*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年02月03日

お家お接待のススメ


大切なパートナーとの関係を、末永く幸せにして行く為にも

お家お接待をお勧めいたします黒ハート


何だそりゃ?ですよね(笑)



一人で勝手に考えてやってますが

幸せになるみたいです



ドランブイ ボギーズ・ソーダ.jpg



長く結婚願望が全く無い時期を経て

お陰様で、今は幸せになりましたが


それまでの間は、周りの方達の

失敗ケースも沢山お聞きしましたし、ちょっと辛くて

自分でも良いイメージを持てないでいました



何で、せっかく一緒になったのに

多くの方は、幸せな期間が長くもたないのかな

すぐ別れたり、浮気するのかな・・・と

寂しい疑問がいつも付きまとっていました



でもそんな時は、原因と対策ペン


お悩み相談から、さらにヒアリングをして

何をどう変えて行ったら、上手く行くのかを

将来の勉強の為にと思って、当時は考えていました




原因としては、「大事にされていない」とか

「居場所が無い」ケースが多いようですね



よく、お仕事が終わって

すぐには帰らないで、自分を癒すワンクッションとして


行きつけのお店に寄ったり、マスターとお話して

ホッとしたりしてから、気合いを入れて帰る!

という場合があると思いますが



帰宅するや否や、矢のようにキツイ言葉が飛んできたり

落ち着けないお家の状況だと

それはもう、帰りたくなくなりますよね


日中頑張った分、やっぱりプライベートはホッとしたいです



お店の対応は(接客ですからね)気を遣って

「受け止める・肯定する」スタンスで相手してくれます


嬉しいことがあっても、しんどいときも

疲れたときも、ヤル気が出て来た時も


いかなるときも、静かに受け止めて肯定してくれます


優しい言葉をかけて

美味しいお料理とか、軽くお酒など出て来る訳です


それは、居心地のいいはずですよねバー



そんな、お接待空間を

自宅でやってみる企画です!(笑)



行きつけのお店が、直行帰宅になるので

家庭内経費もちょっとずつ浮くと思いますが

提供側には、それなりに努力が要ります



安心、心地よさは

どんな事を提供すると、相手が感じてくれるのかを

自分のパートナーで研究・実験です手(グー)

(あくまで、まともなパートナーが対象の話題ですから

最初から問題のある方の場合は、良い方を見つけて下さいね)



それはさておき

自分が「大切にされている」と思ってもらえる

環境作りがされていれば


精神的に安定してきますし

お疲れも取れるようです


また、そこから頑張るモチベーションも上がるので

長い目でみると、発展していく土台が作れて


パフォーマンスコストが上がれば、収入も上がります



家庭内接客って、こちらはお仕事がさらに倍増するようですけど(笑)

そこも無理はすることなく


笑顔で話を聞いてあげるとか

そういう出来る範囲からでも進めて行くと


ある段階から結果が大きく出てくるようになりますので

なかなか、面白いですよ


そう、お接待です

(お家でお客様対応の日、です)

Satomi
タグ:Partner
posted by satomi at 16:32| Comment(0) | With Love

1エンジョイ


笑顔の明るいMさん

「一日に、ひとつ

何か楽しいこと、エンジョイできる事を探しながら

毎日過ごしてるの」と仰います



探している事って

見つかりやすくなるのかもしれませんプレゼント



今日は、こんなことあってね!と

明るい雰囲気で、お話できるんですから


そこから、また楽しいことが

広がっていきそうな気がしますわーい(嬉しい顔)



Rose 8.jpg



ただのルーティーン・ワークな毎日でなく

ちょっと生き生きした

小さなギフトが見つかりますし


出会う人にも

笑顔で接する事が出来ます


そこからまた、良いことが巡って行くような

上手な流れを作れそうです



今日も、素敵な日になりますように

行ってらっしゃいませ晴れ

Satomi
タグ:GIRLS
posted by satomi at 04:41| Comment(0) | 日記