*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年01月15日

ユニットタイプ?


高校の時に、吹奏楽部で一緒に活動していたTちゃん



旦那様も、趣味でサックスを吹くそうですが


Tちゃんにも、お子さん達にも

「パパ、うるさーい」と

家族からブーイングらしいので



旦那様は、段ボールで防音室を作ろうかと

画策しているそうです(笑)



ユニット・タイプ?

遮音性能3dbひらめき

(うちは70dbとかです)


天井高、100センチ

出来るだけ小さくしゃがんで、ご利用下さい黒ハート

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 22:32| Comment(0) | 日記

ダメ出しからの脱却


「フライヤーの出来が素晴しいぴかぴか(新しい)」と言って頂ける

有難いご意見を頂戴しますので


後日、デザイナー中川さんへ

お伝えしたいと思いますグッド(上向き矢印)




前回の9月のサロン公演のフライヤーが

じつは、かなり各種プロの方達からの

強烈なダメ出しを頂戴しましたあせあせ(飛び散る汗)



「この部分ダメ、この部分もダメ

ここは技術の問題、なんでこんなことしてんの?


これは普通、消す

残ってたらおかしいでしょ?


これは、加工する

時間なかったの?


あとここは、センスの問題


これは色がかぶってる、バランス悪い

だいたい何で、ここに配置するわけ?


(そして、それらがひとしきり続いて)


次回、このデザイナー、クビね

ここの会社、二度と使ったらダメ」



・・・終了!!ダッシュ(走り出すさま)


と言う、まるで上司から企画書を徹底的に抹殺される

部下のような場面がありましたペン(笑)



「デザイン、何だと思ってんの?」


「だいたいね、お遊びの学芸会るんるんみたいなフライヤーもらって

自分が聴きに行きたいと思う?」

ピラピラ〜(はためかせる)


ぐらい、直球で言われます



それらは、いやみでもなく、決して重たい空気の中

厳しくお叱りを受ける感じではなくて


ごく普通のテンションで交わされる会話です晴れ



携わっているお仕事のランクで

視点は大幅に変わります


音楽以外の業界人にとっても

簡単に分かる事ですし


そういうのを越えて行かないと

お仕事って、成り立ちませんから


いわゆる、厳しい所で成果を上げている人達の

視点とか直球のコメントって

有難いものでもあります




フライヤーは、多くの方がご覧になります


色々な業種の、プロフェッショナルな方達も

沢山いらっしゃいますからね





今回、過去の全てのお叱りコメントを

中川さんにお伝えした上で、製作して頂いたので

プレッシャーともども大変だったと思いますが



前回の時に、最もハードな酷評を頂いた

プロデューサーさんに、差し上げて


しばらく無言でチェックしたあと


「この部分、照明だけ残念

あとは、文句のつけようはないです」

と仰っていました

(それは、きっと褒め言葉)



合格だよ!

やったね!(笑)

Satomi
タグ:event
posted by satomi at 22:26| Comment(0) | 活動報告

書き下ろし作品


サロンコンサートのプログラムに

作曲家の綿引浩太郎さんが

素敵なアレンジの曲を書いて下さいましたぴかぴか(新しい)



データで送って頂いて

音を取って見ましたが



冬の、ツンとした空気の感じ

氷の小さな結晶に、光が当たっているような情景が

美しく描かれていて


ピアノは、オシャレ和音で構成されていますぴかぴか(新しい)




こういうのが、サッとすぐ書けるんですから

音楽家というのはすごいものですペン



そして私はすぐ弾かねばなりません(笑)

Satomi
タグ:event
posted by satomi at 21:42| Comment(0) | 日記