment(0) | 活動報告

安井悠陽さんお写真


お写真つながりで


芸大に在学中の、ファゴットの安井悠陽くんの

素敵なプロフィール写真をアップさせて頂きますぴかぴか(新しい)



安井 悠陽 2.JPG


学内の活動の他にも

指揮者の小澤征爾マエストロの、小澤塾に参加したり

オーディションを受けたりして頑張っています




安井 悠陽 1.JPG


みんな、安井くんのお母様がお撮りになったお写真です



インテリアのコーディネイトで雑誌にも掲載されるような

大変センスのあるお母様で


お写真も、作品のように綺麗にまとめて撮影されています




音楽大学に行くのは、学費やレッスン代や

楽器の購入など、まとまった費用もかかりますし



自分でお仕事が取れるようになるまでは

厳しい道のりですが


どこかで夢を応援してくれる家族がいて


活躍する事を心から願って

費用の捻出や、生活を支えてくれている人が居て


そうして現在があるのを

大切にしながら、進んで行けると良いですね


Satomi
タグ:Fg.
posted by satomi at 21:07| Comment(0) | プロフィール

消えていくもの


お陰様でフリーランスでやっていますので

毎日、違う場所へお伺いして

違う顔ぶれでお仕事をさせて頂いて


その中でも、ご縁があれば他の舞台でもご一緒したりもしますが

その時にお会いして、さようならを繰り返します



スケジュールにもよりますけれど

多い週は、50人ほど新しい方とお会いします



毎日、完全に同じ限られた顔触れで

ずっとお仕事をするとなると

(昔、生徒さんを教えていた頃が特にそうだったのですが)


どうも要らないところで煮詰まったり

どうでも良いところで嫉妬されたり

まるで誰かを潰すことが、毎日の目的みたいになってしまって



組織そのものを発展・維持させる為に、何ができるかを

協力して考えなければ、本体が潰れてしまうような時であっても

そんなこんなで残念な結果になりました




未熟さがそうさせる部分もあったと思いますが

どちらにしても、私は変わったことをやりだしますので


新米なんだから、と押しつけられた山のような雑務と

既存の先輩方が、面倒でやりたくないお仕事を全て請け負いながら


こうしたら、もっと良くなるんじゃないかと動き出すうちに

結果的に、伊藤ファンの最大のコミュニティーが出来あがって

それが既存のお局様方の逆鱗に触れました(笑)


いくつ組織を併用しても、変えても、結果は同じでした



女性も男性も、まるで大奥のような

ネガティブな感情をこれでもかとぶつけていましたが



そうじゃなくて

エネルギーは、自分の研鑽に使えば良いと思います


もっと徹底的に努力していたら

どなた様も、演奏家になってます


(本当は演奏家として活躍したいのに

演奏のお仕事などほとんど取れなくて、仕方なく生徒を教えている

という方が多かったのですが・・・)



もっと自分のなりたいものに集中して

自分の力を使った毎日を過ごしていたら

誰かに嫉妬する暇など、全くありません



ジェラシーの感情が燃え盛っている時は

自分が見えていないというか

やるべきことをやっていない時ではないかと思います


一生懸命でないから、他人がやたら気になって

いつまでも自信も実力も付かないだけです


他の方なんて、実は関係ないですよ

自分の問題なんですもの



おとぎ話に出て来る継母と同じで

嫉妬する誰かを消そうと思っていたら

やがて人類を全て抹殺しなければいけなくなります(笑)



そんなこんなでしたので

20代の後半になる時には

もう心底うんざりして、固定のお仕事を一切整理して


すべてフリーランスにシフトしました




夕日.jpg




とあるフリーで活動し始めた20代後半の子が


フリーだと、どこにも自分の所属する居場所が無くて

失敗したときには全てを無くすので

怖いし、とても辛いと話していたようで


性格の向き不向きがあるかもしれませんね




いつも永遠に続くと思っていると

そこに大きな惰性が出てしまうので


もうこれで終わり、という関係でやった方が

どこか引き締まって良いと思います




気に入ったらまた会うでしょうし

気に入らなかったら、それでおしまい




全てが一回限りで消えて行くことで

また明日は、違う所に向かって走っていく感じです



煮詰まってネガティブな悪意の渦巻く仕事場に

くくりつけられるよりは


一人で餌を捕りに行っている方が

ずっと、風通しが良く景色も鮮やかです


サバンナ走っているみたいですね(笑)



腕一本でやっていって

失敗して痛い目をみるのも


成功が新たな発展を呼ぶのも

感動のるつぼみたいな時間を送るのも


またご一緒したいと、ご指名頂くのも


フリーだから味わえる醍醐味じゃないかと思います

Satomi
タグ:word
posted by satomi at 20:15| Comment(0) | Messenger

カメラ


先日、サロンにお越し頂いた

武蔵野音大の時に、同じコッホ先生門下だった

木綿(ゆう)ちゃんのお写真を


まとめてストレージファイルでお送りしましたカチンコ



演奏会のように、可愛くパーティードレスを着て頂いて

アクセサリーもつけたお写真でしたので


良い記念になったみたいで、喜んでくれましたわーい(嬉しい顔)




木綿1147.JPG




データが、一枚で3MB近くの大きなサイズになります

フライヤー印刷も出来てしまう解像度ですひらめき



と言うか、その為に購入したカメラでもあります(笑)

(毎回カメラマンにお願いしていたら

数十万になってしまいますからね)



それにしても“良い写真を撮る”って、難しいですダッシュ(走り出すさま)



プロのカメラマンの皆さんは

ハッとするような「瞬間」を、お撮りになるじゃないですか


一瞬、今!とても素敵な表情!と思っても

本当に0.2秒ほどの短い瞬間なので



ピントは合わせていても、シャッターを切る時には

その一瞬は逃してしまっています

トホホ・・・バッド(下向き矢印)




プロのカメラマンに私も撮影を依頼しますが

弾いているところを、何千枚か撮ります


初めてご依頼した時は、そんなに撮るんだなと驚きました



そこからピックアップして、200枚ほどに絞って

さらに、デザインのデータに上げるのは数枚なので



素人が、すぐにどうにかできる物でもないですけれど

良い写真が撮れると嬉しいですし


その方の持っている世界の

いちばん綺麗な瞬間を切り取れたらいいなと

思ったりもします



どこかのタイミングで、もう少し撮影のコツを学ばなければ・・・

Satomi
タグ:GIRLS
posted by satomi at 18:35| Comment(0) | 日記

忘れてゴメンネ


一週間ぐらい前に、一度は気がついて思い出します

“そうだ、来週はパートナー様の誕生日だわ”


そして、当日は普通にお仕事をして

忘れます(苦笑)


あぁ、この無精なご亭主のようなわたくしあせあせ(飛び散る汗)



Bali アニバーサリー・ケーキ.jpg

(イメージ)


一方のパートナー様の方は

お誕生日だけでなく、クリスマスにも力が入っていて

(お付き合いしている最初の頃からなんですが)


2ヶ月ほど前には、案を練り始め

それこそ素敵なレストランも予約して

サプライズのプレゼントも用意していると言うのに


この無精なご亭主のような・・・以下略あせあせ(飛び散る汗)




去年は、当日に見事に忘れていて

夜に帰宅して、温かいお茶を入れて一息した瞬間

パートナー様のお誕生日であった事を、思い出しました



時刻は、すでに22:00を回っていて

ケーキ屋さんも、もうとっくに閉店している時間ですバースデー



すると、その事も見透かされていたかのように

パートナー様は、自分でホールのケーキを買って


ちゃんと「おめでとう」のネームプレートも

(自分用に)書いてもらって(笑)


「そんな事だろうと思ったよ」と

マイ・バースデーケーキをご持参で、ご帰宅でした



めでたし、めでたし黒ハート

(やや、良くないのでふらふら今年は忘れないようにします)

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 17:31| Comment(0) | 日記